市選管に投票用紙、選挙ムード高まる

投票用紙が入った段ボール箱を積み込む職員(市役所前で) 県知事選で使用する投票用紙が26日、宇部市役所に届いた。同日、山口市で製作作業が行われた後、宇部市選挙管理委員会など県内各地に輸送された。

宇部市に届いたのは14万6340枚(うち点字340枚)。選管の職員らが段ボール箱をトラックの荷室から降ろし、庁内へと運び込んだ。選挙当日まで大切に保管される。
知事選は、これまでに元国土交通審議官の山本繁太郎さん(63)=柳井市=、民主党衆院議員で27日に離党届を提出した高邑勉さん(38)=防府市=、周南市出身でNPO法人環境エネルギー政策研究所(東京)の所長を務める飯田哲也さん(53)、元県健康増進課長の三輪茂之さん(53)=山口市=が立候補を表明している。

カテゴリー:行政2012年6月27日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ