中小企業の重要性うたう「振興条例」素案まとまる

宇部市は、中小企業の振興に関する施策を推進し、市経済の発展、市民生活の向上を目的とした「宇部市中小企業振興基本条例(仮称)」の素案をまとめた。1975年に制定した条例の改定版で、国の中小企業に対する考え方や前向きな事業活動に対する支援強化を踏まえ、根拠条例を新しい時代に即した理念条例にする。パブリックコメント(意見公募)を実施している。

条例案は12の条文で構成される。前文では、宇部市が経済的、社会的に発展した歴史的背景、中小企業の重要性などをうたった。基本理念では、中小企業者の創意工夫が生かされること、経営の改善および向上に対する自主的な努力が促進されることなどを定め、基本方針には、市が行う施策の基本的な方向性を記した。
市の役割は「責務」とし、施策実施のための財政上の措置を明確に定めた。中小企業者には努力、学術研究機関等、大企業者、金融機関、市民には協力をそれぞれ求める。振興諸施策を定期的に評価・検討する審議会の設置も入れた。
素案は本庁舎の商業観光課、市政資料閲覧コーナー、各市民センター・ふれあいセンターの窓口で閲覧できる。指定の応募用紙に住所、氏名、意見を記入し、郵送、持参、ファクス、メールで21日までに商業観光課へ。送り先は〒755─8601宇部市常盤町1─7─1、宇部市商業観光課商業振興係(ファクス34─8358、メール)。電話や匿名での応募は受け付けない。

カテゴリー:行政2011年12月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single