2012年6月30日

西岐波団地に木造住宅、3年計画 12棟24戸整備

入居が始まる西岐波団地の木造住宅(現地で) 宇部市は2006年度から年次的に進めている市営西岐波団地の建て替え事業で、木造住宅を整備している。鉄筋コンクリートの団地が立ち並ぶ一角に、木のぬくもりや質感あふれる棟が広がっている。7月1日の入居開始を前に、入居者らを対象にした内覧会が29日、現地で行われた。

 続きを読む…

平原八幡宮 茅の輪くぐり夏越祭

健康を願って茅の輪をくぐる参拝者たち(30日午前11時40分ごろ、平原八幡宮で) 宇部市際波迫条の平原八幡宮(百済忠登宮司)で30日午前11時から、大祓式(おおはらえしき)と夏越祭(なごしさい)があり、総代や氏子ら参拝者60人が茅(ち)の輪をくぐって、無病息災を祈願した。

 続きを読む…

小野田・厚狭郡女性医師の会発足

会の設立趣旨を説明する西岡会長(ナチュラルグリーンパークホテルで) 小野田・厚狭郡医師会女性医師の会の設立総会は29日、ナチュラルグリーンパークホテルで開かれ、女医19人が出席し、女性が生涯医師として働くための環境づくりに寄与していくことを誓った。

 続きを読む…

2012年6月29日

金折教授(山大大学院理工学研究科)が古文書解読

県内の被害状況が記された古文書(金折教授がまとめた報告書より) 山口大大学院理工学研究科の金折裕司教授は、明治維新の前後に発生した二つの大地震の県内での被害状況を古文書から読み解いた。それによると瀬戸内海沿岸で約2㍍の津波、宇部市内でも厚南地域などで液状化があったことが判明。近い将来、「南海トラフ巨大地震」が懸念される中、金折教授は「160年前の教訓を生かし、これまで県内では無縁とされていた津波や液状化を想定した対策を考えるべき」と話す。

 続きを読む…

常盤公園 コイ、浅瀬でピンチ

魚の死骸が浮かぶ湿地帯(常盤公園で) 常盤公園北側の湿地帯に取り残されたコイなどの魚が命の危機にひんしている。大雨による常盤湖の水位の上昇で流され、水位が低くなるにつれて水面に浮かぶ死骸が増えている。浅瀬で苦しむ生き残った魚を見た人から「かわいそう。早く助けてあげて」と声が聞こえてきた。

 続きを読む…

小・中学生3人に市青少年善行賞

表彰状を手にする晴輝君、右京君、千尋さん(左から、市役所で) 踏切内で困っていた高齢の女性を、小・中学生3人がとっさの機転で助けていたことが分かり、山陽小野田市教育委員会は28日、この3人に市青少年善行賞を贈り、勇気と思いやりの心をたたえた。

 続きを読む…

2012年6月28日

未来100プロ、避難所などに海抜シート

表示するシートのデザイン案 NPO法人・うべ未来100プロジェクト(光井一彦理事長)は、市民に津波の危険と安全対策への認識を深めてもらおうと「海抜表示事業」に取り組む。各校区のふれあいセンターなどに、その地点の海抜を記したシートを掲示して、いざという時の避難の目印にする試みで、同プロジェクトでは企業・団体からの協賛金を募っている。

 続きを読む…

東岐波小「郷土の川きれいに」使い捨てカイロで水質浄化

使い捨てカイロの中身を不織布の袋に詰め替える子供たち(東岐波小で) 郷土の川をきれいにしようと東岐波小(中邑至道校長)の4年生122人が27日、使い捨てカイロから水質浄化装置を作った。装置は2学期に五反田川と植松川に取り付ける。

 続きを読む…

西部石油、創立50周年で市に500万円寄付

贈呈式に臨む中島部長、栗田社長、白井市長、江沢教育長(左から、市役所で) 西部石油(栗田和起社長、東京都千代田区)は27日、同社の創立50周年の記念事業の一環として、山陽小野田市に500万円を寄付した。

 続きを読む…

2012年6月27日

市選管に投票用紙、選挙ムード高まる

投票用紙が入った段ボール箱を積み込む職員(市役所前で) 県知事選で使用する投票用紙が26日、宇部市役所に届いた。同日、山口市で製作作業が行われた後、宇部市選挙管理委員会など県内各地に輸送された。

 続きを読む…

宇部市、11年度行革節減効果10億6182万円

 宇部市は、行財政改革加速化プランの2011年度実績を公表した。厳しい財政状況の中、事務事業の見直し、定員管理の適正化、給与カットなどに取り組み、5億6979万円の当初見込み額を大幅に上回る10億6182万円の節減効果を達成した。

 続きを読む…

山陽小野田、国保08年以降初の減少

 山陽小野田市の今年度の国民健康保険料は1人平均11万4739円(前年度比947円減)となり、後期高齢者医療制度の創設で後期高齢者支援分が新設された2008年度以降、初めて保険料が前年度を下回った。激変緩和のための基金が底を突き、一般会計から国保特別会計への繰り入れは続いているが、高齢化の進行に伴って年々増大してきた医療費の伸びが鈍化。どうにか一息つける状況になった。

 続きを読む…

2012年6月26日

市が「はつらつポイント制度」

 宇部市は、介護支援ボランティアや健康づくり・介護予防などに取り組んだ一定年齢の市民に対して、活動に応じたポイントを付与し、交付金(年間上限5000円)を支給する「はつらつポイント制度」を創設する。一人一人の健康の維持・増進、介護予防、地域貢献や社会参加の意欲増進など活力ある地域社会づくりにつなげるのが目的。7月2日から登録者、ポイント付与施設を募集する。

 続きを読む…

運転経歴証明、交付申請増加

運転免許証そっくりな運転経歴証明書 運転免許証に代わる身分証明書に運転経歴証明書が注目されている。見掛けは免許証そっくりで、4月から有効期限が無期限になった。県警交通企画課は、証明書の提示でタクシー料金などの割引の適用拡大により、高齢者の免許返納の促進を期待している。

 続きを読む…

山陽消防署の概要決まる

新山陽消防署の平面図 2012年度中に移転新築される山陽消防署の概要が25日、山陽小野田市議会の総務文教常任委員会(伊藤実委員長、7人)に付託された議案「山陽消防署庁舎建築事業(建築主体・付帯工事)請負契約の締結について」の中で明らかとなった。

 続きを読む…

2012年6月25日

「スタインウェイ」復活を、イベントで寄付呼び掛け

新川小にピアノを寄贈した渡辺翁について語り合う真部総括、渡辺裕志さん、堀さん(左から、旧宇部銀行館で) 約90年前に新川小に寄贈され、現在は記念会館にひっそりと展示されている壊れたグランドピアノ-。世界最高峰のメーカー、スタインウェイ・アンド・サンズ社製のこのピアノを宇部のシンボルとして復活させようと、市民に寄付を募るためのイベントが24日、旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)で開かれた。雨の中、40人が集まり、解説とピアノ演奏を堪能。戦火をくぐり抜けて現存するピアノの価値や、世界的な名器を小学校に贈った先人たちの心に思いをはせた。

 続きを読む…

JA職員対象に米づくり塾

先輩の手ほどきを受けながら田植えを体験する参加者(阿知須の中戸さん所有の水田で) JA山口宇部の米づくり塾(塾長・中戸茂盛JA山口宇部常務理事)が24日、スタートし、初日は山口市阿知須塩田の中戸塾長所有の水田で35人が参加して田植えが行われた。

 続きを読む…

防災メール登録件数が増加

防災メールの登録件数の推移 山陽小野田市が運用している防災メールの登録件数が、5月末現在で1963件に達し、6月中に2000件の大台を突破することが確実な見通しとなった。市民の防災意識の高まりを反映したもの。市は今後の登録の増加に備え、配信能力を従来の2200件から2700件に拡充した。

 続きを読む…

2012年6月23日

手話通訳付き紙芝居 好評

聴覚障害者を前に手話通訳者付きで紙芝居を上演する長谷川さん(左、福祉会館で) 宇部手話会(井村幸司会長)の交流会は22日、約50人が参加して福祉会館で開かれ、聴覚障害者が手話通訳者を介して紙芝居を観賞した。上演した「はなしの工房」主宰の長谷川忠さん(77)=西岐波大沢西前=にとって初めての試みで、「皆さんに通じたという感触を得た」と話した。

 続きを読む…

宇部西高生が農場訪問

アスパラガスのビニールハウスを見学する生徒たち(万農塾で) 就農を志す宇部西高(古川博之校長)の2、3年生が22日、近隣の農場などを回り、生産者から話を聞くなどして、農業のやりがいや厳しさを勉強した。

 続きを読む…

有帆小、自治連補助利用し体験学習

西川さんのデモンストレーションを見詰める児童たち(きららガラス未来館で) 有帆小(江中幸夫校長、191人)の4年生27人は22日、きららガラス未来館で、吹きガラスのデモンストレーションを見たり、サンドブラスト体験をしたりして、ガラス文化に触れた。

 続きを読む…

2012年6月22日

厚東「夢太鼓」が中学総合文化祭へ

全国大会の出演が決まり、早朝練習をする生徒たち(厚東中で) 厚東中(濵上由紀子校長、52人)の全校生徒で組織する厚東中夢太鼓が、8月に栃木県である第12回全国中学校総合文化祭に県代表として出場する。今月中旬から大舞台に向けて朝と昼の練習を行っており、二俣瀬校区のたる太鼓、厚東校区の和太鼓を融合した生徒たちの演奏が、全国のステージで躍動する。

 続きを読む…

知事選、飯田さん出馬会見「山口八策」示す

知事選への出馬を表明する飯田さん(22日午前11時すぎ、山口市内のホテルで) インターネット上で知事選(7月12日告示・29日投開票)への立候補の意向を示していた東京都のNPO法人・環境エネルギー政策研究所長、飯田哲也さん(53)は22日午前11時から、山口市小郡のホテルで会見。公式の場で初めて出馬を表明し、「山口をみんなで創(つく)りなおす!山口から日本を創りかえる」を掲げた政策骨子を披露した。

 続きを読む…

富士海運の「翠龍」進水式

ゆっくりと進水する翠龍(八代市の熊本ドックで) 富士商グループの富士海運(藤田敏彦社長、本社山陽小野田市港町)が建造していた油槽船「翠龍(すいりゅう)」(999㌧)の進水式は20日、熊本県八代市の熊本ドック(加藤勝社長)で行われ、藤田社長ら関係者約60人が進水を見守った。7月末までに内装工事を済ませて8月1日から営業運航する予定。同社の新造船は5隻目で、油槽船は3隻目。

 続きを読む…

2012年6月21日

彫刻推進校の黒石中で出前授業

彫刻「みんなの楽しみ」を鑑賞する生徒たち(黒石中で) 宇部市の中学校で初めて市の彫刻教育推進校になった黒石中(向井隆男校長)で20日、ときわミュージアムの学芸員による出前授業が開かれた。生徒たちは、野外彫刻のタイトルからどんな作品かを連想するなどし、作家たちのこだわりや、人と違った自分独自の作品の見方に気付いた。

 続きを読む…

山口宇部弁当、製造業者と農家が初の意見交換

自己紹介する出席者(宇部商工会議所で) 地元産品を活用した「山口宇部弁当」の製造業者と、野菜などを生産している地元農家との初めての意見交換会は20日、宇部商工会議所で開かれた。業者の7人と宇部、山陽小野田の若手農家8人の計15人が率直な意見を述べ合うとともに、連絡先も交換し、弁当の一層の普及、発展に協力していくことを確認した。

 続きを読む…

ゆめタウン小野田オープン

テープカットを行う山西社長(手前右端)ら(ゆめタウン小野田で) おのだサンパークに20日、新しい核テナントとして「ゆめタウン小野田」がオープンし、テープカットや竜王太鼓保存会の演奏、エコバッグプレゼントなどの記念セレモニーがあった。開店時には約900人の市民が詰め掛け、パワーアップした地域の商業拠点の成長を一緒に祝った。

 続きを読む…

2012年6月20日

「食育」の大切さPR

チキンチキンごぼうを試食する来店者(アルク南浜店で) 毎月19日は「食育の日」。宇部市では昨年3月に策定した市食育推進計画で、同日を「TABE UBE(たべうべ)デー」と名付け、写メールコンテストを柱に啓発活動を展開してきた。今年度は6月から10月にかけての各月19日に、地元のスーパー計9カ所で、学校給食の人気メニューの試食(50食)とレシピの配布(100枚程度)を実施。市民に地産地消やバランスの取れた食事を呼び掛ける。初日はアルク南浜店とマックスバリュ恩田店で取り組み、買い物客に好評だった。

 続きを読む…

常盤公園 スイレン、水面彩る

水面を覆う葉の間から美しい花を咲かせるスイレン(常盤公園しょうぶ苑で) 常盤公園のしょうぶ苑ではスイレンが花を付け、来園者が赤や黄、白色の大輪の花に見入っている。

 続きを読む…

通学路を緊急合同点検

 山陽小野田市教育委員会は、学校、道路管理者、警察とともに、通学路の緊急合同点検を行い、対策が必要な通学路の危険箇所を抽出し、緊急性の高い場所から順次、対策を講じていく。6月定例市議会一般質問2日目の19日、今本史郎教育部長が答えた。

 続きを読む…

2012年6月19日

市教委「宇部の精神」、次代へ

 「宇部の精神(こころ)を知る」をテーマに、宇部市教育委員会は夏休みに、小・中学校の先生を対象としたフィールドワークを実施する。先生たちが宇部の企業や史跡などを実際に巡り、歴史や文化に詳しい市民と交流することで、より充実した地域学習へと結び付けることが狙い。白石千代教育長は「宇部の歴史や偉業をきちんと教え、古里のことを自慢げに語れる子供たちを増やしていきたい」と語る。

 続きを読む…

知事選、高邑さん「俺たちの維新」思い示す

知事選に向けて思いを語る高邑さん(県庁で) 山口市出身の民主党衆院議員(比例中国ブロック)で、近く離党・辞職して知事選(7月12日告示・29日投開票)に出馬する高邑勉さん(38)=防府市東三田尻町2丁目=は18日、県庁で会見。「俺(おれ)たちの維新-山口の夜明け」と題して、選挙戦で訴えることにしている「知事候補者としての思い」を披露した。

 続きを読む…

給食センター基本計画案、見直しは市民の意見から

 学校給食共同調理場(給食センター)の整備方針で、山陽小野田市教育委員会が5500食規模を1センターで一括調理して各校に配送するという基本計画案を見直し、新たに共同調理場を2カ所にする方針を打ち出したのは、市民意見公募(パブリックコメント)に多くの反対意見が寄せられたことが大きな理由だったことが18日、分かった。

 続きを読む…

2012年6月18日

西宇部小サブグラウンド住民も協力、芝生植え

協力して芝生の苗をサブグラウンドに植え付ける子供ら(西宇部小で) 西宇部小(國吉純枝校長)で17日、芝生の苗の植え付け作業が行われ、児童や地域住民ら140人が参加して、サブグラウンドにポットで育てた6500株を移植した。順調に育てば2学期開始の9月には、芝生がグラウンド全面を覆う。

 続きを読む…

知事選「脱原発」の飯田さん出馬へ

 NPO法人「環境エネルギー政策研究所」(東京都)所長の飯田哲也さん(53)は17日、7月29日投開票の山口県知事選に出馬すると発表した。22日に県庁で記者会見を開く。

 続きを読む…

あじさいまつり、苗の抽選会に列

長蛇の列ができたアジサイの苗の抽選会(江汐公園管理棟前で) 第16回あじさいまつりは17日、江汐公園で開かれた。梅雨の合間の好天に恵まれ、来場者は管理棟でのバザーや、さまざまな種類が咲き誇るあじさい園での散策を楽しんだ。同まつり実行委員会(井上雄治委員長)主催。山陽小野田市、市緑化推進協議会、市シルバー人材センター共催。

 続きを読む…

2012年6月16日

来賓350人迎え「創刊100周年感謝の会」

古里の発展と元気づくりに向けて万歳する出席者(ANAクラウンプラザホテル宇部で) 宇部日報社(脇和也社長)の創刊100周年を記念する「感謝の会」は15日、宇部市のANAクラウンプラザホテル宇部(旧宇部全日空ホテル)で開かれた。政財界、まちづくりや文化芸術を担ってきた各種団体、報道機関、取引企業の代表ら来賓350人が出席する中、「愛郷至誠」の社是の下、報道を通して古里の発展に尽くすことを誓った。席上、ふるさと起業家支援基金として100万円を市に贈った。

 続きを読む…

常盤公園、貴重な2種 一般公開始まる

愛くるしい姿を見せるエリマキキツネザル(16日午前10時半、常盤公園で) 宇部市の常盤公園動物園ゾーンに新しく仲間入りしたエリマキキツネザルとシシオザルの一般公開が16日から始まった。レッドリストやワシントン条約に指定されている希少種。あいにくの雨でセレモニーは取りやめになったが、愛くるしい姿が人気を呼びそう。

 続きを読む…

市議会議運、定数削減請願は継続審議

多くの傍聴人が詰め掛ける中、議論が交わされた議会運営委員会(市役所で) 山陽小野田市議会議会運営委員会(伊藤武委員長、6人)は15日開かれ、同委員会に付託された議員定数を現在の24人から20人に改めるよう求める請願書について、継続審議とすることを決めた。

 続きを読む…

2012年6月15日

巨大地震想定し訓練

屋根に穴を開けて生き埋めになった人を捜すレスキュー隊員(15日午前10時半ごろ、小野田・楠工業団地で) 県内で災害対応に関わる全ての防災機関は15日午前9時から、巨大地震と津波による大規模災害を想定した図上訓練を県庁で、実働訓練を宇部市と山陽小野田市にまたがる小野田・楠企業団地で合同実施。関係機関の総参加、両訓練の同時展開は今回初めての試みで、時々刻々と被害内容が告げられるブラインド形式の進行により、参加者たちは本番さながらに、相互の連絡・連携体制や現場の対応力を再確認した。

 続きを読む…

常盤駅、ヒガンザクラ再生 着々

サクラの枝に環状剥皮の処理を施す武永さん(JR宇部線常盤駅で) JR宇部線常盤駅に咲くヒガンザクラを再生させようと、樹の生命を大事にする会の武永順次会長が挑戦を続けている。

 続きを読む…

小野田商議所、会頭に藤田さん就任

議員総会であいさつする藤田新会頭(市商工センターで) 小野田商工会議所は14日、市商工センターで通常議員総会を開き、新会頭に会頭代行の藤田敏彦さん(56)=富士商会長=の就任を全会一致で承認した。会頭としては11代目。任期は、4月に亡くなった前会頭の西村重基さんの残任期間の2013年10月末まで。

 続きを読む…

2012年6月14日

戦火くぐり抜けたスタインウェイ、復活を

復活計画が進むピアノの鍵盤部。木がむき出しの鍵盤がある(記念会館で) 約90年前に新川小に寄贈され、長い間存在を忘れ去られていたグランドピアノを復活させようと、宇部市の会社役員らで構成する音楽プロジェクト、咲夢さきどり実行委員会の計画が動き出した。今月からイベントを開いて市民から寄付を募って修理し、記念会館の舞台で再び音色を響かせる予定だ。

 続きを読む…

100周年記念日報杯Gゴルフ、295人はつらつプレー

ティーショットを放つ参加者(14日午前9時15分ごろ、常盤公園スポーツ広場で) 創刊100周年記念第15回宇部日報杯グラウンドゴルフ大会は14日、常盤公園スポーツ広場で開かれた。宇部市を中心に県内から295人が出場し、2ブロックに分かれて、はつらつとプレーを楽しんだ。宇部日報社主催、宇部グラウンドゴルフ協会(山下憲章会長)主管。

 続きを読む…

厚狭地区、16、25日に施設再編説明会

 山陽小野田市が計画している山陽地区公共施設再編事業のうち、厚狭地区の施設再編基本構想案が固まった。市は16日午後2時と25日午後7時からの2回、市文化会館で、厚狭中学校区の住民を対象にした意見交換会を開催する。

 続きを読む…

2012年6月13日

小野湖の廃船撤去

クレーン車で陸地に移される廃船(小野湖で) ダム管理の支障となる恐れがある船舶の撤去作業が12日、小野湖で始まった。県厚東川ダム管理事務所(石村和寿所長)が、小野湖内水面漁業協力委員会(古谷孝之会長)の協力を得て実施。ダム付近で13日までに数隻の撤去を予定している。

 続きを読む…

またまたまた「奇跡」宇部琴芝チャンスセンター1等1億円

4度目の1等当選が出た宇部琴芝チャンスセンター(13日午前10時半、常盤町で) またまたまたの大当たり。12日に抽選があったドリームジャンボ宝くじで、「奇跡の売り場」として知られている宇部市常盤町1丁目の宇部琴芝チャンスセンターから、1等1億円と前後賞500万円の計1億1000万円が出た。

 続きを読む…

竜王山オートキャンプ場、環境に優しい運営

キャンパーから出された生ごみを専用の装置に投入するスタッフ(竜王山オートキャンプ場で) ごみの出ないキャンプ場を目指します!-竜王山オートキャンプ場は、キャンパーが出した生ごみを好気性発酵分解菌(HDM菌)で減量したり、街路樹の剪定(せんてい)木で作った木炭をバーベキューの燃料に使ったりして、環境に優しい運営をしている。

 続きを読む…

2012年6月12日

丸尾原保育園、庭を芝生化

芝の苗を植える園児たち(丸尾原保育園で) 宇部市東岐波高尾の丸尾原保育園(家入弘恵園長)は、第2園庭を芝生化する。11日に3歳児以上の園児30人が、自分たちの手で苗を植えた。2~3カ月後には緑の芝で覆われ、はだしで走り回れるようになる。市内の幼・保育園での園庭芝生化は初めて。

 続きを読む…

ほっとライン宇部、過去最多の888件

 宇部市教育委員会は、青少年や保護者の悩み相談を受ける「総合教育相談窓口ほっとライン宇部」の2011年度利用状況をまとめた。受理したのは888件(前年比409件増)で、1983年の開始から最多となった。

 続きを読む…

江汐公園で希望の森植樹祭

植えたアジサイの根元の土を押さえる園児(江汐公園あじさい園近くで) 第37回希望の森植樹祭は11日、江汐公園のあじさい園近くであり、市内の23幼・保育園の年長児504人が「大きく育ってね」と声を掛けながら、アジサイの苗110本を植えた。市緑化推進協議会(会長・村上英之中国電力新小野田発電所長)主催。市、小野田青年会議所共催。

 続きを読む…

2012年6月11日

古里の海守ろう、リフレッシュ瀬戸内

きれいな砂浜をよみがえらせようと清掃活動に励む参加者たち(白土海水浴場で) 第18回「リフレッシュ瀬戸内」海岸清掃が10日、宇部市西岐波と東岐波の海岸線で一斉に行われた。総勢約2000人の住民がボランティアとして参加。美しい古里の海を守ろうと、流木やごみ拾いに汗を流した。東岐波校区子ども会育成連絡協議会、西岐波校区コミュニティー推進協議会など主催。

 続きを読む…

日報旗剣道、近郷一へ「一本」

激しくぶつかり合う楠中と川上中の選手(市武道場で) 創刊100周年記念第60回宇部日報旗争奪近郷剣道大会は10日、中学生から一般まで220人が出場して市武道館で開かれた。団体戦5部門、個人戦9部門で競い、団体戦の男子では一般は敬友會、高校は宇部フロンティア大付属香川、中学は美祢剣心会、女子では高校・一般は宇部高、中学は厚南が優勝した。市剣道連盟(千葉泰久会長)、宇部日報社主催。

 続きを読む…

平日夜間急患診療の周知を

平日夜間は毎日午後10時半まで開設している市急患診療所(小野田保健センターで) 市民サービスの向上や2次医療機関の負担軽減を目的に開設された市急患診療所(小野田保健センター内)の平日夜間急患診療の2011年度の利用実績は1日平均2・57人にとどまった。市健康増進課では「開設しているのを知らない市民もおり、PRに努めていきたい」と話した。

 続きを読む…

2012年6月 9日

神原小、ガリバーマップで環境教室

よく行く場所に交通手段で屋根を色分けした目印を置く子供たち(神原小で) 神原小(柳林洋二校長)で8日、うべ交通まちづくり市民会議が作ったガリバーマップを用いた環境教室が開かれた。3年生が普段の行動範囲と移動方法をマップ上に示し、なるべく自動車を使わない交通手段を考えた。

 続きを読む…

7月29日、プロ野球ウエスタン公式戦

 プロ野球ウエスタンリーグの公式戦「福岡ソフトバンク─中日ドラゴンズ」が、7月29日午後0時半から宇部市野球場「ユーピーアールスタジアム」で開かれる。野球を育む会inうべ(伊藤隆司理事長)の誘致で、初めて入場を無料とし、東日本大震災復興支援と銘打って、球場内に募金箱を設置する。

 続きを読む…

2業者が県共同募金と覚書

覚書を締結した岡本支会長とつねまつ菓子舗の恒松恵子さん、雄善の窪井紀彰さん(左から、市中央福祉センターで) 弁当・総菜・鮮魚の雄善(窪井紀彰代表、山陽小野田市日の出1丁目)と、菓子製造販売のつねまつ菓子舗(恒松和也社長、神帆町)は、売り上げの一部を赤い羽根共同募金へ寄付する「寄付付き商品」を企画、設定した。市中央福祉センターで8日、県共同募金会と覚書を交わした。同募金会が4月から実施している赤い羽根共同募金「募金百貨店プロジェクト」事業で市内では、初めての取り組み。

 続きを読む…

2012年6月 8日

川上の里山再生着々

完成した竹製の小屋(右側奥が農地、川上和田で) 里山再生プロジェクト「川上ファームから北迫貝塚へ」が、宇部市川上和田で始まって半年余り。以前は人の行く手を阻んでいたうっそうとした竹やぶに、竹製の小屋や畑などが誕生し、趣を一新している。

 続きを読む…

梅雨入り、平年より3日遅く

雨にぬれてしっとりとした雰囲気を醸し出したハナショウブ(8日午前10時すぎ、常盤公園のしょうぶ苑で) 福岡管区気象台は8日、山口県を含む九州北部地方が梅雨入りしたとみられると発表した。

 続きを読む…

厚陽小・中 地域と共に花壇作り

花壇作りに精を出す地域住民(厚陽小・中で) 厚陽小・中(神徳良信校長、159人)で7日、地域住民がボランティア参加して花壇作りを行った。

 続きを読む…

2012年6月 7日

植樹祭会場は防災公園に

立ち入り禁止となっているスポーツ広場とお野立所(山口きらら博記念公園で) 県独自の緑化活動の取り組みを発信した第63回全国植樹祭が終わって10日余り。式典会場となった山口市阿知須の山口きらら博記念公園スポーツ広場には、天皇、皇后両陛下が観覧に使用された「お野立所(のだてしょ)」が唯一残り、植樹祭の名残を伝えている。植樹会場となったきらら浜北エリアは、災害時の輸送拠点となる防災公園として整備が進められている。

 続きを読む…

おいしい蜂蜜たっぷり「常盤公園スイーツ」に期待

へらで蜜蓋を削るU―BEEプロジェクトのメンバー(7日午前9時すぎ、常盤公園で) 常盤公園で採れた蜂蜜を使ったお菓子による公園活性化に取り組んでいるU-BEEプロジェクト(安楽晴義リーダー)は7日、常盤湖畔でミツバチの巣箱から蜂蜜を採取する作業を行った。糖度は81度と高く、新商品のラスクの材料などに使われる。

 続きを読む…

出合保育園でかしわ餅作り

真剣な表情であんこをくるむ園児(出合保育園で) 出合保育園(池田直美園長、55人)で6日、かしわ餅作りがあり、年少から年長までの38人が、生地にあんこをくるみ、季節のお菓子作りを楽しんだ。

 続きを読む…

2012年6月 6日

井上さん「山口県の空襲」研究成果を冊子に

 戦時中、空襲で受けた山口県の被害の全容はどうであったのか。宇部フロンティア大付属香川高で地方史研究部顧問を務めた講師の井上実智夫さん(64)が、20年来の研究成果を冊子にまとめ、終戦記念日の8月15日に刊行しようと準備している。題名はそのまま「山口県の空襲」。これまで詳しく語られることがなかった動員学徒の被害や、宣伝単(びら)の散布も綿密に調査。市民の目線から戦争の実態に迫った貴重な記録になる。

 続きを読む…

天文ショー楽しむ、通勤通学前に観察会

投影板に映った太陽を観察する小学生(6日午前9時半すぎ、青少年会館で) 金星が太陽の手前を横切る珍しい現象が6日、世界各地で観測された。国内では午前7時すぎから午後2時半すぎまで続いた。晴天に恵まれた宇部市では、青少年会館で開かれた観察会にたくさんの子供たちが参加した。

 続きを読む…

山陽小野田市、小・中校長会飲酒運転根絶へ研修会

飲酒ゴーグルを掛けて酩酊状態を体験する参加者(保健センターで) 山陽小野田市小・中学校長会は5日、市保健センターで、山陽小野田警察署交通課の神谷直宏係長を講師に招き、飲酒運転根絶に向けた研修会を開催した。市内の17校長が、県内の飲酒事故状況などを学び、根絶を改めて誓った。

 続きを読む…

2012年6月 5日

民間の「まちなか避暑地」募集

 宇部市は、夏場の電力消費を抑え、市民に快適に過ごしてもらう取り組みとして、公共施設や民間施設に「まちなか避暑地」を開設する。夏季の節電キャンペーン「サマー・エコライフ・マイナス15」の一つとして初めて実施するもので、7月1日からの開始に向けて民間の協力を呼び掛けている。

 続きを読む…

ジャンボリー、カウントダウン開始

ジャンボリーのインフォメーションボードを除幕する二井知事ら(県庁で) 「第23回世界スカウトジャンボリー」「第16回日本ジャンボリー」をPRするインフォメーションボードが4日、県庁1階のエントランスホール内に設置された。県支援委員会の委員長を務める二井関成知事、県内のボーイスカウト代表者らによる除幕式があり、世界ジャンボリーまで「1149日」、日本ジャンボリーまで「422日」と表示されカウントダウンがスタートした。

 続きを読む…

自主防災組織支援、41自治会に180万円助成

防災出前講座に耳を傾ける住民(有帆公民館で) 山陽小野田市が自主防災組織の活動を支援し、防災体制の充実を図るため2011年度に設けた補助金交付制度の初年度利用実績は、41自治会に対して合計約180万円だった。

 続きを読む…

2012年6月 4日

宇部保護司会、更正保護サポートセンター開設

保護司の活動拠点の誕生を祝う関係者(2日、シルバーふれあいセンターで) 宇部保護区保護司会(小川裕己会長、70人)の新たな活動拠点「更生保護サポートセンターうべ」が2日、宇部市シルバーふれあいセンター内に開設された。地域に根差した犯罪・非行防止、地域支援ネットワークの構築、更生保護活動の情報提供などに力を入れていく。

 続きを読む…

県知事選、高邑さん(衆院議員)出馬表明

知事選への立候補を表明する高邑さん(4日午前11時すぎ、山口市内のホテルで) 県知事選(7月12日告示・29日投開票)に4日、比例中国ブロックの衆院議員、高邑(たかむら)勉さん(38)=防府市東三田尻町2丁目=が、民主党を離党して無所属で立候補することを表明した。支援母体は元防府市議らでつくる団体「晋作プロジェクト-俺たちの維新」。知事選への立候補表明は、元国土交通省審議官の山本繁太郎さん(63)=柳井市伊保庄、自民・公明推薦=に続いて2人目となった。

 続きを読む…

寝太郎の里ほたる祭りに市民5000人

多くの人でにぎわう会場(寝太郎公園ゆめ広場で) 第12回寝太郎の里ほたる祭りは2日、厚狭川河畔の寝太郎公園ゆめ広場で開かれ、家族連れら5000人(主催者発表)がステージイベントや河畔でのホタル観賞を楽しんだ。

 続きを読む…

2012年6月 2日

産業観光バスツアー、人気コースが開幕飾る

大型トレーラーの整備場を見学する参加者たち(宇部市西沖で) 宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会(大林哲夫会長)の2012年度産業観光バスツアーが、1日から始まった。初日は「セメントの道」と題したコースがあり、参加した25人が、美祢市の宇部興産伊佐セメント工場の見学、宇部興産専用道路走行などを通じて、石灰石を生かして発展してきた地域のセメント産業について理解を深めた。

 続きを読む…

常盤公園、サル4種6匹仲間入り

仲間入りするエリマキキツネザルの「マッキー」 宇部市の常盤公園動物園ゾーンに新しい仲間がやって来る。導入するのはシシオザル、エリマキキツネザルなど4種6匹のサル。5日に到着するが、検疫結果や現在飼育中の同種動物との相性を確認するため、公開は中旬以降になりそう。

 続きを読む…

本山小「海の学習」で砂の芸術

一心不乱に砂の彫刻制作に励む児童たち(焼野海岸で) 本山小(嶋田崇人校長、223人)の伝統行事「海の学習」は1日、焼野海岸を中心に開かれた。クリーン作戦、アサリの放流、砂の彫刻大会などを通じて、自然保護の大切さを学んだ。

 続きを読む…

2012年6月 1日

知事選説明会に6陣営

 知事選(7月12日告示・29日投開票)を前に県選挙管理委員会は31日、立候補予定者を対象とした説明会を県庁で開いた。出馬表明している元国土交通省審議官の山本繁太郎さん(63)=柳井市伊保庄=、政策大綱を発表して「擁立準備中」とする共産党系団体・みんなの県政をつくる会の関係者のほか、「立候補を検討」と話す4陣営の計6陣営が出席した。

 続きを読む…

商議所などが合同就職フェア

企業の担当者から説明を受ける学生ら(1日午前10時10分ごろ、ANAクラウンプラザホテル宇部で) 「ふるさと山口企業合同就職フェア」は1日、県内6会場のトップを切って、ANAクラウンプラザホテル宇部(旧宇部全日空ホテル)で開かれた。開始と同時に来春の大学卒業予定者らが続々と来場。緊張した表情で、企業の担当者から会社情報などを聞いていた。

 続きを読む…

ふるさとを考える会、議員定数削減の請願書

請願書を尾山議長に渡す河村代表(左端、市議会議長室で) 市民グループ「ふるさとを考える会」(河村芳高代表、1200人)は31日、山陽小野田市議会の尾山信義議長に、市議会の議員定数を現行の24から20に削減するように求める請願書を提出した。

 続きを読む…