全国植樹祭、山口県での開催決まる

県は27日、2012年の第63回全国植樹祭の開催地が山口県に決まったと発表した。県の引き受けは1956年(会場・防府市の矢筈山)いらい56年ぶり2回目。会場は山口市阿知須のきらら浜が有力。

県と共催の国土緑化推進機構の理事会で同日、決定した。
開催日は12年春の1日間。前日に林業関係の関連イベントがある。
会場の選定には交通の利便性を考慮。参加者は1万人規模を見込む。県は今年度中に同機構と協議し、きらら浜北エリア(10ha)に決める方針。
豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民の理解を図る目的で、前身の「植樹行事並びに国土緑化大会」が1950年に始まった。70年に今の全国植樹祭に名称変更。天皇、皇后両陛下を迎え、記念植樹や緑化功労者表彰などが行われている。

カテゴリー:行政2009年8月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single