宇部市が「女性活躍応援ネットワーク」設置へ

宇部市は、女性がいきいきと安心して働き続けられる社会づくりを支援する「うべ女性活躍応援ネットワーク」を設置する。企業、経済団体、金融機関、大学、行政など社会全体が一体となり、情報共有や企業の取り組みの促進、女性リーダーの育成をサポートする。19日にときわ湖水ホールで、委員に委嘱状を交付する。

2016年に施行された女性活躍推進法を受けて、新組織を設立するのは県内の市町で初という。設置要綱案によると、委員の構成は、市女性活躍推進企業認証事業者や、推進に賛同し、連携が必要な企業、団体など。市内の女性経営者や管理職、宇部商工会議所や宇部青年会議所など経済団体の他、金融機関や大学、市などの代表者19人が委員を務める。上部組織である市男女共同参画推進審議会長と、日本政策金融公庫下関支店長をオブザーバーとする。

活動は女性活躍推進に関する事項に特化し、有用な情報の共有と発信、企業や構成団体の取り組みの促進などを行う。今年度から市が実施している女性リーダー育成支援事業の企画や検証にも関わる。男女共同参画推進審議会から委任されたテーマの協議、提言も行う。

19日は委嘱状交付に加え、女性リーダー育成支援事業のリーダー認定証授与式、基調講演も併せて行われる。基調講演は、聴講自由。21世紀職業財団(東京)の岩田喜美枝会長が、「女性はもっと活躍できる!」をテーマに話す。午後3時15分開始。無料。先着100人で、事前申し込み不要。問い合わせは、人権・男女共同参画推進課(電話34-8272)へ。

カテゴリー:行政2018年2月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ