成人式は記念会館

2013年宇部市成人式は、1月13日午後1時から開かれる。会場は2年前の記念会館に戻す。3日時点の対象者は1621人。市外に転出した99人も出席を希望している。

広いという理由で選ばれた俵田体育館。立食パーティー形式という新しいスタイルで今年1月に実施されたが、式典中の私語の多さは相変わらずで、後方の出席者にはステージの様子が見えにくいという広いが故の欠点も出た。市教育委員会社会教育課によると、新成人の評価は賛否両論分かれたが、家族やアトラクションに参加した「大人」へのアンケートでは、騒がしさへの苦言、落ち着いた雰囲気を要望する声が圧倒的に多かった。
そもそもの会場の変更の理由は、記念会館の座席数が1353席と対象者よりも少ないため。式典中にロビーに出て話をする行為も問題視されていた。ここ数年の参加者は1200人程度で、座席が足りない事態は発生しておらず、運営を担う民間団体の意向もあり、記念会館に戻すことを選択した。
山脇雄司課長は「総合的な判断で会場を戻すことになったが、アイデアを練って式典に集中でき、新成人の皆さんの記憶に残る日にしたい」と話した。

カテゴリー:行政,その他の話題2012年12月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ