常盤公園の「花いっぱいガーデン」4月6日にオープン

常盤公園内で整備が進んでいる「花いっぱい運動記念ガーデン」は、4月6日に全面オープンする。四季折々に緑と花を楽しめる癒やしの空間が誕生し、公園に新たな魅力スポットが加わる。市では、同日のオープニングセレモニーで行う思い出づくりイベントに参加する新婚カップルを募集している。
同ガーデンは、2011年に市の花壇コンクールが通算100回を迎えたことを記念し、ときわレストハウス西側広場で12年度から整備を開始。約4000平方㍍の敷地内に、ラベンダーの「四季彩(しきさい)の丘」や、サクラドーム、バラと宿根草のガーデン、障害者が植物に親しむことができる構造を採用した香草と野菜のガーデンなど、七つのコーナーができる。光と水のガイアガーデンは、昨年3月に先行オープンしている。
イベントは「おいでませ新婚さん」と題して実施。主な内容は同ガーデンでのブーケを持っての記念撮影や、バラの記念植栽、記念プレートの設置など。
市内に在住か通勤、通学している結婚1年以内の新婚カップルが対象。募集は5組程度で、応募多数の場合は抽選。参加無料。当日の服装は自由で、ブーケは市が準備する。申し込み締め切りは3月10日。
問い合わせは市公園緑地課(電話51―7252)へ。

カテゴリー:行政2014年2月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ