市教委異動、小・中校長13人交代

県教育委員会は26日、4月1日付の教職員人事異動を発表した。宇部市教育委員会関係では小学校8校、中学校5校で校長が交代する。教諭、養護教諭、栄養職員、事務職員を合わせた全体では、昨年と同規模の164人が動く。

小学校の異動校長は、見初に上田隆敏さん(和木・和木小教頭)、新川に渡邉英男さん(見初小校長)、原に中村達実さん(山口・陶小校長)、厚東に西村司さん(萩・弥富小校長)、小野に折出美保子さん(周防大島・久賀小教頭)、西宇部に坂本哲彦さん(山口・徳佐小教頭)、川上に澤田英人さん(下関・滝部小校長)、吉部に石田勝己さん(山口・嘉川小教頭)。原の木村芳則さん、西宇部の國吉純枝さん、川上の原田佳典さん、吉部の刀禰信子さんは、定年退職する。
中学校の校長は、西岐波に松嶋伸幸さん(県総合政策部スポーツ・文化局スポーツ推進課主査・地域スポーツ班)、常盤に末冨久勝さん(下松・久保中校長)、上宇部に津守一郎さん(神原中校長)、神原に藤友秀樹さん(萩・田万川中教頭)、藤山に中川和彦さん(下関・東部中教頭)。西岐波の久永孝治さん、藤山の上田繁幸さんは定年退職する。
教頭異動は小学校8校、中学校3校。3人が退職する。藤山小は、教頭の人数が2人から1人になる。
職員定数は学級数の増減に伴い、小学校で5人減、中学校で2人増となる。教諭の異動は小学校が74人、中学校が54人。このうち新規採用の教諭は小・中各12人と7人。養護教諭は、小学校で2人を新規採用する。
宇部市、山陽小野田市の県立高校は2校で校長が交代する。宇部中央は吉本晃さん(豊北高校長)、宇部工は伊藤健司さん(柳井商工高校長)が就く。宇部中央の小池正夫さん、宇部工の山口和也さんは定年で退職する。

カテゴリー:行政2013年3月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ