宇部市訪問団、姉妹都市提携目指しカ市へ

スペイン・カステジョン市(以下、カ市)との姉妹都市締結実現に向けて、久保田后子市長を団長とする宇部市訪問団が2日、山口宇部空港を出発した。3日にカ市入りし、アンパロ・マルコ市長と誓約書を交わす。

訪問団は行政訪問団7人、市民訪問団7人に報道、添乗員らを加えた19人で構成。出発前に行われた結団式では、久保田市長が「今秋の締結実現に向け、確実、有意義に成果を挙げてきたい」とあいさつした。

行政訪問団は、カ市との誓約式に臨むほか、カ市のあるバレンシア州の幹部職員と面会し、交流の架け橋となったウベ・コーポレーション・ヨーロッパ(UCE)を訪問。その後、バルセロナに移動し、ユニクロや美術館を訪ね、UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の世界展開の可能性を探る。帰国は7日。

市民訪問団はカ市との誓約書締結に臨んだ後は、カ市やバルセロナを観光し、8日に帰国する。

カテゴリー:行政2018年7月2日

山口ゆめ回廊
石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
アーカイブ