2011年12月28日

4月1日から市ガスの値上げ申請

 宇部市はこのほど、来年4月1日から実施予定のガス料金の改定を中国経済産業局に申請した。1立方㍍当たりの平均単価は現行の231・73円から253・87円への値上げとなる。改定率は9・55%。申請を受理した同局では1月23日午後2時から宇部興産ビルで公聴会を開く。

 料金改定は熱量変更(天然ガスへの転換)に伴い、2006年、07年にも申請したが、いずれも現行据え置きのゼロ改定。今回は天然ガス化に係る費用の償却が今年度末で終わることから、総原価の見直しを行い、1980年以来の値上げを予定している。
 1カ月の標準使用量が20立方㍍の家庭の場合、現行の4834円は5285円へと、451円上がる。改定率は9・33%。供給に伴う料金表は3段階から4段階になる。いずれも現在申請中で、増減額や改定率はまだ定まっていない。公聴会の後、同局による監査が行われ、順当に行けば、同局からの認可、市議会への上程と進む。
 市のガス事業は32年にスタート。供給戸数は今年3月末調べで1万5772戸(メーター取り付け戸数)。中国地方では宇部と島根県松江市が公営で展開している。12年4月からの民営化に向けて譲渡先を公募していたが、応募がなかった。法に沿った料金改定と併せ、経営健全化、設備更新を行いながら、募集要領を見直し、14年4月の譲渡を目指す。
 ガス料金の変更など詳細は、港町1丁目のガス水道局ガス事業部、広島市中区の経産局資源エネルギー環境部で閲覧できる。
 意見を述べたい人は、定められた様式に沿って、住所、氏名(ふりがなを付ける)、職業・職名、意見の概要を記入した陳述書を作成し、封筒の表に「宇部市関係公聴会陳述希望」、傍聴希望者は往復はがきに、住所、氏名、傍聴希望、返信用の宛先をそれぞれ書いて10日までに同局へ。
 送り先は〒730─8531広島市中区上八丁堀6─30、中国経済産業局資源エネルギー環境部ガス事業課へ。期日までに陳述書が届かない場合は、公聴会は開催しない。

新着ニュース