職員、市民が「市役所ダイエット作戦」議論

siyakushonominaosi.jpg 宇部市の業務改善提案発表大会「市民と考える市役所ダイエット作戦」は29日、文化会館で開かれた。広報うべの発行回数の見直しや市営バスの利用促進、ごみ収集体制の合理化など11事業の改善策について、発表した担当課と仕事見直しサポーターの議論が公開され、来場した市民も財源の創出や効率的な行政運営について考えた。

各課の発表を受けて、公募や民間、学識経験者による仕事見直しサポーターが質問し、意見を述べた。総務省評価局調査官の小島卓弥さんがオブザーバー、東京都足立区総務部長の定野司さんが司会を務め、改善策の方向性に対する意見を集約した。国の事業仕分けを連想させる配置で行われたが、事業の可否を判断するのではなく、行財政改革の過程を公開し、市役所の事業の「見える化」を図るのが目的。
それぞれの提案は、担当課が改善の余地があると考えている事業、人件費比率が高い事業、その他市民生活に影響する事業について、コストを意識しながらまとめたもの。経費節減だけでなく、歳入の確保に視点を置いた発表もあった。サポーターは「サービス低下に伴う改善が具体性に乏しい」と指摘したり、一般会計から赤字補てんしている公営事業には「さらなる経営努力と抜本的な提案を」と、民間感覚で改革を求めたりした。
全体をまとめ、定野さんは「市民と行政が知恵を出し合って困難を乗り切っていく良い機会になったのでは」と評価した。

カテゴリー:行政2010年8月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single