健康長寿のまちづくりで宇部市がガイダンスなど予定

宇部市は「みんなで考えよう! 健康長寿のまちづくり」と題したガイダンスとワークショップを8、9月に市シルバーふれあいセンターで開催する。市民力、地域力を結集し、高齢者を地域で支える仕組みづくり、課題解決策を考えるもので、市民の参加を呼び掛けている。
市民に市の実情を知ってもらい、課題を共有した上で、今後策定を予定している「(仮称)市健康づくり条例」や第6期高齢者福祉計画に市民の意見を反映。健康で心豊かなまちづくりを進める。
ガイダンスは8月19日午後6時半から。「ふるさとの現状を知ろう」をテーマに、市の健康づくりや福祉施策の内容、財政状況、市内の地域資源などの説明がある。定員は300人で事前申し込みは不要。
ワークショップは9月9日午後6時半から。ガイダンスの内容を受けて、ワークショップ形式でグループ討議を行う。ガイダンス終了時に、参加申し込みを受け付ける。
問い合わせは市健康推進課(電話31―1777)か市高齢者総合支援課(同34―8348)へ。

カテゴリー:行政2014年8月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single