山陽小野田市教職員人事、139人の小規模異動

県教育委員会が26日に発表した4月1日付の教職員人事異動で、山陽小野田市の小・中学校関係(事務局を含む)では、前年より35人減の延べ139人が動く。校長は小学校3校、中学校2校で代わる。

学級数は小学校が4学級減の156、中学校が1学級減の68。特別支援学級では、2012年度に市内中学校では初めて通級指導教室が厚狭中と小野田中に開設。また自閉症・情緒特別支援学級が3小・中学校に新設される。教職員定数は小学校が236人で1人減、中学校は144人で7人増となった。
校長の異動は、高泊小に山田一さん(下松・中村小)、津布田小に宮木剛さん(萩・小川小)、竜王中に村井浩司さん(光・浅江中)、埴生中に香田剛さん(岩国・川下中)。津布田小の石川友一さんと埴生中の末武博さんが退職し、高泊小の大迫敦子さんは周南・湯野小へ、厚陽小の久賀武さんが長門・向陽小へ、竜王中の原野眞治さんが宇部・小野中へ移る。連携校となる厚陽小の校長は厚陽中の神徳良信さんが兼任する。
教頭は小学校2校、中学校2校で異動し、小学校で1人退職する。教諭は退職が7人、新規採用は小学校が8人、中学校が2人。市内転任は22人で、管外転出入は18人、管内転出入は14人、県立学校などの転出入は5人。事務局は2人採用し、2人が転出する。
養護教諭は1人採用され、市内転任が5人、転出が1人。事務職員は6人が異動する。

カテゴリー:行政2012年3月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ