2013年9月27日

ビエンナーレあす審査、29日開幕

 第25回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の2次審査(選考委員会)は、28日午後1時半から常盤公園野外彫刻展示場で開かれる。1次審査を通過し、同展示場に設置された4カ国の作家による18点の彫刻の中から、大賞(宇部市長賞)、宇部興産賞など各賞が決まる。
 

 選考委員会は、酒井忠康さん(世田谷美術館館長)を委員長に10人で構成。ときわミュージアム本館で審査方法を協議し、同展示場で実物作品を確認。この後、投票・協議で各賞を決定する。
 表彰式・レセプションは、午後6時からホテル河長で開催。各賞の発表、講評、受賞者インタビューなどがあり、インターネットでライブ配信される。
 彫刻展は29日からスタート。初日は午前9時45分から、オープニングイベントとして子供たちによるダンスパフォーマンス「彫刻×キッズダンス」が行われ、10時から開会式。11時からは、向井良吉追悼展を記念し、劇団民藝時代、向井さんに舞台美術を依頼した米倉斉加年さん(俳優・演出家)と、UBEビエンナーレ選考委員として向井さんと親交が深かった酒井さんが対談する。
 会期は11月24日まで。今回は「新たなスタート~世界一のUBEビエンナーレに」をスローガンに、総合アートイベントとして、市民団体などによる多彩な行事が実施される。
 問い合わせは同ミュージアム(電話37―2888)へ。

新着ニュース