2011年12月28日

4月1日から市ガスの値上げ申請

 宇部市はこのほど、来年4月1日から実施予定のガス料金の改定を中国経済産業局に申請した。1立方㍍当たりの平均単価は現行の231・73円から253・87円への値上げとなる。改定率は9・55%。申請を受理した同局では1月23日午後2時から宇部興産ビルで公聴会を開く。

 続きを読む…

1年の"善意"3億2741万円

藤田支会長に浄財を手渡す脇社長(右、福祉会館で) 宇部日報社が常設している「愛のポスト」に、今年は28日までに3274件、3億2741万1042円の浄財が寄せられました。このうち東日本大震災の義援金は3211件、3億2626万726円。この他の指定寄付を除く113万円を、県共同募金会の宇部支会、山陽小野田支会、山口支会阿知須分会に配分させていただきました。善意をお寄せいただいた皆さまに、心からお礼を申し上げます。

 続きを読む…

市文化会館に「辰」の立体絵

練習の合間に辰を見て驚く竜王中吹奏楽部のメンバー(市文化会館ロビーで) サンライフ山陽デイサービス(埴生)を利用しているお年寄りが製作した来年のえと「辰(たつ)」の立体絵が市文化会館ロビーに飾られ、訪れた人の目を楽しませている。

 続きを読む…

2011年12月27日

市民委員会答申書提出、ハクチョウ復活 近い将来

答申書を手渡す柳田会長(中央)と脇副会長(右、市役所で) 公募市民や専門家でつくる「常盤湖を考える市民委員会」(柳田英治会長)は26日、常盤公園での鳥類の飼育の在り方に関する答申書を久保田后子市長に提出した。高病原性鳥インフルエンザの発生状況を数年間は注視し、飼育環境が整えばという前提で、ハクチョウを近い将来復活させることを要望。受け取った久保田市長は「最大限尊重し、まずはペリカンをウイルスから守り、全体の鳥インフルの状況を見極め、専門家の意見を聞きながら判断したい」と前向きな姿勢を示した。

 続きを読む…

学生にカーシェアリング、山大工学部で実験

携帯電話の予約画面とレンタカー(山口大工学部で) 山口大工学部にこのほど、自動車を共同利用するカーシェアリングの実験ステーションが設置された。事前アンケートでは車を持たない学生の約4割が「使いたい」と回答。車を買えない学生に需要がありそうだ。地方のカーシェアリングの可能性を研究する同学部の鈴木春菜助教は「日常生活の満足度が向上するはず」と期待している。

 続きを読む…

吉部田八幡宮

鳥居の脇に設置された巨大破魔矢(郡の吉部田八幡宮で) 山陽小野田市郡の国道190号沿いにある吉部田八幡宮(白石高司宮司)の参道入り口の鳥居脇に、巨大破魔矢が設置され、道行く人やドライバーを驚かせている。

 続きを読む…

2011年12月26日

市中央卸売市場、輪飾り登場 競りに活気

売買参加者で活気を呼ぶ正月飾りの競り(26日午前8時すぎ、市中央卸売市場で) 正月の縁起物として欠かせない輪飾りなどの競りが26日、宇部市中央卸売市場(青果)で行われた。扇付きやエビ付きなどのカラフルな輪飾りから、ウラジロ、ユズリハといった素材が集まり、活気を呈した。

 続きを読む…

来年3月25日の市民参加音楽劇、清木場さんも出演

 市民参加の音楽劇「緑と花と彫刻のまち~宇部ものがたり」(仮題)は、来年3月25日に宇部市の記念会館で開かれる。元EXILEのボーカルの清木場俊介さんら、市出身の豪華歌手が出演する。市舞台芸術フェスティバル実行委員会(青谷和彦代表、顧問・光井一彦うべ未来100プロジェクト理事長)主催。

 続きを読む…

ファンタジーキッズコンサートにぎわう

ユーダンススクールの息の合ったダンス(市民館で) イルミ冬のファンタジーキッズコンサート2011は25日、市民館文化ホールで開かれ、多彩な音楽やダンスでクリスマスの一日を華やかに彩った。NPO法人音音(ねおん)主催。

 続きを読む…

2011年12月24日

TOKIWAファンタジア、Xマスフェスタにぎわう

たくさんの人でにぎわう会場(常盤公園で) TOKIWAファンタジアのクリスマスフェスタが23日、常盤公園で開かれた。幻想的なイルミネーションの光に包まれながらステージイベントが行われ、たくさんの家族連れやカップルでにぎわった。

 続きを読む…

第九で1年の締め

「宇部市民の歌」を共に歌う合唱団と来場者(記念会館で) 第九『歓喜の歌』でHAPPY END2011IN記念会館は23日、宇部市の記念会館で開かれた。青山学院管弦楽団常任指揮者の清水宏之さんを指揮に迎え、市民オーケストラを中心とした管弦楽団の演奏に合わせて、公募合唱団142人と一般来場者1000人が美しいハーモニーを響かせ、一年を締めくくった。同実行委員会(松本尚也委員長)主催。

 続きを読む…

山陽小野田市、少年少女合唱祭に近隣の7団体が出演

美しいハーモニーを披露する山陽小野田少年少女合唱団(文化会館で) 第5回山陽小野田少年少女合唱祭は23日、市文化会館で開かれ、近隣の7団体375人が出演した。市、市教育委員会主催。

 続きを読む…

2011年12月22日

山大医学部、進行難治肝がんに「鉄キレート剤」

 山口大医学部の坂井田功第1内科教授らのグループは、抗がん剤が効かない進行難治肝がんに「鉄キレート剤」を使う治療法を世界で初めて開発した。このほど学内の倫理委員会の審査が終わり、臨床応用を本格的に開始した。

 続きを読む…

公立小・中学校で一斉に終業式

ほうきや雑巾を使って教室をきれいにする3年生(22日午前9時35分、厚南小で) 宇部市内の公立小・中学校で22日、一斉に2学期の終業式が行われた。あすからクリスマス、正月と楽しいイベントが続く18日間の冬休み。子供たちは、先生から長期休暇中の心得を聞き、大掃除をして今年の学校生活を締めくくった。

 続きを読む…

楠中生徒製作絵本で読み聞かせ

絵本をじっと見詰めながらお話を聞く園児(埴生幼稚園で) 楠中(村上明子校長、188人)の2年生60人が家庭科の保育の一環で製作した絵本を使い、厚狭図書館(開初茂夫館長)のおはなし隊が21日、埴生幼稚園(松岡和子園長、54人)で読み聞かせを実施した。園児は食い入るように見詰め、中学生の創作絵本を楽しんだ。

 続きを読む…

2011年12月21日

親亡き後の障害者の生活、弁護士らが支援組織

 障害を持つ子の親や家族にとって最大の悩みは、親が他界した後、子の生活をどう支えるか。親が年を重ねるごとに悩みが深刻化する中、宇部市内の弁護士、司法書士、行政書士、税理士など専門知識と経験を有する10人が「うべ障害者支援士業ネットワーク」を結成した。成年後見、財産管理、相続などの課題について、継続的な支援を展開する。

 続きを読む…

楠地域審が意見具申書提出

意見具申書を手渡す田坂会長(中央)と藤井副会長(右、市役所で) 宇部市楠地域審議会(田坂吉弘会長)は20日、新市建設計画に係る意見具申書を久保田后子市長に提出した。楠総合支所の在り方(行政サービスの充実)など4項目について具体的な取り組みを求めた。

 続きを読む…

山陽小野田市「花の海いたりあん食堂」が食彩店に

認定看板を安田副会長(左)から受け取る前島専務(花の海で) 農業生産法人花の海(坂本多旦社長)の「花の海いたりあん食堂」は20日、「やまぐち食彩店」に認定され、埴生の同食堂で認定看板の贈呈式が行われた。

 続きを読む…

2011年12月20日

来年10月、大相撲宇部場所 チケットは5月2日から

 大相撲宇部場所は来年10月28日に俵田体育館で開かれる。市制施行100周年に向けて新たに歩み出す年に、元気なまちづくりへの起爆剤にしようと開催するもので、チケットは5月2日から宇部商工会議所で販売する。

 続きを読む…

青年の家廃止"待った"市議会文教民生委で継続審議に

 宇部市議会の文教民生委員会(長谷川耕二委員長)は19日、12月定例市議会で付託された案件のうち、青年の家条例の廃止について、委員の賛成多数で継続審査とした。廃止の理由やその後の跡地利用に対して、市側から明確な答えが得られず、結論を持ち越した。

 続きを読む…

新病院基本計画案を策定

新病院の建設位置と交通アクセス図 山陽小野田市民病院は新しい市民病院のコンセプトや診療方針、建物の概要などを盛り込んだ新病院基本計画を策定した。地域に根差した中核病院と位置付け、2012年度下半期に本体工事に着手し、15年4月のグランドオープンを目指す。

 続きを読む…

2011年12月19日

産業創造支援ステーション、親子で秘密基地づくり

やぶの中から切った竹を運び出す子供たち(川上ファームで) 先人の暮らしに思いを巡らせながら荒廃した棚田や山林を再生させようというプロジェクト「川上ファームから北迫貝塚へ」が宇部市川上和田の同ファームで始まり、17日は親子約30人が参加して、竹やぶを切り開きながら迷路づくりを進めた。

 続きを読む…

西宇部に見守りネット発足

道野さん(左)に帽子などのグッズを手渡す小川会長(西宇部ふれあいセンターで) 西宇部校区安心安全見守りネットワーク(小川善徳会長)の発足式は17日、西宇部ふれあいセンターで開かれた。これまで有志で行っていた見守り活動を組織化して、横の連携を強化。下校する子供たちの安全を、校区一丸となって守る。

 続きを読む…

山陽小野田市消防団、年末特別警戒を開始

警戒に出発する各分団の車両を見送る磯村団長ら(市消防本部で) 山陽小野田市消防団(磯村軍治団長)の年末特別警戒出発式は18日、市消防本部で開かれた。23日から8日間、全13分団が市内全域をパトロールし、市民に火の用心を呼び掛ける。

 続きを読む…

2011年12月17日

常盤公園、動物ゾーン大改修

 宇部市は、常盤公園動物園ゾーンのリニューアル整備に関する基本計画案をまとめた。これまでの檻(おり)による飼育展示を見直し、森や水辺など生息地に近い環境を再現することで、動物本来の行動を引き出す「生態環境展示」へと刷新する。現在飼育している動物に加え、多種のサルやカピバラ、カワウソが新たに仲間入り。事業費は約19億円を見込み、来年度から事業着手し、2014年中には完成させたいとしている。

 続きを読む…

ピスト自転車、県内初検挙

 ペダルが後輪の駆動と直結した手動ブレーキがないピスト自転車に公道で乗ったとして、宇部署は16日、宇部市内の男子大学生(23)を道交法違反(制動装置不良自転車運転)の疑いで検挙した。ピスト自転車による事故が全国的に相次ぎ、死者も出たことから警察が取り締まりを強化しており、検挙は県内初。

 続きを読む…

JR西日本ダイヤ改正、小野田線3月から減便

 JR西日本は16日、来年3月17日に実施するダイヤ改正の内容を発表した。新幹線の利便性を高める一方で、在来線の一部を減便する。地元関係では小野田線の宇部新川―小野田間が上下各3便、雀田―長門本山間が上下各2便が減便される。同社は「利用状況に合わせて見直した」としている。

 続きを読む…

2011年12月16日

男女の人権、初の「年越し茶話会」36人語り合う

抹茶を味わう参加者たち(市男女共同参画センターで) 抹茶を一服しながら、男女の人権について語り合う〝年越し茶話会〟が15日、宇部市男女共同参画センターで初めて開かれた。40~60歳代の36人(うち男性8人)が参加。夫婦や恋人など親しい男女間で起きる暴力(DV)などについて、ざっくばらんに意見を交わした。

 続きを読む…

初雪、この冬一番の寒さ

雪が舞う中で傘を差して歩く人(16日午前7時半、琴芝町で) この冬一番の寒さになった16日朝、宇部市中心部で初雪が舞った。山口宇部空港では午前9時34分に最低気温1・8度(アメダス調べ)を記録した。下関地方気象台によると寒さはあす朝まで続く。

 続きを読む…

山陽小野田市社協、赤い羽根文庫で48施設に343冊寄贈

岡本副会長から図書を受ける園児たち(山陽総合福祉センターで) 山陽小野田市社会福祉協議会(森田純一会長)は15日、山陽総合福祉センターで赤い羽根文庫の贈呈式を行い、市内の幼・保育園、小・中・高校、児童館、児童養護施設の48施設に、総計343冊の図書を寄贈した。赤い羽根共同募金の地域配分金の一部を充てた。

 続きを読む…

2011年12月15日

宇部署、詐欺防止キャンペーン

被害防止を呼び掛ける宇部署員(15日午前10時半すぎ、山口銀行宇部支店で) 今年最後の年金支給日の15日、宇部警察署(安部正之署長)は宇部市新天町1丁目の山口銀行宇部支店(土谷和義支店長)で、来店客に振り込め詐欺に遭わないように注意を呼び掛けるキャンペーンを行った。

 続きを読む…

山口国体 天皇杯 皇后杯、ときわミュージアムで公開

天皇杯を眺める女性(ときわミュージアムで) 10月に県内で行われた山口国体で県選手団が獲得した天皇杯と皇后杯が、宇部市のときわミュージアムで一般公開されている。県内巡回展の一環で、県勢の悲願だった両杯を間近で見ることができる。23日まで。

 続きを読む…

帰省客を花で迎える、県道小野田港線にパンジー

道路沿いにかれんに咲くパンジーの花(日産化学前の県道で) 県道小野田港線の小野田橋から栄町交差点にかけての約700㍍の道路沿いの花壇に、カラフルなパンジーの花が植えられており、ドライバーや歩行者の心を癒やしている。

 続きを読む…

2011年12月14日

琴崎八幡宮、迎春準備着々 すす払い

社殿のほこりを払う白石宮司ら(14日午前9時半すぎ、琴崎八幡宮で) 年の瀬が迫り、上宇部大小路の琴崎八幡宮(白石正典宮司)で14日、すす払いがあり、神職やみこたちが社殿にたまったほこりを取り除いた。

 続きを読む…

県立高校再編案、普通科を県内1学区に

 県教育委員会は策定中の次期県立高再編整備計画案(計画年度=2012~14年度)に、現在7学区となっている全日制普通科の通学区域を「15年度入学者選抜以降の早い時期」に県内1学区化する方針を盛り込んだ。開会中の11月定例県議会文教警察委員会で明らかにした。「生徒がより主体的に学校を選択できるようにする」のが目的。

 続きを読む…

山陽小野田金融防犯協力会、労金で模擬強盗訓練 対応再確認

緊迫感漂う訓練(中国労働金庫で) 山陽小野田金融防犯協力会(阿部悦雄会長、31店舗)の模擬強盗訓練は13日、日の出1丁目の中国労働金庫小野田支店であり、強盗発生時における適切な対応を確認するとともに、防犯意識を高めた。

 続きを読む…

2011年12月13日

「ひみ寒ぶり」冬の横綱入荷

丸々と肥えた13・1㌔の氷見産天然ブリ(清中鮮魚本店で) 清中鮮魚(清中敏明社長、本店・宇部市松島町)は、13日から氷見産の寒ブリの販売を始めた。1本12~13㌔と市場でも珍重される最大級の天然ブリを、富山県の氷見港から直送。すし店や料理屋を中心に引き合いが多い。

 続きを読む…

散髪ボランティア45年、恩田理容院 御手洗さん博愛園訪問

利用者の髪を切る御手洗さん(養護老人ホーム博愛園で) 宇部市笹山町で恩田理容院を経営する御手洗文子さん(79)は12日、養護老人ホーム博愛園(木村宏子施設長)で散髪ボランティアを行った。1966年から始めた無償サービスは今年で45年。「みんなの笑顔が何より。こちらが喜びをもらっている」と、信頼するスタッフと共に入所者の髪を整える。

 続きを読む…

2011年12月12日

宇部高A、全国キップ「科学の甲子園」

第1回科学の甲子園に県代表として出場する宇部Aのメンバー(県セミナーパークで) 次世代を担う高校生の科学力向上を図るため、文部科学省が今年度から実施する「科学の甲子園」の県代表決定戦は10日、山口市秋穂二島の県セミナーパークで行われ、宇部Aチーム(6人)が県代表の座を獲得した。第1回大会は来年3月、兵庫県で開催。主将を務めた平泉京祐君(普通科2年)は「初の代表校を目指して全員が心を一つにした成果。全国大会では、有名私立校に負けないよう頑張りたい」と話していた。

 続きを読む…

日報杯ジュニアテニス、100人が9部門で熱戦

小学生で優勝した上田選手、藤田選手、瀧下選手、紀村選手、田村選手(左から、写真上)中学生で優勝した岡崎選手、片山選手、竹田選手、永見選手(左から、いずれも中央コートで) 第7回宇部日報杯ジュニアテニス大会は11日、中央コート「宇部マテ〝フレッセラ〟テニスコート」で開かれた。小・中学生100人が9部門に分かれて競い、最高学年となる中学2年の部では男子は竹田力選手(ジョイスポーツTC、桃山中)、女子は永見かおる選手(UBE72テニスクラブ、川西中)が優勝した。宇部日報社、市テニス協会主催、市体育協会共催。

 続きを読む…

石川選手、卓球講習会で世界レベルの技指導

 ロンドンオリンピック卓球競技に出場が内定している石川佳純選手(全農)による卓球講習会は10日、市民体育館で開かれた。市内の小・中学生62人が受講し、卓球の基本技術の指導を受け、上達のポイントを学んだ。県卓球協会、市卓球協会主催。

 続きを読む…

2011年12月10日

まちあるき観光、宇部で来月14日「全国サミット」

 体験型イベントを通して、地域の観光資源を発掘する手法を考える「第3回全国まちあるき観光サミットin宇部~旅をするようにまちを歩こう」は、来年1月14日午後1時から国際ホテル宇部で開かれる。うべネットワーク主催。

 続きを読む…

2011年追い込み、歳暮など出荷ピーク

出荷に向けて水揚げされるクルマエビ(宇部車海老養殖場で) 身を切るような冷たい水の中でも、元気に跳びはねているのが、東岐波丸尾の宇部車海老養殖場(青木昭男場長)で育てられたクルマエビ。歳暮や忘年会、おせち料理にと、出荷の最盛期を迎えている。

 続きを読む…

2011年12月 9日

市彫刻教育推進校の見初小、真締川公園の彫刻2作品磨く

心を込めて野外彫刻をきれいに磨く子供たち(真締川公園で) 宇部市の彫刻教育推進校になっている見初小(渡辺英男校長)の3年生が8日、真締川公園の2作品の清掃を行った。たわしや雑巾を使って心を込めて磨き、市民自慢の野外彫刻をピカピカにした。

 続きを読む…

小野湖やきらら浜自然観察公園 冬の使者、相次ぎ飛来

きらら浜自然観察公園の淡水池で羽を休めるトモエガモ(円内は雄のトモエガモ、渡辺レンジャー撮影) 本格的な冬の到来も間近。宇部市の小野湖や山口市阿知須のきらら浜自然観察公園では、中国大陸から飛来したとみられるトモエガモをはじめ、多くのカモ類が羽を休めている。落ち穂やドングリ、アオサなどの餌を盛んについばんでいる。

 続きを読む…

山陽小野田市、今冬初の学級閉鎖 小野田小で集団風邪

 インフルエンザとみられる集団風邪で、小野田小(山根正明校長、360人)の5年1組が学級閉鎖の措置を取った。在籍25人のうち、9人が欠席した。閉鎖期間は9~13日の5日間。

 続きを読む…

2011年12月 8日

市社協と県共募宇部支会、私立42幼・保育園に絵本プレゼント

贈呈式後に記念写真に納まる桃山保育園の子供ら(福祉会館で) 宇部市社会福祉協議会と県共同募金会宇部支会は7日、市内の私立保育園24園と私立幼稚園18園に、赤い羽根募金(共同募金)の配分金などで購入した絵本19冊ずつ、計798冊(70万円相当)を贈った。

 続きを読む…

美容師・理容師の巧の会アゴス、被災地へ寄贈の「はさみ」提供呼び掛け

 宇部市、山陽小野田市などの美容師、理容師らでつくる巧の会アゴス(西村圭亮会長、20人)は、東日本大震災で被災した同業者に寄贈するはさみを募っている。古くなったはさみを会員の研師が無料で研磨・調整して送付。現地で利用してもらう取り組みで、広く提供を呼び掛けている。

 続きを読む…

山陽小野田市役所に15日まで障害者施設の紹介・作品展

障害者の作品に見入る来庁者(市役所1階ロビーで) 市内の障害者施設の紹介・作品展が市役所1階ロビーで始まり、訪れた人が障害者が制作した習字、絵画作品を見たり、施設の活動の様子に触れたりして障害者への理解を深めている。15日まで。

 続きを読む…

2011年12月 7日

阿知須中体育館解体へ、24日お別れ式

解体が決まった体育館(阿知須中で) 阿知須中(山本強校長)で、新しい体育館の建設工事が進んでいる。現在の体育館は1964年から使われてきたが、老朽化に伴い、来年1月に取り壊される。同校では24日午後1時から卒業生らを招いてのお別れ式を開き、地元住民にも親しまれてきた体育館に別れを告げる。

 続きを読む…

市営墓地に不法投棄

廃棄されたと思われる一般ごみ(白石公園墓地で) 宇部市営墓地へのごみの不法投棄に、市の担当者が頭を悩ませている。捨てられているのは、家庭の一般ごみからテレビ、タイヤといった大型のものまでさまざま。墓地内には、ごみステーションが各所にあり、監視員やカメラを配置するわけにはいかず、モラルに期待するしかないため、なかなか減らないのが現状のようだ。

 続きを読む…

10日に石川選手が卓球講習会

講習会で山陽小野田市にやって来る石川選手(山口国体で) 山口市在住で、来年のロンドンオリンピック卓球競技に出場が内定している石川佳純選手(18)=全農=による卓球講習会が、10日午後1時から、山陽小野田市民体育館で開かれる。県卓球協会、市卓球協会主催。

 続きを読む…

2011年12月 6日

中国ジェイアールバスと防長交通、年末年始 宇部-東京高速バス

 中国ジェイアールバス(谷田敏雄社長、本社広島市)と防長交通(楞川幸太郎社長、本社周南市)は、年末年始限定で宇部─東京間の高速バス(特別便)を共同運行する。早期購入割引や学生割引などを活用すれば低価格で利用できる。期間は22日から1月10日まで。

 続きを読む…

安全優先でイチョウ並木刈り込み、小野瀬戸の国道490号

丸太同然に刈り込まれたイチョウの街路樹(小野瀬戸の国道490号で) 初冬にかけて街頭に彩りを与えてくれるイチョウ並木だが、宇部市小野瀬戸の国道490号沿いでは、約20本のイチョウが丸太同然に刈り込まれ、寒空に無残な形をさらしている。

 続きを読む…

来年4月、江汐公園が市に移管へ

 県立江汐公園を来年4月から山陽小野田市に移管するための関連条例案が、12月市議会に上程された。市は無償譲渡を契機に、これまで以上に市民の憩いの場として充実させるとともに、市外からの観光客誘致に努め、地域活性化につなげたい考え。

 続きを読む…

2011年12月 5日

多彩な企画「TOKIWAファンタジア」開幕

夜空に浮かび上がったペットボトルのロケット(常盤公園で) 夜の常盤公園を幻想的な光で包む「TOKIWAファンタジア2011」は3日から宇部市の同園で始まった。ギネスに挑戦した高さ11・9㍍の巨大ペットボトルタワーをはじめ、遊園地、噴水池、野外彫刻展示場で多彩なイルミネーション装飾が来園者を楽しませている。来年1月9日(29日~1月1日除く)まで。

 続きを読む…

歳末助け合い展にぎわう

大勢の市民でにぎわう会場(福祉会館で) 「みんなでささえあうあたたかい地域づくり」をスローガンに、第54回歳末助け合い展・バザーは4日、宇部市の福祉会館で開かれた。市民の善意で寄せられた日用雑貨や手作り品、衣類などが販売され、多くの買い物客でにぎわった。市社会福祉協議会、宇部文化連盟、市婦人会協議会、宇部日報社主催。

 続きを読む…

日報杯軟式野球、長州産業がV

6年ぶり優勝の長州産業ナイン(市野球場で) 第7回宇部日報杯争奪市内軟式野球大会の決勝は4日、市野球場で行われ、長州産業(B級)がクロスボーンズ(同)を2─0で下し、第1回大会以来、2度目の優勝を果たした。

 続きを読む…

2011年12月 3日

市内初、恩田4-4区 自治会に見守り隊

結成式に臨んだ恩田4-4区自治会の会員ら(恩田ふれあいセンター前で) 恩田4─4区(草江1丁目)に2日、同自治会(田中則夫会長、203世帯)による見守り活動組織「草江見守り隊」が結成された。児童の登下校時を中心に、地域内の通学路で活動する。

 続きを読む…

小野中、卒業証書を自ら紙すき

慎重に紙をすく3年生(小野中で) 小野中(武繁鉄之校長、40人)で2日、伝統の紙すき実習が行われた。3年生16人が水に混ぜた繊維をかせという道具ですくい取り、卒業証書にする紙を作った。

 続きを読む…

山陽小野田市、本山会が県民活動パワーアップ賞

やまぐち県民活動パワーアップ賞を手にする本山会の大場会長(本山公民館で) 本山校区の地域おこしグループ・本山会(大場清春会長)が、竜王山の自然保護活動に貢献したとして、二井関成知事から「やまぐち県民活動パワーアップ賞」を受賞した。山陽小野田市内では初めて。

 続きを読む…

2011年12月 2日

中小企業の重要性うたう「振興条例」素案まとまる

 宇部市は、中小企業の振興に関する施策を推進し、市経済の発展、市民生活の向上を目的とした「宇部市中小企業振興基本条例(仮称)」の素案をまとめた。1975年に制定した条例の改定版で、国の中小企業に対する考え方や前向きな事業活動に対する支援強化を踏まえ、根拠条例を新しい時代に即した理念条例にする。パブリックコメント(意見公募)を実施している。

 続きを読む…

臨海頭脳パーク、備後特殊金網が宇部工場

経済発展への期待を込めて握手する松岡社長、藤井審議監、久保田市長(左から、市役所で) 産業用金網のトップメーカー、備後特殊金網(松岡正三社長、本社広島県尾道市)は、国内でも珍しい産業用樹脂成形網の製造、開発拠点として、宇部臨空頭脳パークに宇部工場を建設する。操業は来年5月。進出協定書の調印式は1日、宇部市役所であり、松岡社長と久保田后子市長が地域経済発展に向けて握手を交わした。

 続きを読む…

山陽小野田市、暴力団撲滅へ行政と警察が協定

協定書を交わし握手する白井市長(左)と宮崎署長(市役所で) 山陽小野田市と山陽小野田警察署は1日、市の事務・事業からの暴力団排除等に関する協定を結んだ。行政と警察がこのような包括的な協定書を交わすのは県内初。白井博文市長は「暴力団撲滅に向け、市民の協力を得ながら明るい町をつくりたい。協定締結はその第一歩となる」と述べた。

 続きを読む…

2011年12月 1日

ハクチョウ復活を 市民委、年内に答申へ

飼育の方向性を話し合う出席者(ときわ湖水ホールで) 常盤公園での鳥類の飼育の在り方を検討してきた常盤湖を考える市民委員会(柳田英治会長、12人)は30日、宇部市のときわ湖水ホールで開かれ、市が策定した常盤公園高病原性鳥インフルエンザ対応マニュアルを踏まえ、将来的にハクチョウを復活させる方向で意見を集約した。

 続きを読む…

ANAクラウンプラザホテル 国内12軒目、営業開始

ANAクラウンプラザホテル宇部の看板(同ホテル前で) ANAクラウンプラザホテル宇部(川戸範雄総支配人)が1日、オープンした。旧宇部全日空ホテルから名称変更し、営業を開始したもので、川戸総支配人は「充実した設備の中、優れたサービスを提供し、今まで以上に満足してもらえるよう努力していく」と抱負を語った。

 続きを読む…

山陽小野田市、行政委員報酬審議会委員3人を一般公募

 山陽小野田市は公平委員会委員、農業委員会委員ら非常勤の行政委員の報酬を審議する市行政委員会委員報酬等審議会の委員10人のうち3人を一般公募する。委員会は来年1月に設置の予定。

 続きを読む…