市議会開会、総合計画前期折り返し

施政方針で活力あふれる街にと述べる久保田市長(1日午前10時すぎ、議場で) 3月定例宇部市議会は1日開会し、久保田后子市長は2012年度の当初予算案を上程するに当たり、施政方針を述べた。総合計画前期実行計画の折り返しの年に当たり、成果や課題を踏まえて仕上げに取り掛かるとともに、市制施行100周年に向け、安心安全のまちづくり、元気都市実現に、市民と共に全力でチャレンジしていくという意欲を示した。

りのエネルギーとして継承・発展させるとした。懸案となっている課題、各施策の展開についても、総合計画、マニフェスト(政策公約)実施プランに掲げた重点事業を引き続き着実に実施し、宇部を活力あふれる街にしていきたいと述べた。
一般会計は620億9000万円で、対前年度当初比1・1%、6億9000万円増。積極的に新規事業を構築し、投資的経費は90周年記念事業や学校耐震化への対応、地域経済への配慮から、11年度と比較して約10億円増やしたとした。財源は行財政改革加速化プランの推進、職員給料の特例的な一部カットなどにより確保。
課題解決のため市債は増発したが、経常的な市債は抑制し、健全化路線の堅持も強調した。景気・雇用・産業力の向上対策、環境対策など項目別に詳しく説明した。
当初予算のほか、11年度の補正予算、職員給与に関する条例の一部改正、防災基本条例、中小企業振興基本条例の制定、介護保険料の過徴収事故に係る保守委託業者との和解など49議案を提案。
人事案件の教育委員会委員については、三原節子さんを選任する原案に同意した。
会期は29日までの29日間で、9~14日は代表・一般質問、22~27日が予算審査特別委員会。最終日には委員会条例を一部改正する議案1件が提案、総合審議される。

カテゴリー:行政2012年3月1日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single