松蔭絶筆など展示、24日から山口県文書館

県文書館開館50周年記念事業の特別アーカイブズ展示「吉田松陰没後150年記念・吉田松陰自賛肖像画展」は、24日から11月1日まで山口市後河原の同館で開かれ、松陰の代表的な資料である自賛肖像と絶筆を公開する。

1859年5月、江戸幕府から江戸送りの命が下った際、門下生松浦松洞が描き、松陰自ら賛文(絵の傍らに書かれる文章)を書いた肖像、同年10月に処刑される直前に詠んだ「このほどに 思い定めし出で立ちは 今日聞くこそ 嬉しかりける」の絶筆を展示する。
問い合わせは同館(電話083-924-2116)へ。

カテゴリー:行政2009年10月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single