夏のエコ・スタイルです 市職員昨年より1週間早く

サマー・エコ・スタイルで仕事をする職員(8日午前10時半、市役所で) 夏場の電力不足が懸念され、省エネや節電意識の高揚が求められる中、宇部市は7日から、ノーネクタイ、半袖シャツなどのサマー・エコ・スタイルを始めた。

第2期市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)に基づき、エアコンの温度を28度以上に設定し、省エネ対策に取り組んでいる。エコ・スタイルは例年、6月1日~9月30日の間に実施しているが、市職員課によると、5月13日から開始した昨年度よりさらに1週間早め、終わりも10月31日までと拡大した。
見た目にも涼しげなクールビズで仕事の能率を上げるとともに、率先行動で市民にも節電の夏の到来を伝えている。さらに暑くなればポロシャツも増えてくる。

カテゴリー:行政2012年5月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ