鴨橋の仮橋設置始まる

仮橋の工事が始まった鴨橋周辺

厚狭川の拡幅に伴い、架け替えが決まっている鴨橋の仮橋設置工事が始まった。現在は、旧国道2号の厚狭大橋と鴨橋の間で、2カ所の水路を確保しながら大きな土のうで川の水をせき止め、土を入れる作業が進められており、同橋周辺の河川改修工事も本格化している。

建設される仮橋は幅員2㍍。歩行者用でバイクと自転車は押してのみ通行できる。完成は梅雨前だが供用開始は本橋の解体工事が始まってからとなる。また仮橋設置に伴い、建設予定地の左岸にあった枕流亭の移築工事も同時に進められている。
現在の鴨橋は、今年秋から撤去作業が始まる。1927(昭和2)年以来、厚狭の町並みのシンボルでもあったコンクリート製の同橋の姿が見られるのもあと半年あまりだ。
17日には親子で鴨橋と歴史ある町並みに思いをはせてもらおうと、山陽商工会議所青年部が「ありがとう鴨橋~寝太郎の里 親子ふれあいマラソン」を開催。秋までに、同橋の別れを惜しむ企画も多く計画されている。

カテゴリー:行政2013年2月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ