ニ市姉妹都市提携30周年記念、100人規模の訪問団派遣

宇部市と市・ニューカッスル市姉妹都市友好協会は、ニ市との姉妹都市提携三十周年を記念して、行政、文化団体、市民による百人規模の訪問団を、提携記念日の十一月二十一日の前後六日間の日程で同市に派遣する。

両市は一九八〇年に姉妹都市提携を結び、さまざまな分野で交流している。四月にはニ市訪問団、ハンターセントラルコースト吹奏楽団を迎えて節目を祝い、姉妹都市交流再確認書も締結した。
訪問団は行政コースが久保田后子市長ら十人、文化団体コースが五十人、一般コースが四十人。日程は十一月二十日から二十五日までの五泊六日。ジョン・テイト市長を表敬訪問するほか、歓迎セレモニーへの参加、市の重要施策のPRとビジネスチャンスを見据えた企業の視察、日本文化展の開催を予定。
文化団体コースへの参加者を募集している。旅行費用は一人当たり二十一万一千八百円、高校生以下十九万一千八百円。燃油サーチャージ、個室希望、オプショナルツアーは別途負担。日本文化を披露する団体には友好協会が一人当たり一万円を助成する。
申し込みは八月十二日までに団体単位で日本旅行山口支店(電話083─972─2211)。事前に市国際政策課(電話34─8137)に連絡書を提出する。

カテゴリー:行政2010年6月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single