宇部市が、がん患者のウィッグ助成

宇部市は、がん患者へのウイッグ(かつら)購入費用の助成を始めた。抗がん剤治療などの副作用で脱毛した人の生活の質を高め、社会参加、就労につなげるのが目的で、市健康推進課では利用を呼び掛けている。市が進めるがん患者に優しいまちづくりの一環で、今年度の新規事業。同課によると、ウイッグ費用の助成制度は、県内市町で初めてという。

助成対象者は、現在がん治療を受けており、抗がん剤治療などの副作用による脱毛症状に対処するためウイッグを購入した市民。助成の条件は▽全体かつら(部分かつらは不可)▽外観、性能、試験方法などを定めたJIS規格に適合した医療用ウイッグ▽4月1日以降に購入―の三つの要件を満たしていること。助成額は購入費用の2分の1で、上限は3万円。市は今年度当初予算で60万円を計上している。

希望者は、助成金交付申請書、ウイッグを購入した金額の証明書類(領収書など)、抗がん剤治療などの受診証明書類(診療明細書など)、同意書を、ウイッグ購入日の翌日から1年以内に、同課に提出する。申請書と同意書は市保健センターに設置しているほか、市ホームページからダウンロードできる。申請は1人1回限り。

カテゴリー:行政2017年5月15日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ