山陽小野田市第2次健康増進計画検討委が始動

第1回山陽小野田市第2次健康増進計画検討委員会は31日、市役所であり、委員25人に岩本良治福祉部長から委嘱状が交付された。委員長には川端章弘さん(小野田医師会理事)、副委員長には半矢幸子さん(市食生活改善推進協議会長)を選出した。今年度末までに第2次計画を策定する。

第1次計画が今年度で終了するのを受け、市の第2次総合計画と整合性を持たせた市民の健康づくりのため新たな次期計画(2019~30年度)を策定する。岩本部長は「生涯健康は市民の大きな願い。専門的な見地から健康づくりについて集中審議してもらいたい」と要請した。

事務局から計画策定スケジュールが示され、計4回の検討委、広く市民から意見を聞くワークショップ(7日午後6時、市役所)を開催。素案をパブリックコメントに掛け、市健康づくり推進協議会とも連携しながら成案としてまとめる。

たたき台として、第1次計画の考え方を引き継いだ「健康づくりは ひとづくり・まちづくり」という基本理念や「健康寿命の延伸」の基本目標が示された。第1次計画の最終評価結果や第2次計画策定のための資料として昨年11月に実施した健康づくりに関する市民意識調査の結果も紹介された。

 

カテゴリー:行政2018年8月1日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ