常盤公園12日から全面開園

 宇部市は高病原性鳥インフルエンザに係る防疫対策のため立ち入りを制限していた常盤公園を、12日午前10時から全面開園する。27日までの間、白鳥湖前広場に献花台を設置し、感染拡大防止のため、犠牲となった338羽のハクチョウ類を追悼する。

 5日に規制を解除し、機材やテントの撤去、路面に散布していた消石灰の除去を進めている。6日に周遊園路を部分開放した。ペリカンは当面、現行の分離飼育を続けるが、環境の変化に敏感なため、周囲にバリケードなどを設け、市民が近づけないようにする。
 野鳥が飛び去るであろう5月中旬までは予断を許さない状況が続く。市は危機レベル3を維持し、監視や出入り口の消毒を続けるが、春のキャンペーンは13日から4月24日にかけて展開する。

カテゴリー:行政2011年3月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single