山陽小野田市、木造住宅耐震診断 無料で建築士派遣

山陽小野田市は住宅の耐震化促進を目的に、昨年まで費用の一部負担のみ行っていた木造住宅の耐震診断について、今年度は初めて無料で建築士を派遣し実施する。申し込みは8月20日から11月30日までで、募集戸数は先着順に23戸。

市では2008年8月に策定した市耐震改修促進計画において、15年度までに住宅耐震化率を90%にすることを目標にしている。しかし同年に実施された住宅土地統計調査に基づく市の住宅耐震化率は60・46%。また、県の住宅耐震化率は70・4%で、47都道府県中35位と全国的に見ても耐震化が遅れている。そこで県では07年度から始めていた耐震診断に対する補助制度について、今年度から無料化。市でも8月から募集を始める。
診断の対象となるのは1981(昭和56)年5月31日以前に着工した一戸建ての木造住宅。対象となる住宅の所有者で市税を滞納しておらず、国や他の地方公共団体、市の他の補助金を受けていない人が申し込める。
診断希望者は、所定の申請書に必要事項を記入し、建築住宅課建築係に提出。申請書は市のホームページからもダウンロードできる。問い合わせは同課(電話82─1167)へ。
同課では「無料化で耐震診断が進み、耐震化促進につながれば」と話す。

カテゴリー:行政2012年7月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single