知事選立候補予定者説明会に3陣営

山本繁太郎前知事の辞職に伴う県知事選(2月6日告示、同23日投開票)の立候補予定者説明会が28日、県庁で開かれた。3陣営の関係者4人が出席した。
説明会には、既に立候補を表明している元総務省財政課財政企画官の村岡嗣政さん(41)=無所属、自民・公明推薦、共産党県くらし・雇用対策本部長の藤井直子さん(61)=共産公認=の他、脱原発を願う住民グループ代表の安藤公門さんが出席した。
安藤さんは、「上関原発建設に向けた公有水面埋め立て免許の延長申請は公約違反。何としても止めなければ。説明会の話を聞いて持ち帰り、みんなで検討する」と述べた。ただ具体的な候補者名は挙げていない。
立候補が取り沙汰されている元衆院議員の高邑勉さん(39)さんは、「説明会の時間に間に合わなかった」として欠席したが、29日午後、県庁で出馬会見を開くと28日午前、報道関係者に連絡があった。高邑さんは、環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也さん(55)を支援する方向で準備を進めていたが、飯田さんが出馬を断念したため、立候補に含みを持たせていた。
高邑さんの出馬表明により、今回の知事選には少なくとも3人が立候補することが確実になった。
説明会では、中村正昭県選挙管理委員長が「県民の代表を選ぶ大切な選挙。円滑、適正に行われるようお願いしたい」とあいさつした。県選管職員が、スケジュールや立候補届け出、インターネットを使った選挙運動などについて注意事項を説明した。

カテゴリー:行政2014年1月28日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ