27人8団体に山口県メダル栄光を授与

20091016c.jpg 山口県メダル栄光(体育賞、文化賞)と県体育協会体育功労賞の授与式は15日、県庁で行われ、二井関成知事が、スポーツ、文化、研究、生涯現役など各分野で活躍した団体・個人にメダルを贈り、活躍をたたえた。

メダル栄光は全国規模のスポーツ・文化の大会で優秀な成績を収めた団体・個人に贈られる。今年度の受賞者は75人(27個人8団体)。体育功労賞は長年にわたって体育・スポーツ振興に多大な貢献があった人。今年度は22人。
授与式で、二井関成知事は一人ひとりの首にメダルをかけた後、「皆さんの活躍は、住み良さ日本一の元気県づくりを加速化させる原動力」とたたえた。
宇部、山陽小野田市のメダル栄光は、全日本シニアボウリング選手権大会男子マスターズシニア(70歳以上)で優勝した盆子原鉄夫選手、都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会で県選抜チームを優勝に導いた中野恭監督(桃山中)、2009アジアユースパラゲームズの水泳競技S9クラス女子50㍍自由形でアジア3位の加藤由貴選手(宇部フロンティア大1年)、全国高専体育大会テニス競技と全国高専テニス選手権大会の男子シングルスで優勝した山本雄大選手(宇部高専2年)、第11回日本水大賞に輝いた厚狭高生物部。
体育功労賞は県弓道連盟副会長の三村道昭さん(山陽小野田市)、県銃剣道連盟常任理事の諸石卓三さん(宇部市)。

カテゴリー:行政2009年10月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single