子育て支援リユース軌道に

furugirisaikuru.jpg 子育て世代の経済負担を軽減しながら、ごみ減量にもつなげようと、宇部市が実施している子育て支援リユース事業。開始から半年が経過し、子供服と絵本の回収や仕分け作業は軌道に乗り、毎月実施しているリユースフェアでも500~1000枚を提供するなど市民に定着してきている。2月16日には5回目のフェアが控えており、リサイクルプラザでは市民ボランティアによる仕分け作業が続いている。

子育て支援リユース事業は、一般廃棄物処理基本計画(3R未来プラン)」の主要施策の一つ。各家庭で使わなくなった子供服(洗濯済みに限る)と絵本(名前などを消したもの)を公共施設と育児サークルの会場に設置したボックスで回収し、必要な人に配布するもの。限りある資源を有効活用する資源循環のまちづくりを目指す。中国四国地域循環圏のモデル事業にも採択されるなど、評価されている。
回収した服や絵本は、琴芝や岬などの母子保健推進員7人が交代で仕分け作業に当たっている。残っていた名前を油性のフェルトペンで消したり、服のサイズをタグ付けしたりした後、種類(長袖、ズボン、スカートなど)ごとに袋詰め。乳児から160センチまで、10センチ刻みで段ボールに納めている。一枚一枚を確認しながらの作業だが「この服は子や孫に着せたらいいなと、楽しみながら取り組んでいる」「物があふれている時代にこのような事業があるのはいいことだ」と語った。
先に開かれた合同会議では、仕分けはもちろん、フェアの運営に協力するボランティア12人が集まった。この中には志立市民大学の環境学部を修了し、まちづくりサポーターに登録している5人もいる。回収実績などを確認した後、仕分けや回収方法の改善点、リユースフェアでの工夫などを話し合った。待ち時間をどのように有意義に過ごしてもらうかなど、さまざまなアイデアが出た。
市資源循環推進室がまとめた昨年6月から12月までの回収実績は、子供服が12月分の推計値を合わせて7366枚(1334キロ)、絵本が2267冊(702キロ)。4回のリユースフェアで服は2963枚、絵本は1412冊を配布した。破れていたり、汚れや落書きが残っていたりしたものは、ウエスなどでリサイクルした。

カテゴリー:行政2013年1月31日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ