三浦さん辞職、国会へ 県議補選なし

弘中勝久事務局長へ辞職願を提出する三浦さん(右、13日午前9時、県庁で) 県知事選挙に出馬した高邑勉さん(38)の衆院議員辞職に伴い、繰り上げ当選人となった宇部市区選出の県議、三浦昇さん(42)=宇部市東琴芝1丁目=は13日、衆院議員への転身を決断したことを明らかにした。同日、県議会事務局を訪れ、柳居俊学議長宛ての辞職願を提出した。

中央選挙管理会はこの日、前回(2009年)衆院選で民主党比例中国ブロック名簿に従って、三浦さんを繰り上げ当選人と決めた。
三浦さんは、高邑さんの議員辞職願が衆院議長によって認められた時点で、党本部からの早急な方針決定を促され、後援会関係者らと協議を重ねていた。辞職願を提出した三浦さんは「決断したのは昨夜。国政を志した初心を貫くことにした。繰り上げ当選の可能性を聞いた時から苦悩したが、前回総選挙の7万3000票の声に応えようと決めた。県議活動を生かしながら、国政では自立と共生をキーワードにして、民主党議員として頑張りたい」と話した。
三浦さんは1970年7月5日生まれ。慶応大大学院を修了後、IT関連の仕事に就き、現在テリンクスドットコム代表を務めている。2005年9月と09年8月の衆院選挙(山口3区)に民主党公認で出馬、いずれも落選した。昨年4月に行われた県議会議員選挙に初出馬し、1万1186票を獲得し当選した。
三浦さんの県議辞職に伴う県議補欠選挙は、既に県知事選挙が告示されているため、行われない。

カテゴリー:行政2012年7月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single