市再使用事業 回収2カ月、子供服や絵本「全てきれいに」

回収された子供服をサイズごとに仕分けする職員(リサイクルプラザで) 宇部市が6月から始めた子供服と絵本のリユース(再使用)事業。福祉会館や市役所に回収箱を設置したところ、協力の輪が大きく広がり、2カ月間で2000枚を超える服と約1000冊の絵本が集まった。「次に手にする子供たちのことを考え、きれいな状態のものばかり」と担当職員も感心。第1弾として9月2日の子育て文化創造フェスタの中で、希望者100人に無料で渡す。

同事業は一般廃棄物処理基本計画に基づいて、資源循環のまちづくりを進め、子育て世帯の経済的負担も軽減するのが狙い。成長が速く、すぐに着られなくなってしまう子供服は、親戚や友人・知人に回したり、フリーマーケットに出したりする以外、燃やせるごみとして捨てる人も多かった。
回収箱は、福祉会館3階の市子育てサークル、楠総合支所2階の同くすのき、市役所1階のこども福祉課前の3カ所に常設。市母子保健推進協議会主催の各地域での育児サークル(18カ所)や自主サークル(3カ所)にもイベント開催時に臨時で設置している。子供服は破れや染みがなく、洗濯済みが条件。名前は油性のフェルトペンで消す。下着、靴下や帽子、靴などの小物類は受け付けていない。
回収された物はリサイクルプラザに集約し、服は50㌢から160㌢以上まで、サイズごとに仕分け。フェスタに向けて今回は夏物、秋・冬物の分類もしている。7月末現在、子供服は2094枚(338㌔)回収。80~90㌢を中心にTシャツ、ポロシャツ、ワンピース、ズボン、スカート、寝巻き、トレーナー、ジャンパーなどさまざまだ。小物などは混じっておらず、丁寧に畳んで出されている。
絵本は968冊(346㌔)集まった。未就園児から小学生向けで、読み聞かせに適したものが多い。昔話、伝記、乗り物や動物の図鑑、小説などジャンルは豊富で、携帯に便利な小型の本もある。
市資源循環推進室では「不用になった子供服や絵本は廃棄せず、ぜひこの事業を活用して」と呼び掛ける。受け取った人にアンケートを実施し、反響や回収状況をみながら、小物類などの拡大も検討していく。
子育て文化創造フェスタでは、ときわミュージアム本館で午前10時45分と午後1時半からの2回、受け渡す。それぞれ15分前から、入り口で先着50人に整理券を配布。1家族当たり子供服5枚と絵本5冊まで持ち帰ることができる。
リユースについての問い合わせは、同推進室(電話34─8247)まで。

カテゴリー:行政2012年8月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single