2012年8月31日

今年も暑かった!夏休み気象記録

宇部天気 今年の夏も猛暑に見舞われた。宇部市中心部では7月29日に今シーズンの最高気温34・8度を記録。昨夏より0・8度高かった(市防災危機管理課調べ)。涼を取ろうとする人でプールは盛況で、飲み物の売れ行きも好調。ビアガーデンも多くの客でにぎわった。子供たちの夏休み期間の気象、熱中症、プール、飲料、常盤公園のにぎわいを振り返った。

 続きを読む…

市内最高齢、女性は谷本さん107歳、男性は渡邉さん104歳

 宇部市内の最高齢者は女性が107歳の谷本すてさん(琴芝校区)、男性は104歳の渡邉源三さん(恩田校区)。3日に久保田后子市長と市健康福祉部の職員が、今年度中に100歳を迎えるお年寄りを訪ねて、祝い状と記念品を贈る。9月は敬老月間。

 続きを読む…

山陽小野田市、11年度の財政状況公表

小野田市11年度財政状況 市が公表した2011年度の歳入歳出決算書によると、公営企業会計を含め、いずれも早期健全化や経営健全化に該当する事項はなかったものの、普通会計の財政力指数(単年度)は前年度をさらに下回り、経常収支比率も依然として高い水準にある。財政の硬直化が懸念されている。

 続きを読む…

2012年8月30日

学校に「勉強部屋」7中学校取り組み

阿座上さん(左)から分からない問題の解き方を教えてもらう生徒(楠中で) 宇部市教育委員会は、今年度から中学校で図書館等学習室設置事業を開始した。夏休み中の生徒に、学習機会を提供するために学校の施設を開放する取り組みで、7校で実施。4校では教員を志す山口大の学生が、子供たちの勉強の手助けも行っている。

 続きを読む…

南海トラフ、地元2市 震度「5強」

 内閣府は29日、南海トラフの巨大地震による津波高・浸水域等の第2次報告と被害想定の第1次報告をまとめた。「最大クラスの地震と津波」の場合、県内では「震度5弱~6強」の揺れの後、発生から「92~219分後」に、満潮と重なった場合は瀬戸内海側に最大「3~5㍍」の津波が押し寄せ、最大で死者200人、建物全壊約4800棟の被害が見込まれている。宇部市と山陽小野田市は震度が「5強」、最大津波高が「4㍍」となっている。

 続きを読む…

山陽小野田市、9月29日 男女参画宣言都市式典

男女共同参画記念式典のパンフレット 山陽小野田市は9月29日午後1時から、市文化会館で男女共同参画宣言都市記念式典を開く。県内では宇部市に次いで2番目の宣言となる。

 続きを読む…

2012年8月29日

東岐波の金崎さん、宇部れんこん収穫始まる

泥だらけになってレンコンを収穫する金崎さん(東岐波王子で) 宇部市東岐波王子の農業、金崎勇さん(70)の畑で、レンコンの収穫が始まり連日、午前5時前から水中の泥を水圧で掘り起こすコンプレッサーの音が響いている。盆すぎから道の駅きららあじすなどの店頭に並び、新物を買い求める人が手を伸ばしている。

 続きを読む…

日髙さん収集の浮世絵展、9月6日から文化会館で

コレクションした浮世絵の初めての展示会を行う日髙殊恵さん(左)と夫の鉄平さん(上町で) 江戸の文化に触れてみませんか-宇部市上町1丁目の日髙殊恵さん(40)が収集した浮世絵の初展示会が、9月6日から4日間、文化会館で開かれる。浮世絵は、江戸時代に庶民に広く普及した美術品。10月末に開かれる大相撲宇部場所にちなんだ相撲絵など、約100枚を展示する。

 続きを読む…

覚せい剤使用、女子高校生逮捕

 宇部署は28日、宇部市内の女子高校生(16)を覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕した。

 続きを読む…

山陽LC、JR厚狭駅前に献眼モニュメント

献眼碑の横に建立された献眼モニュメント(JR厚狭駅前で) 山陽ライオンズクラブ(村口達美会長、33人)は、認証50周年記念事業として、JR厚狭駅前にある「献眼をたたえる碑」の横に電波時計付きの献眼モニュメントを設置。9月2日午前10時から現地で除幕式を行う。

 続きを読む…

2012年8月28日

うべ元気ブランド新たに5事業者6品

記念写真に納まる認証事業者ら(ときわレストハウスで) 第3回うべ元気ブランドの認証書授与式は27日、宇部市のときわレストハウスであり、5事業者の6品が宇部のブランド力を高める認証製品の仲間入りを果たした。

 続きを読む…

台風15号、強風警戒 今後は雨、落雷

係留された漁船で埋まった岸壁(28日午前10時すぎ、宇部岬漁港で) 大型で強い台風15号が黄海を北上したことに伴い、宇部市内は27日夜から強い風が吹いた。山口宇部空港では28日午前4時5分に最大瞬間風速20・1㍍を記録した(アメダス調べ)。

 続きを読む…

山陽小野田市、新市民病院建設業者決まる

 山陽小野田市議会の民生福祉常任委員会(大井淳一朗委員長、7人)は28日開かれ、病院局から新市民病院の建設工事について入札結果の報告があった。3社による入札の結果、清水建設広島支店が落札したことが明らかとなった。

 続きを読む…

2012年8月27日

山大付属病院に県内初、内視鏡手術支援ロボット導入

医師の操作でミカンの皮をむくダビンチのアーム(山大医学部付属病院で) 山口大医学部付属病院(岡正朗病院長)は県内で初めて、内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」を導入し、26日、報道関係者に公開した。医師が遠隔操作で、患部を3次元モニターで見ながら、アームの先端のメスなどを使って切除や縫合を行う。人間では難しい細かい動きが可能で、安全で正確な手術ができる。傷口が小さく患者の負担も軽くなると期待される。9月から前立腺がんの手術で本格使用する。

 続きを読む…

宇治市に職員2人派遣、13日の豪雨で多大な被害

出発前に激励を受ける派遣職員(27日午前10時、市役所で) 京都府南部地域を襲った豪雨災害を受けて、宇部市は29日から31日までの3日間、職員2人を宇治市に派遣する。昨年11月に結んだ災害時相互応援協定に基づくもので、27日には出発式が行われ、久保田后子市長が職員を激励した。

 続きを読む…

山陽小野田市、現代ガラス展閉幕

来場者に大賞作品の解説をする平尾君(おのだサンパークで) 先月7日からおのだサンパークで開催されていた第5回現代ガラス展in山陽小野田が26日、閉幕した。前回より会期が10日ほど長かったこともあるが、来場者は8000人を超え、前回よりも1000人増えた。「ガラスの町山陽小野田」が定着しつつあることがうかがえる。

 続きを読む…

2012年8月25日

メガソーラ実現、2回目の公募に1社

 宇部テクノパークに取得した用地にメガソーラー(大規模太陽光発電)の誘致を進めていた宇部市は、2回目の公募で1事業者から応募があったことを明らかにした。9月定例市議会に土地貸付料を減額する関連議案を上程し、議決されれば契約を結ぶ。24日に市役所で開かれた市議会産業建設委員会(猶克実委員長)で報告した。

 続きを読む…

市長ら100歳迎える65人祝福

長寿者に贈られる記念品の花を持つ髙重さんと吉村会長(左から、市シルバーふれあいセンターで) 9月は敬老月間。宇部市では3日に、久保田后子市長と市健康福祉部の職員が、今年度中に100歳を迎えるお年寄り65人を訪ねて、長寿を祝う。記念品は手作りのプリザーブドフラワー。特殊な溶液に漬けて枯れないよう加工されており、湿気と直射日光を避ければ2、3年は持つ。

 続きを読む…

周防灘台風災害経験を後世に

当時の潮位を知ることができる風水害救援感謝碑(中川2丁目の市シルバー人材センターで) 県西部の沿岸に甚大な被害をもたらした周防灘台風から、もうすぐ70年を迎える。高潮によって、家族や友人、そして住む家を一夜にして奪われた。災害を経験した市民にとっては忘れ得ない記憶だ。被災者の証言や手記には、今後の自然災害への備えに対する警鐘が込められている。

 続きを読む…

2012年8月24日

元気な宇部の源に、中小企業振興審が初会合

辞令を受ける委員(男女共同参画センターで) 宇部市中小企業振興審議会(15人)は23日、男女共同参画センターで初めて開かれ、市経済の発展、市民生活の向上に欠かせない中小企業の支援策について活発に意見を交換した。会長に堤宏守さん(山口大)、副会長に前村きみこさん(前村電気工事)を選んだ。

 続きを読む…

慶進女子バスケ国体へ

単独チームでの国体出場を決めた慶進の選手(慶進高で) 慶進高女子バスケットボール部が単独で構成する県選抜チームが、国体中国ブロック予選で優勝し、今秋の岐阜国体への出場を決めた。少年女子の単独校での出場は記録の残る1982(昭和57)年以降、例がなく、全国的にもまれなケース。全国総体で4強を逃した悔しさをばねに、国体という舞台で全国制覇を目指す。

 続きを読む…

親子18組が産業観光バスツアー

リサイクルのため持ち込まれた食品を見る子供ら(宇部テクノパークのきららエコフィードで) 宇部観光コンベンション協会(大林哲夫会長)主催の第4回産業観光夏休み親子体験バスツアーは23日、宇部興産や常盤公園などを訪問するコースで行われた。市内の小学生とその保護者18組36人が、企業見学などを通じて、宇部発展の礎となった先人たちや産業の歴史のほか、市内での環境問題への取り組みなどを学んだ。

 続きを読む…

2012年8月23日

宇部東北支援を考える会(仮称)設立へ

 東日本大震災の被災地復興を支援し、県内に避難してきた家族や東北地方にゆかりのある人が交流しようと、「宇部東北支援を考える会(仮称)」を立ち上げる動きが出ている。9月2日午後1時半から旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)で集いを開催。8月に岩手県を訪れたボランティア2人からの報告もある。参加は無料。

 続きを読む…

市が"命のバトン"配布

9月から配布される救急医療情報キット 宇部市は、高齢者や障害者、健康上不安がある人が安心安全に日常生活を送れるよう、緊急時に必要な情報を保管するための救急医療情報キットを購入し、9月3日から対象者に配布する。

 続きを読む…

山陽小野田市、市民まつり 開催場所変更

地図 10月28日に実施される山陽小野田市民まつりの開催場所が、これまでの市役所周辺から市民館周辺に変更される。2009年に復活した「まつりパレード」は、おのだサンパークから市民館前までの約900㍍に変わり、より盛大に行われる。

 続きを読む…

2012年8月22日

山本新知事、初登庁

出迎えの中を初登庁する山本新知事(22日午前10時すぎ、県庁で) 22日付で就任した山本繁太郎知事(63)は同日、県庁に初登庁した。午前11時からの就任式で幹部職員を前に「選挙戦の後半から体調を崩し、体調不良のため9月7日まで治療に専念したい」と明らかにした。「一番大切なスタートに不徳の致すところ。復帰後はフルパワーで働き、県民の負託に応えていきたい」と話した。〝山本丸〟の船出は半月遅れになる。

 続きを読む…

磯崎投手、女子野球W3連覇に貢献

 桃山中出身で尚美学園大(埼玉県)女子硬式野球部で投手として活躍する磯崎由加里選手(21)が、日本代表として出場した第5回女子野球ワールドカップ(W杯)で大会史上初の3連覇に貢献した。準決勝と決勝で連続完投するなどの大活躍で、大会最優秀選手にも選ばれた。

 続きを読む…

山陽小野田市、敬老お祝いセールの協力店増加

 「敬老の日」(9月第3月曜日)にちなみ、市内では75歳以上の高齢者や家族が、協力店でそれぞれのサービスを受けられる「敬老お祝いセール」が展開される。協力店の数は昨年の38店舗から、今年は58店舗にまで増加。地元消費の促進につながる面もあるが、参加している協力店の多くは社会貢献の一環として捉えているようだ。

 続きを読む…

2012年8月21日

市再使用事業 回収2カ月、子供服や絵本「全てきれいに」

回収された子供服をサイズごとに仕分けする職員(リサイクルプラザで) 宇部市が6月から始めた子供服と絵本のリユース(再使用)事業。福祉会館や市役所に回収箱を設置したところ、協力の輪が大きく広がり、2カ月間で2000枚を超える服と約1000冊の絵本が集まった。「次に手にする子供たちのことを考え、きれいな状態のものばかり」と担当職員も感心。第1弾として9月2日の子育て文化創造フェスタの中で、希望者100人に無料で渡す。

 続きを読む…

甲子園で旋風宇部鴻城ナイン帰郷

保護者らにあいさつする西野主将(宇部鴻城高で) 第94回全国高校野球選手権大会での熱戦を終えた宇部鴻城ナインが20日、帰郷した。学校では居残りの部員や選手の保護者らが出迎え、大きな拍手で3回戦まで勝ち進んだ選手たちの健闘をたたえた。

 続きを読む…

山陽小野田、市内農業施設とホテルが初のコラボ

子ヤギに餌を与える児童(花の海で) 農業体験とホテルでの宿泊を組み合わせた交流企画「夏たっぷり体感合宿」が20、21の両日、埴生の「花の海」などであり、小学生とその保護者22人が、福岡県北九州市や萩市、長門市、下関市など、各地から参加した。

 続きを読む…

2012年8月20日

宇部鴻城、3回戦激闘の夏 さわやかに終止符

試合終了後、アルプスにあいさつをする宇部鴻城ナイン(阪神甲子園球場で) 宇部鴻城3回戦で散る─第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)11日目の19日、宇部鴻城は第4試合で山梨代表の東海大甲府と3回戦を戦い、2-3で惜しくも敗退した。山口大会の開幕から36日目。ナインの長い夏は幕を閉じた。20日の午後に帰郷する。

 続きを読む…

万引き防止、市キャラバン隊が呼び掛け

決意表明するキャラバン隊員(20日午前9時10分、市役所前で) 宇部市の青少年万引き防止キャラバン隊が20日、市内の商業施設や宇部商工会議所を回り、万引きを「しない、させない」という環境づくりのためポスターやステッカーを配布し、店舗や大人の防犯、防止、青少年の規範意識など、それぞれ意識の高揚を図った。

 続きを読む…

山陽小野田、夏休み 地域交流や学習会

トランプを使って自己紹介する児童(市青年の家体育館で) 夏休みはラストスパート。子供たちは連日の猛暑にも負けず、地域の交流行事や学習会などに参加して、思い出づくりに励んでいる。

 続きを読む…

2012年8月18日

神原自主防災会、災害に備え「井戸」新設

通水を確認する関係者(神原ふれあいセンターで) 宇部市神原校区の自主防災会(福田幸三会長)は17日、神原ふれあいセンターの駐車場入り口に防災用打ち抜き井戸を新設した。災害時の生活用水の確保に備えるとともに、打ち水、花壇用のかん水などに役立てる。

 続きを読む…

宇部鴻城、東海大甲府戦に向け気持ち引き締め

東海大甲府の試合の録画を見て研究する宇部鴻城ナイン(18日午前10時半、西宮市の宿舎で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連主催)で二つ目の勝ち星を挙げた宇部鴻城は、あす19日の第4試合(午後3時半開始予定)で山梨代表の東海大甲府とベスト8を懸けて戦う。18日は午前10時半から西宮市の宿舎でミーティングを開き、本格派右腕をどう攻略するか話し合った。

 続きを読む…

随光川で「親と子の水辺の教室」

石の裏に付いた水生生物を採取する親子(第二随光橋下の川で) 山陽小野田市主催の「親と子の水辺の教室」は17日、厚狭川支流の随光川と文化会館で開かれた。12組30人の親子が参加。川に入って水生生物を採取し、その種類や数で水の汚れ具合を調べた。

 続きを読む…

2012年8月17日

100プロジェクト、市に海抜表示シート7枚

本庁の表示シートを手渡す光井理事長、金子海抜表示委員長、防災ネットの三浦理事長(左から、市役所で) 津波災害対策のため、宇部市の公共施設や避難所への海抜表示シートの設置を進めるNPO法人うべ未来100プロジェクト(光井一彦理事長)は16日、市役所本庁舎と港町庁舎用のシート7枚を市に寄贈した。

 続きを読む…

宇部鴻城、猛打爆発 16強入り

2回表、西野の犠飛で先制のホームを踏む大野(17日午前10時57分、阪神甲子園球場で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)は第9日の17日、宇部鴻城が午前10時45分からの第2試合で佐世保実(長崎)と対戦。初戦のサヨナラ勝ちで甲子園初勝利を収めた宇部鴻城は、春夏通算5回目の相手に自慢の攻撃力を見せ、12―7で快勝した。

 続きを読む…

山陽小野田市、消費生活相談も高齢化

相談件数グラフ 年々複雑・多様化する消費者問題に対応するため、市生活安全課内に消費生活センターが設置されて1年余り。昨年度寄せられた苦情、問い合わせ、要望などの相談件数は320件に達し、市民の暮らしの安心を下支えする相談窓口として、認識が浸透してきている。

 続きを読む…

2012年8月16日

宇部鴻城、あす2回戦

佐世保実戦に備えて素振りをする選手たち(西宮市の宿舎で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)で初出場初勝利を収めた宇部鴻城は、あす17日の第2試合(午前10時半開始予定)で佐世保実(長崎)と2回戦を戦う。県大会から接戦を演じてきたチーム同士の戦い。選手たちは、宿舎でもランニングや素振りなどをして、最終調整に余念が無い。

 続きを読む…

西岐波小卒業生タイムカプセル開封

クラスごとの寄せ書きを手にする同窓生(西岐波ふれあいセンターで) 西岐波小を2005年3月に卒業した同窓生が15日、校庭の一角に埋めていたタイムカプセルを掘り起こした。カプセルの中からは7年後の自分に宛てた手紙やクラスの文集などが出てきて、集まった同窓生が懐かしんだり小学校時代の思い出に浸ったりしていた。

 続きを読む…

本山岬に大量の漂着ごみ

漂着した大量の流木(本山岬で) 奇岩の景勝地として知られる本山岬に、流木など大量の漂着物が堆積している。地域のボランティアが清掃を続けているが、全く手に負えない状況。市は撤去方法を検討している。

 続きを読む…

2012年8月15日

17日から「日中友好交流都市中学生卓球交歓大会」

訪中前に久保田市長を表敬訪問した坂本教諭、田中、山本両選手(左から、市役所で) 日中国交正常化40周年を記念して、17日から中国北京市で開かれる「日中友好交流都市中学生卓球交歓大会」に、宇部市代表として田中佳浩選手(小野3年)と山本真帆選手(楠3年)、坂本敏昭監督(小野中教諭)が出場する。出発を前に14日、久保田后子市長を表敬訪問した。

 続きを読む…

きょう67回目の夏、終戦記念日

市街地を見下ろす屋上に半旗を掲げる職員(15日午前9時すぎ、市役所で) きょう15日は67回目の終戦記念日。出征兵士たちは家族や恋人、古里を思いながら世界各地の戦場で散り、国土も焦土と化して子供を含む一般国民が多数亡くなった。日中戦争と第2次大戦の犠牲者は、約310万人に上るとされる。

 続きを読む…

11月4日、山陽小野田観光検定20日から申し込み開始

 市内観光にスポットを当てた初の山陽小野田観光検定が、11月4日午前10時から市商工センターで実施されることが決まった。市の魅力を再発見し、愛着心を深めてもらおうと、山陽小野田観光協会(岩佐謙三会長)が主催。20日から申し込みを受け付ける。

 続きを読む…

2012年8月14日

19日から旧宇部銀行館で「UBE ART of ENERGY」

artenergy.jpg 第1回「UBE ART of ENERGY(ウベ・アート・オブ・エナジー)」は、19日から旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)を会場に開かれる。「エネルギー」をテーマに創作する国内外の現代アート作家たちは、作品の仕上げに余念がない。同実行委員会(河野哲男委員長)主催。

 続きを読む…

高校野球、雨のため順延

koujourennshuu.jpg 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)の第7日は14日、阪神甲子園球場で2回戦4試合が予定されていたが、雨のため順延となった。宇部鴻城-佐世保実(長崎)の試合も、17日の第2試合(午前10時半開始予定)に変更となった。

 続きを読む…

現代ガラス展 入場者が5000人突破

onodagalass.jpg 第5回現代ガラス展in山陽小野田の入場者が13日、5000人の大台を突破した。節目の入場者となった神奈川県横浜市の金築祐さん(43)一家には、実行委員会の末廣裕幸委員長から認定書と記念品が贈呈された。

 続きを読む…

2012年8月13日

市体協「うちゅういち決定戦」、紅野親子が初代王者

「飛んで進んで二人三脚」で奮戦する親子(市野球場で) 宇部市体育協会(伊藤隆司会長)のスポーツ親子ナンバーワンを決めるイベント「うちゅういち決定戦」は11日、市野球場「ユーピーアールスタジアム」で開かれた。32組が協力して8種目に挑戦し、紅野覚さん(36)=西岐波ハーモニーヒルズ=と長男の光風君(川上小5年)が初代王者となった。

 続きを読む…

宇部鴻城劇的サヨナラ、夢舞台初勝利

サヨナラのホームインをし、ベンチから飛び出したチームメートとハイタッチする樋ノ口選手(阪神甲子園球場で) 劇的なサヨナラ勝ちで甲子園初勝利を収めた宇部鴻城ナインは13日から、16日の2回戦に向けて本格的な練習を再開した。次戦の相手は長崎代表の佐世保実で、初戦と同じく主戦投手は左腕。午前11時から大阪市住之江区の南港中央球場で、打撃練習などを行った。

 続きを読む…

山陽小野田市3自治会主導で交通安全対策

該当区間の路肩に引かれた外側線。待避ができるスペースには駐車禁止の文字も カーブミラーの設置など、市道や生活道の交通安全対策は行政の役割だ。行政も限られた予算の中で素早い対応を行っているが、全てがすぐに対応できるわけではないのが現状。そんな中、行政任せにせず、地域内の交通安全を守るために対策案を具体的に考え、実行に移した自治会がある。

 続きを読む…

2012年8月11日

ルネサス合理化、月内に再就職説明会

あいさつする阿部工場長(市役所で) 宇部市東万倉にあるルネサスエレクトロニクス山口工場の売却・閉鎖に伴う雇用問題を話し合うため、国と県、関係市による雇用対策連携会議が10日、宇部市役所で開かれた。ルネサス本社が全体で5000人超の希望退職を発表し、同工場でも多くの離職者が出る可能性があるため、今月下旬には関係機関が連携し、再就職支援などに関する説明会を開くことを申し合わせた。

 続きを読む…

「辻井伸行日本ツアー」山口公演のチケット即完売

整理券を受け取る人々(11日午前9時半、宇部井筒屋で) 宇部日報創刊100周年記念、ピアニスト「辻井伸行日本ツアー」山口公演のチケットが11日、宇部市内外のプレイガイドで発売開始され、即完売した。

 続きを読む…

給食センター計画案で市民懇談会

質疑に先立ち、あいさつする尾山議長(市立中央図書館で) 山陽小野田市市議会基本条例に基づく初の市民懇談会が10日、市立中央図書館であり、市教育委員会が基本計画案を示している学校給食共同調理場(給食センター)について、市民グループ・子どもたちの学校給食を考える会(長谷川正和代表)の代表10人と意見を交わした。尾山信義市議会議長、伊藤実総務文教常任委員長をはじめ、23人中18人の議員と事務局職員2人が出席した。

 続きを読む…

2012年8月10日

子育て世代の共働き急増

 宇部市内の認可保育所の3歳未満児は、3年前と比べて約300人増加。延長保育の利用者も大幅に伸び、市次世代育成支援行動計画「子育てプラン・うべ」で設定した、2014年度の目標事業量を既に超えた。市次世代育成支援対策推進協議会(百衣万里子会長、15人)の今年度最初の会合が9日、福祉会館であり、事務局がプランの進捗(しんちょく)状況を説明。子育て世代の共働きが、予想を上回るペースで増えていることを裏付けた。市では子育て支援のニーズを把握するため、中学生以下の子供を持つ保護者1300人を対象にアンケートに取り組む。

 続きを読む…

10月21日「辻井伸行宇部公演」あすから前売り

 宇部日報社創刊100周年記念、奇跡のピアニスト「辻井伸行日本ツアー」山口公演のチケットは、11日から宇部市内外のプレイガイドで発売される。チケットぴあを除く店舗では、開店前または開店時に整理券を配布予定。全席指定で1人2枚まで購入できる。

 続きを読む…

小野田・楠企業団地、26日 誘致フォーラム

企業誘致フォーラムの案内 小野田・楠企業団地の完売に向けて「企業誘致フォーラム」が、26日午後3時から市民館文化ホールで開かれる。市議会が昨年6月に設置した「おいでませ山陽小野田企業誘致特別委員会」(江本郁夫委員長、7人)を中心に、市や小野田・山陽の両商工会議所など10団体で実行委員会を組織。企業関係者や市民に広くアピールする機会として企画した。

 続きを読む…

2012年8月 9日

県キャンポリー、近県スカウト300人交流

テントの設営に励むスカウトたち(阿知須きらら浜で) 日本ボーイスカウト県連盟(友田宏幸コミッショナー)の県キャンポリーが8日、山口市阿知須きらら浜で始まった。来夏の第16回日本ジャンボリーに向けた取り組みで、県内をはじめ、近県の青少年ら約300人が、12日までキャンプや多彩なプログラムを通して交流を図る。

 続きを読む…

甲子園で熱戦見学、打球の跳ね方を確認

試合を観戦し、球場の特徴を確かめる宇部鴻城の選手たち(9日午前9時ごろ、阪神甲子園球場で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)に初出場している宇部鴻城。初戦まであと2日に迫った9日、主力選手が第1試合の佐久長聖(長野)─作新学院(栃木)を阪神甲子園球場で観戦し、球場の雰囲気や特徴を頭にたたき込んだ。

 続きを読む…

富士自動車、ガソリン車をEVに

完成した改造電気自動車(富士自動車整備で) 富士自動車整備(赤崎1丁目)は、山口県西部では初めてとなる、ガソリン車を電気自動車(EV)に改造するプロジェクトを今年5月からスタートさせており、このほど試作車第1号が完成した。今後、運輸局に申請し、9月までには公道を走れるようナンバーを取得したいとしている。

 続きを読む…

2012年8月 8日

甲子園開会式、初戦へ闘志新た

足並みをそろえて入場行進する宇部鴻城ナイン(8日午前9時10分ごろ、阪神甲子園球場で) 熱戦ついに開幕―第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)の開会式は、8日午前9時から阪神甲子園球場で行われた。14番目に入場行進した宇部鴻城ナインは、大観衆の大きな拍手に迎えられて堂々と歩き、全国の高校野球ファンに初めて勇姿を披露した。

 続きを読む…

楠こもれびの郷コンテスト、猛暑鎮め、竹灯籠 幻想

夏の夜を光で彩る竹灯籠(楠こもれびの郷で) 宇部市西万倉の楠こもれびの郷に竹灯籠12基が設置され、夜になると光がともされ幻想的な雰囲気を醸し出している。11日まで。

 続きを読む…

「おのだ七夕花火」レーザーと共演、華やか

観客を魅了したトリプルレーザーによる花火ショー 第6回「おのだ七夕花火」は7日、小野田運動広場と市サッカー場を観覧会場に開かれた。約3000発の打ち上げ花火とトリプルレーザーによる花火ショー、声楽家の秋本真紀さんによるコラボショーが夏の夜を彩った。七夕飾りコンテスト、ラッキーカード抽選会、飲食バザーなどもあり、家族連れや、浴衣姿のカップル約6万5000人(主催者発表)を楽しませた。小野田商工会議所主催、同青年部と同女性会主管、山陽小野田観光協会共催、市、市建設業協会、小野田青年会議所後援、サビエル高、小野田レオクラブ協力。

 続きを読む…

2012年8月 7日

海岸に数万匹の死骸、赤潮か

波打ち際に打ち上げられた大量のフグ(7日午前9時半すぎ、東岐波で) 宇部市東岐波、西岐波の海岸に数万匹の魚の死骸が打ち上げられた。海中に有害プランクトンが大量発生する赤潮の影響とみられ、県は宇部、山口、防府の3市に赤潮警報を発令し、関係漁協に被害への警戒を呼び掛けている。

 続きを読む…

甲子園、宇部鴻城リハーサルでも表情きりり

他校と一緒にセンターからホームに向けて行進する宇部鴻城ナイン(7日午前9時25分、阪神甲子園球場で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)の開会式のリハーサルが、7日午前9時から阪神甲子園球場で行われた。49代表校がユニホーム姿で一堂に集ったのは初めて。宇部鴻城ナインもきりりとした表情で、あすの本番に備えて堂々と入場行進した。

 続きを読む…

ふるさとを考える会、議員定数削減の署名活動

 市民グループ「ふるさとを考える会」(河村芳高代表、1300人)は、市議会議員定数の削減に向けて、直接請求の署名活動を開始した。手続きが完了次第、現行定数24人を20人とする条例改正を本請求する方針。

 続きを読む…

2012年8月 6日

宇部鴻城、初戦は強打の富山工

健闘を誓って富山工の荒城主将(右)と握手を交わす西野主将(大阪国際会議場で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)の組み合わせ抽選会が5日、大阪市の大阪国際会議場で開かれ、宇部鴻城は大会4日目第3試合(11日午後1時開始予定)の1回戦で、富山工(富山)と対決することが決まった。相手のエースは、県大会で1試合しか対戦がなかった左腕。早速6日の練習から、左投手対策の打撃練習を開始した。

 続きを読む…

市子連球技大会、ソフト厚南、フット西宇部、ドッジ川上がV

ドッジ優勝の川上、フット優勝の西宇部、ドッジ優勝の川上(上から) 第48回宇部市子ども会球技大会2日目の5日、東部体育広場で各部門の決勝などがあり、ソフトボールは厚南、フットベースボールは西宇部、ドッジボールは川上が優勝した。市子ども会育成連絡協議会(松橋美恵子会長)主催。

 続きを読む…

「花の海」15万本のヒマワリ開店

夏の日差しを浴びて咲き誇る一面のヒマワリ(花の海で) ヒマワリの季節を迎えたが、埴生の「花の海」にあるヒマワリ畑は約15万本の花が2・5㌶の干拓地一面に咲き誇る中四国地方でも最大規模。無料で開放され、県内外から多くの人が訪れている。

 続きを読む…

「花の海」15万本のヒマワリ開店

 ヒマワリの季節を迎えたが、埴生の「花の海」にあるヒマワリ畑は約15万本の花が2・5㌶の干拓地一面に咲き誇る中四国地方でも最大規模。無料で開放され、県内外から多くの人が訪れている。

 続きを読む…

2012年8月 4日

宇部鴻城、夢舞台へ向け調整開始

打撃練習で汗を流す選手(4日午前11時15分ごろ、鳴尾浜臨海公園野球場で) 第94回全国高校野球選手権(日本高野連など主催)に初出場する宇部鴻城は4日午前11時から、兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で関西での初練習を行った。打撃に約1時間半汗を流し、午後3時からの甲子園練習に備え、憧れの地へ向かった。

 続きを読む…

宇部一へ全力、子ども会球技大会開幕

ドッジボールの熱戦(4日午前10時半、東部体育広場で) 第48回宇部市子ども会球技大会が4日、東部体育広場で始まった。ソフトボール、フットベースボール、ドッジボールの3部門に各校区の予選を勝ち抜いた56チーム約800人の選手が出場し、5日まで栄冠を目指して熱戦を繰り広げる。

 続きを読む…

通学路の安全確保へ初の合同会議

地図を広げ、資料と見比べながら、危険箇所の判定をする出席者(市役所で) 山陽小野田市教育委員会は3日、市役所で「通学路の安全確保に係る合同会議」を初めて開催した。市内の18小・中学校、松原分校、埴生幼稚園の代表、道路管理者、警察から30人が出席し、各校が抽出した危険箇所について、危険度や合同点検の必要性を改めて判定。必要箇所については24日までに合同点検し、具体的対応策を練ることを決めた。

 続きを読む…

2012年8月 3日

ルネサス合理化、山口工場「後工程」閉鎖へ

雇用対策などを協議する久保田市長と幹部職員(3日午前10時50分、市役所で) 業績が悪化している半導体大手のルネサスエレクトロニクスは2日、経営再建に向け、山口工場(宇部市東万倉)の半導体製品の組み立てを行う「後工程」ラインを来年度下期に閉鎖すると発表した。同工場内にある半導体回路を製造する「前工程」ラインも1年以内の売却を目指す方針で、地元行政・経済界では、離職者、取引先企業対策は急務。市は3日午前、同工場の合理化等に係る対策協議会を早速開催し、今後の対応を検討した。

 続きを読む…

宇部鴻城、甲子園へ出発 後援会発足

選手の支援に協力を求める塔野会長(市野球場で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)に初出場する宇部鴻城ナインは3日、午後0時半からハミングロード新天町で行われた宇部市主催の壮行式に出席した。JR宇部駅から電車と新幹線を乗り継ぎ、夕方には関西入りする。

 続きを読む…

美祢市の城原小が本山で体験学習

嶋田さんの説明を聞く城原小の児童(竜王山で) 美祢市の城原小(田中博文校長)の児童16人が2日から2泊3日の日程で、本山地区を訪れており、竜王山や焼野海岸でのフィールドワークで自然に触れながら、本山の魅力を満喫している。

 続きを読む…

2012年8月 2日

宇部鴻城野球部の校内壮行式、全校生徒がパワー送る

応援団のエールを受けるナイン(2日午前9時43分、宇部鴻城高で) 第94回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟など主催)に出場する宇部鴻城野球部の壮行式が、2日午前9時半から同校(戸倉昇校長、519人)で行われた。全校生徒からエールを送られたナインは、気持ちを新たに甲子園での必勝を誓った。

 続きを読む…

ニ市研修派遣の壮行会、中学生8人が抱負

滞在中の抱負を語る派遣生(市役所で) 夏休みを利用して、宇部市の姉妹都市、豪州ニューカッスル市を訪れる中学生研修派遣の壮行会は1日、市役所で行われた。事前研修を終えた8人の生徒たちが異文化に親しみ、多くのことを学ぶという決意をそれぞれ発表した。7日に出発し、16日に帰国する。

 続きを読む…

厚狭図書館、小学生4人が「一日図書館員」

山根館長から辞令を受け取る4人(厚狭図書館で) 厚狭図書館(山根裕幸館長)で7月31日、小学生4人が「一日図書館員」となり、カウンター業務や本棚の整理などを体験した。

 続きを読む…

2012年8月 1日

サポート事業活用第1号、下棯小野自治会に市感謝状

サポート事業第1号を記念して写真に納まる関係者(棯小野公民館で) 宇部市は31日、「わたしたちの道づくりサポート事業」の活用第1号として、地域に根付いた道路整備を行った下棯小野自治会(田中要松会長)に感謝状を贈呈した。

 続きを読む…

香川学園、新理事長に神谷教授

 香川学園はこのほど理事会を開き、新理事長に、神谷晃・宇部フロンティア大教授(65)を選任した。また同大の新学長に左利厚生・同大人間健康学部長(74)を選んだ。任期は7月7日から4年間。

 続きを読む…

埴生公民館、夏休み手話教室

手話を習う子供たち(埴生公民館で) 手話サークルすみれの会(冨村成子会長、18人)、埴生公民館(筑紫謙治館長)主催の夏休み手話教室は31日、同公民館であり、親子20人が手の動きや表情、頭の動きなどにより、表現する手話技術の基本を習った。

 続きを読む…