山陽小野田市が「女と男の一行詩」カレンダー作製

山陽小野田市は、「第18回女(ひと)と男(ひと)の一行詩」の入賞作品を掲載した今年のカレンダーを作製した。初めての試みで、最優秀賞、優秀賞、入選、特別賞の計12点を月ごとに掲載。市役所2階の市民生活課で1部100円で販売している。

昨年までは毎月、ポスターを作製し、市役所や市の出先機関、市内の男女共同参画推進事業所などに配布していたが、日常的に目に触れる機会が増えればと企画。市の施設などで見ることはできるが、購入は市役所のみとなる。

B5判の縦開きで、上部が一行詩、下部がカレンダーになっている。1月は最優秀賞に選ばれた「社会は五線譜 ぼくらは音符 弾んで跳んで 交響詩『ひと』」。2月以降は優秀賞、入選、特別賞の順に掲載している。

問い合わせは市男女共同参画推進室(電話82-1137)へ。

カテゴリー:行政2017年1月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single