宇部など4市が広域観光推進へ

宇部市は、山口市、美祢市、防府市とともに「地域再生計画」を策定した。広域での観光推進に向けた計画で、新たな観光ルートの形成や、DMO(観光地域づくり推進法人)の構築などを事業内容に設定。4市が連携して観光インフラの整備、観光産業の強化を進め、地域活性化、雇用創出を目指す。

裾野が広く、地域経済への効果が期待できる観光産業の振興を図り、人口減少、若者の流出など各市が抱える課題の解消へつなげるのが狙い。宇部市・山口市・美祢市連携観光交流推進連絡会議を設置している3市に防府を加え、観光を軸にした施策を一体的に進めようと計画を策定。2016年12月13日付で国から認定を受けた。

計画期間は認定日から21年3月31日まで。掲げた事業は「おいでませアート圏域の形成」「おいでませスポーツ圏域の形成」「DMOの構築・組織づくり」「観光地域づくり」の4本柱。

主な内容としては、アート圏域の形成では、UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)や秋吉台国際芸術村、山口情報芸術センターなど圏域内のアートの観光資源を結ぶ周遊ルートの造成などを計画。DMOは、圏域のワンストップ窓口としての役割を担う組織として、20年の登録を目指している。数値目標としては、年間観光客数は20年度末に1114万人、年間外国人観光客数は14万7535人とすることを盛り込んだ。

市観光推進課では「市単独では難しい部分もあるので、他市と連携して観光客誘致、観光活性化につなげたい。観光をまちづくりの視点の一つとし、市民の機運も高めていければ」としている。

カテゴリー:行政2017年2月15日

写真注文はこちら
宇部日報社刊・書籍販売始めました
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ