常盤公園駐車料金、来年度から時間制

宇部市議会の産業建設委員会(射場博義委員長)は17日、常盤公園駐車場の料金体系変更に伴う条例改正案を、全会一致で原案通り可決した。現在の定額制から時間制とするもので、運用開始は来年4月1日から。

同公園の駐車場は、正面、中央、東、西の四つ。2006年6月から普通車は400円(30分以内無料)、大型車は1600円(同)の料金体系を適用しているが「駐車時間が短い場合、料金が高い」という市民の声があったため、制度を見直し、来園者増、公園各施設の利用者増につなげたい考え。
改定案は、普通車は15分を超え2時間以内は200円、2時間超~3時間以内300円、3時間超~4時間以内400円、4時間超500円。大型車(11人以上のマイクロバス含む)は、15分超~2時間以内800円、2時間超~3時間以内1200円、3時間超~4時間以内1600円、4時間超2000円。いずれも15分以内は無料。
イベント開催時などに開設する臨時駐車場料金は、普通車は500円、大型車は2000円の範囲で市長が定める。現在発行している回数券は、改定後は廃止する。
市によると、同公園の駐車場収入は12年度実績で約4090万円(臨時駐車場を含む)。改定後は、約100万円の減収が見込まれるという。

カテゴリー:行政2013年12月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ