夜間の発熱外来開設

山口県内で多発傾向にあるインフルエンザに対し、宇部市は保健センター内の休日夜間救急診療所に、1日からインフルエンザ発熱外来を開設した

県内の発生状況は下関や周南を中心に多発しているが、宇部市内ではまだ少ない。市では今後の流行に備え、月曜日から土曜日までの夜間(午後7時半から11時まで)に発熱外来を開設、従来の小児科も開く。
「すでに症状のある人は、早めに一般医療機関での受診を」と呼びかけた。問い合わせは健康推進課(電話31-1777)か休日夜間救急診療所(電話31-1099)へ。

カテゴリー:行政2009年9月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single