山口県、災害対策などに88億円を補正

県は11日、9月定例県議会に上程する2009年度一般会計補正予算の概要を示した。歳入歳出にそれぞれ88億4189万円を追加。総額を7889億9029万円とする。

災害対策関連事業は56億3171万円を計上。農地災害や林道などの災害復旧事業、計28カ所の緊急砂防事業などに充てる。被災民有地の復旧支援事業は3カ所で6000万円を計上。県に寄せられた災害見舞金を活用する。
8月臨時議会で補正した118億8846万円を合わせ、豪雨災害の対策関連事業費は175億2017万円になる。
そのほかの主な補正項目は、景気の後退に伴った県税過誤納と還付加算金が約31億円。フェリー利用推進事業が約1500万円。

カテゴリー:行政2009年9月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single