山陽小野田市でシビックプライドアドバイザー就任式

山陽小野田市のシビックプライドアドバイザー就任式は3日、市長応接室であり、藤田剛二市長がシビックプライド研究会代表で東京理科大建築学科の伊藤香織教授に委嘱状を手渡した。

藤田市長は「われわれの知見だけでは限界があり、まちづくりの輪を広げるために協力を」と訴えた。伊藤教授は「市民にとっては当たり前でも、外から見れば実は魅力的で可能性を秘めているものがある。市民の創意、発案につながるお手伝いができれば」と応えた。

伊藤教授は東京都生まれ。東京大大学院工学系研究科修了。専門は都市空間の解析、デザイン。公共空間の創造的活用に取り組む東京ピクニッククラブのディレクターとして、2014年に日本デザイン振興会のグッドデザイン賞を受賞した。

カテゴリー:行政2018年12月4日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ
facebook
twitter