30日から妊婦などへの接種開始

山口県は27日、妊婦と基礎疾患を持つ1歳-小学3年や入院患者を対象にした新型インフルエンザのワクチン接種を、30日から県内1200の医療機関で始めると発表した。

国からのワクチン出荷に伴い、妊婦や基礎疾患者に5480回、医療従事者に1万4898回の計2万378回の配分となる。
国の指針変更で、健康な医療従事者の接種回数が、2回から1回に変更されたのに伴い、医療従事者への割り当て分が、妊婦などへ前倒しされることになった。
実際に1医療機関で何人分のワクチンが確保されるかは、各医療機関による。かかりつけ医に問い合わせと予約が必要。ワクチン接種の詳しいスケジュールなどはこちら

カテゴリー:行政2009年10月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single