山陽小野田市、9月29日 男女参画宣言都市式典

男女共同参画記念式典のパンフレット 山陽小野田市は9月29日午後1時から、市文化会館で男女共同参画宣言都市記念式典を開く。県内では宇部市に次いで2番目の宣言となる。

市は2010年に、日ごろ裏方役を引き受けることが多い女性への感謝を表し、男女共同参画社会を実現する契機にしようと、10月が県の男女共同参画推進月間となっていることから、10月1日を「女性の日」とすることを定めた。また、男女共同参画社会づくりの啓発事業として「女(ひと)と男(ひと)の一行詩」の募集を行ってきた。
記念式典では、市長が声明を読み上げ、会場の参加者全員で宣言文を唱和する。
記念行事は2部構成で、第1部では、講師に岩国市在住で県男女共同参画審議会委員の岸かおるさん(インディゴ・ブルー代表)を招いて「第14回女と男の一行詩」の入選作品の発表とその鑑賞会を実施。第2部では「知っちょる?やまぐち男女共同参画推進事業者って?」と題し、パネルディスカッションを行う。
パネリストとして市内の認証事業者4社、オブザーバーとして、宇部フロンティア大の相原次男教授を招く。コーディネーターは白井博文市長が務める。
式典への参加は無料で、未就学児に限り託児も受け付ける。託児は9月17日までに予約が必要。
式典に関する問い合わせは、市人権・男女共同参画室(電話82─1137)へ。

カテゴリー:行政2012年8月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ