山陽小野田市議会の各委員長決まる

山陽小野田市議会の10月臨時会は29日、本会議を開き、総務文教、民生福祉、産業建設、一般会計予算決算の各常任委員会、議会運営委員会の所属議員と各委員会の正副委員長を決めた。一般会計予算決算常任委は改選前の議会機能向上特別委で常任委化が決まったもので、委員長には伊藤実議員(進化)が選ばれた。

本会議で各委員会の所属議員を選任後、委員会を開き、互選で正副委員長を決めた。総務文教、民生福祉、産業建設の常任委は各7人、一般会計予算決算常任委は9人、議会運営委は6人。市議会委員会条例により、いずれも任期は2年。
委員長は、総務文教は河野朋子議員(無所属)、民生福祉は下瀬俊夫議員(共産)、産業建設は松尾数則議員(進化)、一般会計予算決算は伊藤議員(同)、議会運営は大井淳一朗議員(同)が選ばれた。
歳入歳出にそれぞれ3441万円を追加する一般会計補正予算の議案1件も上程。耐震補強工事中の津布田小で、外壁に広範囲な劣化が確認されたためで、国庫補助事業として改修する。

カテゴリー:行政2013年10月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single