県議選、あす最後のお願い

県議選の運動期間も、あす9日を残すのみとなった。現職5人と新人2人の7人が立候補した宇部市区(定数6、欠員1)では、各候補とも精力的に街頭演説や宣伝、個人演説会に臨み、票の上積みを願って最後の追い込みをかける。

東日本大震災の衝撃が覚めやらぬ中で突入した選挙戦。相次ぐ自粛ムードで、各陣営とも「名前は浸透させたいが、連呼ははばかれる。電話もかけにくい」というジレンマを抱え、終盤を迎えながら「演説会場に思ったほど人が集まらない」などと、感触をつかみかねている。

カテゴリー:行政2011年4月8日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single