埴生公民館、図書室リニューアル

リニューアルオープンした図書室(埴生公民館で) 十月から改装中だった埴生公民館(筑紫謙治館長)の図書室が六日、リニューアルオープンした。読書スペースが広がり、利用者数や地域住民の読書機会の増加が期待される。

 同公民館二階の図書室は古くからあったが、書庫状態で利用者も少ない状況が続いていた。そこで厚狭図書館の協力を得て、古くなった図書を整理。書棚の配置換えをし、読書スペースを広げ、傷みの激しかった床も張り替えるなど、改装を進めてきた。
 リニューアルに際して、地元の埴生婦人会(前田初枝会長)から、話題になった小説や絵本など百五十冊の寄贈を受け、蔵書も充実。児童書から一般小説、医学に関する本や郷土資料まで、約二千五百冊がジャンルごとに置かれている。
 協力した厚狭図書館の開初茂夫館長は「地域の子供たちが、調べ学習ができるような環境は最低限整った。地域の読書の拠点となるよう、利用者の要望にも応えたい」とし、筑紫館長は「多くの人が訪れ、本と親しんでもらえたらうれしい」と話した。
 図書の貸し出しは同公民館の事務室で受け付ける。利用時間は午前八時半─午後五時十五分。問い合わせは同公民館(電話76─0066)へ。

カテゴリー:行政2010年12月7日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single