ちょるる、自筆のサインお披露目

サイン入り年賀状を手にするちょるる(県庁で)

県PR本部長「ちょるる」が、自筆のサインを考案し、20日、県庁でお披露目した。ちょるる宛てに年賀状を送ってくれた人の中から抽選で100人に直筆サイン入りの年賀状で返礼する。

「ゆるキャラグランプリ2012」で準グランプリに輝いたちょるるが、応援してくれた県民にお礼の気持ちを表したいとサインを練習。ちょるるの顔を思わせる、一筆書きに近いサインを考案した。子供たちにも書いてほしいという。今後、イベント会場などでサイン会を催す予定。
記者会見で今年の感想を聞かれ「グランプリ参戦など熱い1年でした。来年も全国に山口県をPRしたい」と元気な表情で、職員を通じて話した。28日にJR新山口駅で帰省客を迎えるのが仕事納めという。
ちょるる宛てに年賀状を出してくれた人の中から抽選で10人にちょるるの縫いぐるみ、100人に直筆サインの年賀状を贈る。
応募は、郵便はがきかはがきサイズの紙に、ちょるるへのメッセージを書き、表面に郵便番号、住所、氏名、年齢を記入する。年賀状は、観光PR用の展示やホームページへの掲載に使用することがあるため、個人情報は裏面に記載しないこと。1人1枚で締め切りは1月4日(必着)。送付先は、〒753-8501山口市滝町1-1、山口県観光振興課ちょるる。
問い合わせは、同課(電話083-933-3175)。

カテゴリー:行政,その他の話題2012年12月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ