山陽小野田市防災基本条例制定目指す

山陽小野田市は災害に強いまちづくりを推進するために、防災の基本理念を定めた市防災基本条例(仮称)の制定に取り組む。素案策定後、市民への意見公募(パブリックコメント)を行い、6月定例市議会での条例制定を目指す。

市内では2009年、10年に2年続けて豪雨災害が発生し、幸いにも人命を落とすことはなかったものの、市民の財産に大きな被害が出た。昨年の東日本大震災では多くの生命が奪われ都市機能が破綻した。
災害から市民の生命・財産を守り、市民の安全な暮らしを確保することは市の恒久的な課題だが、行政だけでなく市民、事業者ら全ての者がそれぞれの立場で責務と役割を理解し、相互に連携して協力し合う指針として新たに防災基本条例を策定する。
基本条例では、基本理念に基づき、3者の責務と役割を明示する。
現在、総務課で条例の素案をまとめており、庁議での承認、市議会への報告後の3月中旬から1カ月間、意見公募を行い、6月定例市議会に条例案を提出するスケジュール。
条例制定は山陽小野田市が災害に強いまちづくりを推進するという意思表示であり、市民への意識啓発につながると期待される。また防災行政への取り組みが法的にも整備され、関連の予算措置や職員配置のよりどころにもなる。県内では宇部市が同様の条例づくりを先行して進めている。
市では2年続きの豪雨災害を受け今年度、市地域防災計画の見直しを進めてきたが、想定をはるかに超える東日本大震災の発生に伴い、さらに来年度も見直し作業を進める。
また、今回の予算編成から、各課が挙げた事業のうち防災関連のものは別リストにし、緊急度を要するものから優先順位を付け、年次的に改善に取り組む試みをスタートさせるなど災害に強いまちづくりに本腰を入れている。

カテゴリー:行政2012年2月8日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single