知事選、飯田さん出馬会見「山口八策」示す

知事選への出馬を表明する飯田さん(22日午前11時すぎ、山口市内のホテルで) インターネット上で知事選(7月12日告示・29日投開票)への立候補の意向を示していた東京都のNPO法人・環境エネルギー政策研究所長、飯田哲也さん(53)は22日午前11時から、山口市小郡のホテルで会見。公式の場で初めて出馬を表明し、「山口をみんなで創(つく)りなおす!山口から日本を創りかえる」を掲げた政策骨子を披露した。

飯田さんは1959年1月8日、周南市生まれ。徳山高卒、京都大大学院修士課程、東京大先端科学技術センター博士課程修了後、民間企業などに勤務。専門は原子力だが、自然エネルギーへの転換を主張して2000年に研究所を設立した。国のエネルギー、環境分野の審議会委員などを歴任。12年からは橋下徹大阪市長の要請を受け、大阪市と大阪府の特別顧問を務めていたが出馬を前に辞任した。
会見では「山口八策21」と題した政策を発表。脱原発とエネルギー革命を目指す「エネルギー維新」、環境と経済を良くする「グリーン経済改革」、子供と女性の視点からの「子育て・福祉改革」などを示しながら、「本当に豊かな21世紀の地域社会を目指したい」などと訴えた。
事務所は、山口市後河原に開設。
知事選の正式な出馬表明は、元国土交通審議官の山本繁太郎さん(63)=柳井市伊保庄=、民主党衆院議員の高邑勉さん(38)=防府市東三田尻町2丁目=、元県健康増進課長の三輪茂之さん(53)=山口市小郡下郷=に続いて4人目。

カテゴリー:行政2012年6月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single