維新記念公園で山口国体PRペイント制作始まる

20090822c.jpg

「おいでませ!山口国体」と「おいでませ!山口大会」の開催機運を盛り上げるPRペイントの制作が21日、主会場となる陸上競技場が建設されている山口市の維新百年記念公園で始まった。

工事現場の仮囲いに使われている高さ約3m、長さ約120mの板壁を利用。近隣の山口市立鴻南中の美術部員と、県立大国際文化学部、山口芸術短大デザインアート学科、山口大教育学部の学生ら総勢53人が携わる。
大会マスコットの「ちょるる」も応援に駆けつけ、学生らにペイント用具を贈呈。さっそく作業が始まった。県立大の植木ひとみさん(2年)は「ちょるるをモチーフに、明るく元気な山口県をアピールしたい」と抱負を述べた。
作品の完成は9月末の予定。その後、仮囲いが撤去される約1年間、両大会のPRに活用される。

カテゴリー:行政2009年8月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single