市議会臨時会、議長に杉山さん(清志会)

改選後初の宇部市議会臨時会は20日開会し、新しい議長に杉山孝治さん(72)=清志会=、副議長に植松洋進さん(69)=新政会=を選んだ。2003年から2年間議長を務め、6年ぶりに就任した杉山さんは「議会の円滑な運営、市政の推進に誠心誠意努力したい」と抱負を語った。

28人全員が出席した本会議で無記名投票が行われ、杉山さんが24票、荒川憲幸さん(共産)が4票、副議長は植松さんが24票、岡本公一さん(共産)が4票を得た。
17日までに会派代表者による世話人会議を2回開き、議会人事について協議。当選回数(議長は4期以上、副議長は3期以上)や再任の可否について確認した。選挙の結果から、共産以外の会派は統一候補で合意形成したとみられる。
杉山さんは「市政を取り巻く状況は厳しく、その中で議会が果たす役割と責任は重要になってくる。要職に推挙いただき、大変名誉なこと。精いっぱい取り組みたい」と語った。植松さんも「重責に身が引き締まる。議長を補佐し、開かれた議会運営に当たりたい」と決意を述べた。正副議長の任期は同日から2年間。
正副議長が決まった後、議会運営委員会に代わる会派代表者会議が行われた。この後、正式な議席が決まった。臨時会は24日までの5日間とした。

カテゴリー:行政2011年5月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single