あす県知事選投票

山本繁太郎前知事の病気による辞職に伴う県知事選は、あす23日投開票を迎える。立候補者は届け出順に、元総務省財政課財政企画官で宇部市出身の無所属、村岡嗣政さん(41)=自民、公明両党推薦=、元衆院議員で山口市出身の無所属、高邑勉さん(39)=生活の党推薦、元周南市議で共産党県くらし・雇用対策本部長の藤井直子さん(61)=共産党公認=の新人3人。県内で急速に進む人口減少と少子高齢化への対応策や、上関原発建設問題を争点に、17日間にわたる戦いを繰り広げてきた。

村岡さんは、前知事の産業戦略推進計画を継承し、産業力強化を強調。保育や教育環境の整備を訴えた。支援組織をフル回転させ県内をくまなく巡回。無名からのスタートだったが、短期間で浸透する勢い。千葉泰久後援会長は「確かな手応えを感じつつある」とした。
高邑さんは、上関原発反対と自然エネルギーによる産業再生を主張。山陽側を中心に遊説を展開。後半は、岩国市から下関市まで自転車で走破する遊説を、ネットで生中継し行動力をアピールした。緒方博史選対本部長代理は「『百万一心』で戦った」とした。
藤井さんは、原発ゼロ、米軍岩国基地の強化反対、福祉の拡充を軸に訴えた。「自共対決」を打ち出し、安倍政権の批判票の受け皿を目指した。県内全域で遊説とミニ集会を実施。福江俊喜後援会長は「共感が広がり確かな手応えを感じている」とした。

懸念されるのが投票率。急な選挙で周知期間が短い上、寒い時期とあって外出を控えがち。新人4人の混戦となった前回選挙の45%に届くかが注目される。幸い23日は好天が予想され、宇部市選管は最後まで啓発に力を入れた。
中村正昭・県選管委員長は「一人一人が主権者としての自覚と責任をもって積極的に投票するよう切望する」との談話を出した。
投票は、午前7時から午後8時まで。厚東、二俣瀬、小野、楠地区は午後7時まで。県選管はホームページで午後9時から30分ごとに開票状況を公表。翌午前0時15分ごろ確定の見通し。

カテゴリー:行政2014年2月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single