宇部警察署宇部駅前交番建て替え

ubeekimaekoubann.jpg 宇部警察署宇部駅前交番の建て替え工事が、西宇部南2丁目の旧交番跡地で進んでいる。新交番の敷地はこれまでの2倍、建物は約1・3倍の広さになる。3月の完成を目指しており、外構はほぼ完成している。

乗降客数が多い駅の近くに位置して厚南地区を流川交番とともに受け持つため、市内の交番では屈指の忙しさ。1976年に建てられて30年以上が経過して老朽化した上に署員6人と相談員1人が勤務するには手狭だった。
新交番の敷地面積は約500平方メートル。建物は延べ床面積185・2平方メートルで鉄筋コンクリート2階建て。建設費は5050万円。1階には事務、応接スペースと相談室、2階は署員の仮眠室になる。
これまで駐車スペースがなかったが、身体障害者用を含めて5台分を確保。入り口にはバリアフリーのスロープが設けられる。
駅近くに立地するだけに「トイレを使わせてほしい」との要望が多く、署員用とは別の貸し出し用のトイレが備え付けられる。
新野正禮・同署地域官は「新たに相談室がつくられることで、他の人に聞かれたくない相談も安心してできるようになる。より身近な交番に感じてもらえたら」と話す。
新交番が完成するまでは、約150メートル離れたテナントに設けた仮設交番で事件事故の対応に当たる。

カテゴリー:行政2011年1月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single