2011年11月30日

宇部・山陽小野田消防組合 設置許可書を交付

二井知事(左)から設置許可書を受け取る久保田市長(30日午前11時すぎ、県庁で) 二井関成知事は30日、来春から消防業務を一体化する宇部、山陽小野田の両市長に「宇部・山陽小野田消防組合」の設置許可書を交付した。2006年の法改正後に消防が広域化されるのは、全国で7番目、県内では初めての取り組み。市民サービスの向上、人員配置の効率化と充実、体制強化などに期待が寄せられている。

 続きを読む…

段ボールの寿命長く、Wコンポスト方式考案

段ボールコンポストの普及促進に向けて意見を交換する藤山校区のリーダーたち(藤山ふれあいセンターで) 段ボールコンポストは容器の段ボール箱の耐久性が課題の一つとなっているが、宇部市内でもいち早く普及に取り組んできた藤山校区のリーダーたちが、2個の容器を交互に使うことで寿命を長持ちさせる「Wコンポスト方式」を考案。市も、この有用性を認め、他校区のリーダーたちに推奨している。

 続きを読む…

山陽小野田市議会全てをネット中継

 山陽小野田市議会は12月定例市会から、これまでの一般質問に加え、議案の提案理由説明や質疑、採決や常任委員会報告などを行う本会議の様子もインターネット中継する。

 続きを読む…

2011年11月29日

感染確認の鳥だけ処分、インフル対応マニュアル策定

 宇部市は28日、常盤公園の高病原性鳥インフルエンザ対応マニュアルを策定・公表した。環境省が示した指針に基づき、平時はもちろん、周辺もしくは施設内で飼養鳥から発生した場合等の対応をまとめた。2月の鳥インフル発生、ハクチョウ類の大量処分という悲劇を乗り越え、今後の飼育について技術的な面での方向性を定めた。既にリスクを持った野鳥の飛来シーズンに入っており、ペリカンとの接触を防ぐ措置を急ぐ。

 続きを読む…

協働で「文化薫るまち」審議会が振興ビジョン案答申

久保田市長に答申する福田会長(中央)と脇副会長(市役所で) 宇部市文化振興まちづくり審議会(会長・福田隆真山口大教育学部教授、10人)は28日、2012年度から16年度までの5年間を期間とした文化振興基本計画「煌(きら)めくまち文化振興ビジョン」の案を久保田后子市長に答申した。「人と地域がきらめく 文化の薫るまち」を基本目標に、行政と市民が協働して取り組む事業をテーマ別に取りまとめた。

 続きを読む…

山陽小野田市「寝太郎かぼちゃ」初出荷

ブランドシールを貼られる「寝太郎かぼちゃ」(29日午前10時ごろ、JA山口宇部山陽営農総合センターで) 山陽小野田市の新ブランド野菜「寝太郎かぼちゃ」の出荷式が29日、JA山口宇部山陽営農総合センターで関係者約70人が出席してあり、丸々と太った冬至カボチャがトラックに積み込まれ、契約している地元スーパーに送られた。

 続きを読む…

2011年11月28日

「サンタ・クロスロード」点灯

光のアーチをくぐる来場者(銀天プラザで) 「サンタ・クロスロード2011」の点灯式が26日、宇部中央銀天街銀天プラザであり、クリスマスムードを醸すイルミネーションが夜の街頭を彩り始めた。

 続きを読む…

日報作文表彰式"文章の達人"を祝福

記念写真に納まる入賞者たち(市立図書館で) 第51回宇部市近郷小・中学生作文コンクール(日報作文)の表彰式は26日、市立図書館であり、特選に輝いた石川真由さん(須恵小3年)、林真帆さん(上宇部小5年)、延岡芳明君(宇部フロンティア大付属中3年)をはじめ、入賞者30人が出席し、祝福を受けた。宇部日報社主催、宇部市教育委員会共催。山陽小野田市教育委員会、山口市教育委員会、美祢市教育委員会後援。

 続きを読む…

山陽小野田市連合女性会が生涯学習フェスタ

フラダンスを披露する厚狭のメンバー(市民館で) 山陽小野田市連合女性会(岡部つや子会長、1550人)主催の2011年度生涯学習フェスタは27日、市民館で開かれた。多くの市民がステージ発表や作品展で、学習の成果を披露した。市教育委員会共催。

 続きを読む…

2011年11月26日

船木宿ウオーク、歴史と健康110人楽しむ

火災を予防し、牛馬の水飲み場としても活用されていた北側用水路を見学する参加者(26日午前9時すぎ、船木で) 宿場町として栄えた旧山陽道の船木宿を歩こうと、船木校区の健康ウオーキング大会が26日、船木ふれあいセンターを出発点としてあり、校区外からの参加者を含む約110人が街道の名残をたどった。校区コミュニティー推進協議会(岩本幹夫会長)主催。

 続きを読む…

冬を彩る、干し柿色づく

天井からつるされたたくさんの干し柿(26日午前9時すぎ、恩田町で) 宇部市恩田町のミキヤ青果(柏村住美江社長)で晩秋の風物詩の干し柿作りが始まった。店頭の色鮮やかなカキのカーテンが、訪れた人に年末が近づいたことを伝えている。

 続きを読む…

FM「サンサンきらら」来年2月開局

FMサンサンきららのロゴマーク まちの活性化に一役買おうと、コミュニティーFM局「サンサンきらら」(周波数89・7メガヘルツ)が、来年2月1日から港町の富士海運本社ビル2階に開局する。〝わがまちのラジオ局〟として身近な生活、行政情報や災害時の防災情報をいち早く流し、減災に役立てる。

 続きを読む…

2011年11月25日

防災基本条例(仮称)検討協を設置、安心のまちへ市民の意見

条例づくりに向けて活発に議論する出席者(市役所で) 宇部市は24日、外部委員で構成する防災基本条例(仮称)検討協議会を設置した。委員長にNPO法人防災ネットワークうべの三浦房紀理事長、副委員長に日本防災士会県支部の山本晴彦支部長を選んだ。災害に強い安心安全のまちづくりを推進するため、見直しを進めている地域防災計画と連動して、行政、事業者、地域、市民などさまざまな主体の役割や取り組みを盛り込む。来年3月市議会の上程に向けて作業を進める。議決されれば県内初の条例となる。

 続きを読む…

原小バスケットボール教室、元日本代表が指導

塩屋さんのボールを奪おうとする子供たち(原小で) 原小(木村芳則校長)で24日、スポーツ選手活用体力向上事業バスケットボール教室が開かれ、6年生が元五輪日本代表の塩屋清文さん(41)から競技の楽しさを教わった。

 続きを読む…

西部石油山口製油所で総合防災訓練

火点に向かって放水作業を行う自衛消防隊(西部石油山口製油所で) 山陽小野田市西沖の西部石油山口製油所(三雲義也所長)で24日、総合防災訓練が開かれた。市消防本部、市、西部石油自衛消防隊、西沖自衛消防隊から約250人が参加し、通報、消火、救護、情報収集など、有事の際の相互の連携を確認した。

 続きを読む…

2011年11月24日

市子ども会文化祭、校区代表 熱演

ステージに立つ子供たち(記念会館で) 第46回宇部市子ども会文化祭は23日、記念会館で開かれ、9校区の15子ども会が劇や踊りなどを発表した。市子ども会育成連絡協議会(松橋美惠子会長)主催。宇部日報社後援。

 続きを読む…

宇部産の「梅ワイン」完成

梅ワインの完成を久保田后子市長に報告する永山社長(右、市役所で) 宇部市の常盤公園や西岐波などで取れた梅で仕込んだ100%宇部産の「梅ワイン」が完成した。果肉成分を瓶内に残した薄にごりで、香りが高く、うま味も強い。宇部の農林水産物を使用して、市内で加工した製品「うべ元気ブランド」認証製品とのコラボレーションも期待される。

 続きを読む…

山陽小野田市、船鉄バス車内に交通安全ポスター

車内に張られた交通安全ポスター(船鉄バスの車内で) 山陽小野田警察署(宮崎歳和署長)は、船木鉄道(大谷昭治社長)の協力を得て、同社が山陽小野田、宇部、美祢の3市で運行する路線バスの車内に、市内の小・中学生から募集した交通安全を啓発するポスターの掲示を始めた。

 続きを読む…

2011年11月22日

「うべ歴史読本」完成、原始時代から戦後を一冊に

宇部の歴史や文化をまるごと1冊に収めた「うべ歴史読本」 月崎遺跡から興産大橋まで、郷土の歴史や文化を分かりやすく紹介した「うべ歴史読本」が完成。NPO法人うべ未来100プロジェクト(光井一彦理事長)から発行された。来年1月には、この読本をテキストにした第1回宇部検定も実施。宇部の魅力探求を深めていく。

 続きを読む…

常盤公園の名物ジェットコースター撤去へ

 常盤公園の遊園地にあるローラーコースターが来月11日で営業を終える。県内唯一のジェットコースターとして約20年間にわたり親子の思い出づくりに貢献してきたが、老朽化に伴いピリオドを打つことになった。

 続きを読む…

山陽小野田市、古里づくりで市長と対話

発表する小野田校区代表の高宮さん(市商工センターで) 山陽小野田市で市長を囲んでふるさとづくり(夢)を語る会は21日、市商工センターで約100人が出席してあり、6校区の代表者が古里づくりに対する意見や思い、提案を発表した。山陽小野田市ふるさとづくり協議会(中務敏文会長)主催。

 続きを読む…

2011年11月21日

山田監督 古里への思い、講演と上映会

宇部の思い出を語る山田さん(記念会館で) 思春期から青年期を宇部市藤山地区で過ごした映画監督・山田洋次さんの講演会と作品「たそがれ清兵衛」の上映会は20日、記念会館で開かれ、約1300人が、宇部での思い出や映画作りへの情熱など、山田さんの話に聞き入った。うべYY会(岡本忠雄会長)主催、市共催、宇部日報社など後援。

 続きを読む…

宇部日報杯ソフト、ブラックス復活飾るV

優勝したブラックス(東部体育広場で) 第36回宇部日報杯ソフトボール大会は20日、東部体育広場で開かれ、B、C級から11チームが出場し、熱戦を繰り広げた。優勝はブラックス。宇部日報社、市ソフトボール協会主催。

 続きを読む…

山陽小野田、ねたろう食育フェスタ

笑いで包まれた熊八クッキングトークショー(市民館で) 元気いっぱいねたろう食育フェスティバルと第2回SOS健康フェスタは20日、市民館で開かれ、大勢の市民がイベントを通して健康づくりに関心を深めたり、食の大切さを学んだりした。かたつむりで行こう会(SOS健康づくり計画運営委員会)、山陽小野田市主催。

 続きを読む…

2011年11月19日

宇部市、都市計画税を課徴収

 宇部市は18日、都市計画税の課税対象となる用途地域に該当しない土地や家屋から誤って徴税していたと発表した。1973年に同地域を変更した際の確認ミスが原因で、38年間の過徴収額は約2800万円と推定される。該当者に速やかに連絡、謝罪し、要綱に基づいて過去20年間分の税相当額等の還付手続きを進める。一方、新たに課税が生じる人もおり、専用電話を設けて対応する。

 続きを読む…

宇部商デパート、生徒の呼び込み熱気

試食を用意し、ミカンをPRする生徒たち(19日午前9時50分ごろ、宇部商高で) 宇部商高(植山栄校長、466人)で19日、第26回宇部商デパートが始まった。食べ物や雑貨などの18店舗が並び、売り上げを伸ばそうと意気込む生徒たちの熱気に包まれている。20日まで。

 続きを読む…

全国高校生料理コン、小野田の坂木さん最優秀賞

受賞作の「ネギ・コン和洋ロール」と坂木さん(小野田高で) 小野田高1年の坂木茜音さん(16)が、第42回全国高校生料理コンクール(全国高等学校家庭クラブ連盟主催)で、全国第1位となる最優秀賞に輝いた。「まさか全国1位になるとは思ってなかったので、びっくりしたけど、とてもうれしい」と受賞を喜んだ。

 続きを読む…

2011年11月18日

20日、秋穂ロードレースで児童虐待防止をPR 阿知須の支援センター清光

ロードレース大会で児童虐待防止啓発用に着用するTシャツなど 11月は児童虐待防止推進月間。山口市阿知須の児童福祉施設・こども家庭支援センター清光(浅川寛信センター長)は20日、1000人規模の参加があるロードレース大会で、初めてオレンジリボン運動キャンペーンを繰り広げる。賛同する選手とボランティアが、子供虐待防止のシンボルである「オレンジリボン」をあしらったTシャツやジャンパーを着用。横断幕やのぼりも設置して、広く虐待防止をPRする。

 続きを読む…

市小学校音楽祭、合奏や合唱に24校1800人熱演

合奏「情熱大陸」を発表する岬小の5、6年生(記念会館で) 宇部市小学校音楽祭は17、18の両日、記念会館で開かれ、子供たちが息の合った合奏や合唱を発表している。小学校音楽科教育研究会主催。市教育委員会共催。

 続きを読む…

高千帆小児童が食育体験学習

買い物ゲームの指示に従い野菜を探す小学生(マックスバリュ小野田店で) マックスバリュ小野田店(南和昌店長、東高泊)で17日、食育体験学習会が開かれ、高千帆小(岡田博校長、596人)の5年生92人が食生活の大切さを学んだり、野菜サラダを作って試食したりした。マックスバリュ西日本主催。

 続きを読む…

2011年11月17日

市地球温暖化対策ネット、県内で初の「エコ通勤優良事業所に」

登録証を手にする担当者(寿町の事務所で) 宇部市地球温暖化対策ネットワーク(中西弘代表)は、国土交通省と交通エコロジー・モビリティー財団が進めている「エコ通勤優良事業所」に、県内で初めて認証・登録された。

 続きを読む…

神原小、段ボールコンポストの成果 作った堆肥を花壇に

段ボールコンポストでできた堆肥をまく4年生(神原小で) 宇部市内の小学校で初めて段ボールコンポストに取り組んだ神原(古谷友伯校長、273人)の4年生の手作り堆肥が出来上がった。16日には、52人全員で学校の花壇にまき、「きれいな花を咲かせてね」と願いを込めた。

 続きを読む…

おのだサンパーク、火災想定し防災訓練

非常口から店外へ避難するよう誘導する店員(おのだサンパークで) おのだサンパークで16日、火災を想定した防災訓練が行われ、買い物客の避難誘導や初期消火、自衛消防隊と市消防隊との連携などを確認した。

 続きを読む…

2011年11月16日

市「成人式」会場は俵田体育館

 宇部市の成人式は1月8日午後3時から俵田体育館で開かれる。より自由度の高い会場で、大いに語り、楽しんでもらおうという計らいだが、周知不足が原因で、対象者や保護者から問い合わせが相次いでいる。開会時間も変わっており「午前中に着付けや写真撮影を済ませた後、着崩れしないように過ごすには時間が長い」「移動が大変」など戸惑いの声も聞かれる。

 続きを読む…

名物サクラ絶やさず、常盤駅の「ヒガン」の後継ぎ

順調に育っているヒガンザクラと武永さん(山口市阿知須で) 「花芽が付いているでしょう」と、樹木の生命を大事にする会の武永順次会長(74)が順調な生育を喜んでいるのはヒガンザクラ。JR宇部線常盤駅で「宇部市内で最も早く咲くサクラ」として知られた木を取り木。山口市阿知須旦東の自宅で大切に育てている。順調にいけば来年2月ごろには花が咲くという。

 続きを読む…

山陽小野田市、高齢者対象に自転車の乗り方講習

歩道を一列になって走る参加者(長田屋橋交差点付近で) お年寄りの交通事故防止県民運動初日の15日、山陽小野田警察署主催の「シルバー・セーフティーバイシクルセミナー」が開かれた。市内の高齢者、地域交通安全活動推進委員ら15人が参加し、走行ルールなど自転車の正しい乗り方を改めて学んだ。

 続きを読む…

2011年11月15日

宇部市財政課試算、来年度予算編成方針固まる

 宇部市は14日、2012年度の予算編成方針を発表した。財政課の試算によると、予算規模は歳出ベースで今年度当初予算より5億円増の619億円。市制100周年に向けて新たなスタートを切る年と位置付け、限られた財源を効果的に活用し、住民福祉の向上と地域活性化の拡充につなげる。

 続きを読む…

市イノベーション大賞、認定候補に小田産業(阿武町)

 宇部市は、第3回イノベーション大賞の認定候補として、阿武町奈古の陸上運送業・土木工事業、小田産業(小田茂正社長)の環境関連事業「複合プラスチックの分離回収施設整備事業」を選んだ。市内の産業団地への進出が確実になった時点で正式に認定し、操業開始後、事業奨励金1億円を交付する。

 続きを読む…

山陽小野田市「有帆ふるさとマップ」完成

完成した有帆ふるさとマップ 有帆の歴史を後世に伝え残すことを目的にした「有帆ふるさとマップ」が完成した。校区内の遺産や旧跡、神社仏閣を分かりやすく紹介している。有帆を知っちょる会(笠井洋祐会長)が作った。市内では、本山校区の「本山・竜王山を楽しむマップ」、須恵校区の「須恵校区みどころマップ」に続き、3番目の作製。

 続きを読む…

2011年11月14日

「宇部炭田の礎」除幕

顕彰碑を除幕する伊藤代表(左から2人目)ら(宗隣寺で) 福原芳山公の遺徳を顕彰する「宇部炭田の礎」の碑が、宇部市小串の宗隣寺(山中原浩住職)に建立され、福原家の年忌法要「福星忌」に合わせた除幕式が13日、同寺で行われた。28代当主・福原宏俊さん(49)が大阪府寝屋川市から駆け付けたのをはじめ、福原家にゆかりがある約200人が出席。偉大な先人の功績をたたえ、郷土のさらなる発展を誓った。

 続きを読む…

長州科楽維新プロジェクト、ペットボトルタワー世界新記録更新11・903メートル

世界記録としてギネスに申請するペットボトルタワー(常盤遊園地で) 山口大の学生を中心とした長州科楽維新プロジェクト「科楽の楽しみを運ぶ学生隊」は13日、山口大おもしろプロジェクトや宇部かたばみライオンズクラブの協力を得て、常盤遊園地で世界一高いペットボトル彫刻タワーの作製に挑戦した。高さ11・903㍍まで積み上げて昨年、同プロジェクトが樹立したギネス世界記録を塗り替えた。今後1~2週間後をめどに、ギネスの認定を受けるための申請をする。

 続きを読む…

厚狭秋まつり、にぎわう

100人の隊列で商店街を練り歩く古式行事の大行司(駅前商店街で) 厚狭秋まつりは13日、JR厚狭駅前商店街周辺を会場にして開かれ、1万5000人(主催者発表)の人出でにぎわった。大名行列を再現した古式行事が威勢よく練り歩いたほか、駅前商店街特設ステージでは地元団体が多数出演し、パフォーマンスを繰り広げた。

 続きを読む…

2011年11月12日

鳥インフル市対策会議、対応マニュアル整備急ぐ

今後の対応などを協議する職員(市役所で) 野鳥の本格的な渡りのシーズンに入り、宇部市は11日、鳥インフルエンザ対策連絡会議(会長・末次宣正産業経済部長)を市役所で開いた。高病原性鳥インフルエンザが清浄化し、危機管理レベルが通常に戻った5月以降の常盤公園の状況や国が示した飼養鳥に関する指針、市の対応マニュアル整備などについて、関係部局が現状確認、情報共有に努めた。

 続きを読む…

宇部工高、創立90周年の節目祝う

壇上であいさつする山口校長(記念会館で) 宇部工高(山口和也校長)の創立90周年記念式典は11日、記念会館で開かれた。生徒と教職員のほか、歴代校長や卒業生が出席して節目を祝った。

 続きを読む…

JR美祢線利用促進の輪広がる

 運行を再開したJR美祢線をもり立てようと、厚狭高を1960年に卒業したメンバーが、このほど美祢線に乗って湯本温泉で卒業以来52年ぶりの同窓会を開いた。山陽小野田、美祢、長門の3市の保育園児も交流イベントを開くなど、各方面で美祢線利用促進の輪が広がっている。

 続きを読む…

2011年11月11日

北迫貝塚で"弥生人"体験 元市助役の矢富さん19日に新企画

北迫貝塚へ向け開拓した入り口に立つ矢富さん(川上和田の川上ファームで) 元宇部市助役でNPO法人・産業創造支援ステーション副理事長の矢富敏肆さん(69)=南小串2丁目=は、弥生時代の宇部人の生活を再現するプロジェクト「川上ファームから北迫貝塚へ」を19日、始動させる。同遺跡がある真締川中流域を舞台に、子供たちに山林開拓や秘密基地づくりなど「ターザン気分」を味わいながら、自然との共生を楽しんでもらう。脳梗塞を乗り越え、挑戦を続ける矢富さんの新たな夢だ。

 続きを読む…

香川高卒の推理小説作家、北森鴻さん 母校図書室にコーナー

同期生たちが贈った北森鴻さんの全作品(宇部フロンティア大付属香川高で) 宇部フロンティア大付属香川高OBで、昨年1月に48歳の若さで逝去した推理小説作家、北森鴻さん(本名新道研治=写真)の業績を後輩たちに伝えたいと、同期の有志たちが母校に全34作品のハードカバーと文庫本合わせて67冊を寄贈した。同校の図書室に特設コーナーを設けており、在校生たちが関心深く、先輩の著書を手にしている。

 続きを読む…

山陽小野田市「街の駅くし山」オープン

新鮮な野菜や魚を販売している街の駅の店先(東高泊で) 産地直送の新鮮な野菜や鮮魚を販売する「街の駅くし山」が6日、東高泊のマックスバリュ小野田店北側の県道沿いにオープンし、大勢の買い物客で連日にぎわっている。

 続きを読む…

2011年11月10日

少年リーダーズサミット、市議会議場で中学生の決意

議場で話し合う中学生(市議会議場で) 宇部地区少年リーダーズサミットが9日、市議会議場で開かれた。市内8中学校の防犯ボランティアの生徒53人が議長や議員の席に座り、議題の万引きと自転車盗の防止、携帯電話の正しい使い方を議論し、宇部市を安全で安心な街にするための声明を採択した。

 続きを読む…

市子連「地球温暖化防止プログラム」子供の省エネ意識高まる

 宇部市子ども会育成連絡協議会(松橋美惠子会長)はこのほど、「地球温暖化防止プロジェクト2011inうべ」の成果をまとめた。児童、保護者が日常生活の中で二酸化炭素(CO2)の排出削減に取り組み、6月から8月までの3カ月間で約28・30㌧を減らした。年々ハードルを高く設定しており、目標の30㌧には届かなかったが、子供たちの省エネ意識は年を重ねるごとに高まっている。

 続きを読む…

山陽小野田市管内で人身事故多発

 山陽小野田市内で交通事故が増加している。特に人身事故の増加が目立ち、1カ月前の先月10日までの負傷者数累計は292人(前年比マイナス12人)だったが、9日までの累計は341人(前年比プラス5人)と急増中だ。交通量の増加する年末にかけては例年、事故件数が増加する傾向にあり、山陽小野田署では、ドライバーに交通ルールを守った安全運転を呼び掛けている。

 続きを読む…

2011年11月 9日

日報作文、入賞者決まる 市長賞に石川さん須恵小3年

 第51回宇部市近郷小・中学生作文コンクール(日報作文)の入賞者が決まった。最高賞の特選には、宇部市長賞(小学校低学年の部)に石川真由さん(須恵3年)の「すてきなプレゼント」、市教育長賞(同高学年の部)に林真帆さん(上宇部5年)の「ボールに向かって」、宇部日報社長賞(中学校の部)に延岡芳明君(宇部フロンティア大付属3年)の「グレンが教えてくれたこと」が選ばれた。表彰式は26日午後1時半から市立図書館2階講座室で行う。宇部日報社主催、宇部市教育委員会共催。山陽小野田市教育委員会、山口市教育委員会、美祢市教育委員会後援。

 続きを読む…

市・県連絡会議、植樹祭への協力要請

三輪会長から連絡会議の趣旨を聞く各市長ら(万倉ふれあいセンターで) 県の出先機関で構成する宇部地域行政連絡協議会(会長・三輪芳久宇部県民局長、31機関)と、管内(宇部・山陽小野田・美祢市)の各市長による宇部地域市・県連絡会議は8日、万倉ふれあいセンターであり、来年5月に山口市阿知須のきらら浜で開催される全国植樹祭と、中山間地域づくりの推進について、意見と情報を交換した。

 続きを読む…

美祢市歴史民俗資料館、27日まで「美祢線」特別展

人気を集める美祢線周辺のジオラマ(美祢市歴史民俗資料館で) 昨年7月の豪雨で運休し今年9月に運行を再開した美祢線をテーマに、関連資料の展示を通しローカル線への理解を深め、利用促進につなげようと企画された。

 続きを読む…

2011年11月 8日

永山本家酒造場、仕込みスタート

酒母の仕込みに忙しい蔵人たち(8日午前9時半、永山本家酒造場で) きょう8日は暦の上では「立冬」。日は短くなり時雨が降る季節となった。宇部市内で唯一の造り酒屋、二俣瀬車地の永山本家酒造場(永山義毅社長)では、酒の仕込み作業がスタートした。

 続きを読む…

会計検査院、宇部市、山陽小野田市でも不適正経理

 会計検査院が7日に公表した2010年度の決算検査報告で、宇部市や山陽小野田市でも不適切な経理処理が判明した。本来より多く支払われた国の負担金や交付金は、返納を求められる。

 続きを読む…

厚狭小で民話の読み聞かせ

夢中になって黒瀬さんの話を聞く児童たち(厚狭小で) 厚狭小(三原裕人校長、601人)で7日、3年生110人を対象にした民話の読み聞かせの会が開かれた。児童は、下関市の黒瀬圭子さん(78)=日本民話の会=と厚狭図書館の開初茂夫館長から民話を聞き、民話に親しんだ。

 続きを読む…

2011年11月 7日

宇部まつり、節目祝福27万人の熱気

子供らとパレードするディズニーのキャラクター(常盤通りで) 第60回宇部まつり本祭は6日、宇部市役所周辺で開かれた。市制施行90周年との二つの節目を記念した東京ディズニーリゾート・スペシャルパレードもあり、常盤通りとシンボルロードの約1・5㌔の歩行者天国は大勢の家族連れでにぎわった。5日の前日祭と合わせた来場者数は、昨年より2万人多い27万人(主催者発表)に上った。

 続きを読む…

宇部日報創刊100周年プレ企画 小林さん「熱情」のピアノで魅了

全身全霊を込めて弾く小林さん(記念会館で) 宇部日報創刊100周年プレイベント、小林愛実ピアノ・リサイタルは5日、記念会館で開かれた。活躍の場を世界に広げる宇部出身の16歳のピアニストの、全身全霊を込めた演奏が、1100人の来場者を魅了した。宇部好楽協会、宇部日報社主催。

 続きを読む…

近郷中学校駅伝、男子 高千帆A 女子 西岐波栄冠

ゴールテープを切る男子優勝の高千帆A・西村瀬那選手と女子優勝の西岐波・立石友紀選手(常盤公園管理事務所前で) 宇部市近郷中学校駅伝競走大会は6日、常盤公園管理事務所前を発着点とする同公園周遊園路コースで開かれた。6区間18・6㌔で争った男子は高千帆Aが4年ぶり4回目の制覇。同12・4㌔の女子は西岐波が初優勝を果たした。宇部日報社主催、市体育協会、市教育委員会、市中学校体育連盟、市陸上競技協会共催。

 続きを読む…

親子10組がガラス制作体験

ガラス造形作家の西川慎さんに手ほどきを受ける戸高君(きららガラス未来館で) 富士商主催のガラス制作体験プログラム「親子でガラスコンシェルジュになろう!」は6日、きららガラス未来館で始まり、10組の親子がガラス制作の技法を学んだ。

 続きを読む…

2011年11月 5日

厚東川川づくり検討委 初会合

 厚東川水系の河川整備計画を策定する厚東川川づくり検討委員会(浮田正夫会長、23人)の初会合が4日、琴芝町1丁目の県総合庁舎であり、高潮堤防の整備や河床掘削などを内容とする県の整備計画案が示された。

 続きを読む…

お化け屋敷 世界一に、歩行距離でギネス認定

歩行距離のギネス認定を受けたお化け屋敷「DEAD or ALIVE」(宇部新天町名店街で) 8月に宇部新天町名店街にオープンしたお化け屋敷「DEAD or ALIVE(デッド・オア・アライブ)」が、お化け屋敷の歩行距離部門でギネス世界記録の認定を受けた。館内での歩行距離は1290㍍。夏のピークを終え、客足が遠のく施設の新たな起爆剤として期待が掛かる。

 続きを読む…

竜王黄金の会、焼酎用のイモ収穫

大きなイモを掘り出す会員(松浜地区で) 芋焼酎造りに取り組む竜王黄金の会(西村弘和会長、20人)では、6月に竜王山周辺の畑に植えたコガネセンガンを収穫している。先月中旬から始まった作業も終盤。今シーズンは大きいイモが多く、全体量も昨年の2倍を超える豊作となった。

 続きを読む…

2011年11月 4日

県警、自転車交通総合対策の導入方法を検討

歩道に設置された自転車レーン(下条で) 県警は、先月末に警察庁から通達があった自転車交通総合対策の導入方法を検討している。自転車の原則車道走行と悪質で危険な運転の取り締まりの強化が大きな柱だが、専用レーンを含めた道路拡幅は難しく、地域の実情に合わせた乗り越えるべき課題がある。

 続きを読む…

吉部八幡宮で芋煮え祭り

みこしを担いで出発する総代ら(吉部八幡宮で) 吉部八幡宮(野村清風宮司)の秋の大祭となる「芋煮え祭り」は3日、東吉部の同宮で開かれた。創建された当時(1261年)の「芋煮の神事」に由来する祭りで、ステージイベントなどもあり、多くの参拝者でにぎわった。

 続きを読む…

「中・高校生と乳幼児のふれあい体験事業」開講

古城さんからコミュニケーション手法を学ぶ参加者たち(市商工センターで) 宇部市、山陽小野田市、美祢市の中・高校生を対象にした「中・高校生と乳幼児のふれあい体験事業2011」は3日、山陽小野田市商工センターで開講式が行われた。同実行委員会(横山勇美委員長)が2007年から取り組んでいる事業で、4回目の今回は21人が受講。26日まで講座と実践活動が計6回あり、生徒たちは「命を育てる」ことについて学ぶ。

 続きを読む…

2011年11月 2日

12月2、3日2会場 市制90周年記念「うべ映画祭」

 宇部市制施行90周年記念「うべ映画祭」は、12月2、3日の2日間、文化会館とシルバーふれあいセンターで開かれる。視覚、聴覚障害者も楽しめるバリアフリー映画(字幕、音声ガイド)として邦画の話題作や自主制作作品を上映する。同実行委員会(福原誠二代表)主催。

 続きを読む…

商議所運輸港湾部の労作、宇部まつりでハクチョウの山車

完成した山車(宇部物流サービスで) 宇部商工会議所運輸港湾部会(末繁哲雄部会長)が、宇部まつりで使う山車を制作した。市制施行90周年を祝うとともに、常盤湖の再生を願いハクチョウをモチーフにしており、6日の本祭で常盤通りをパレードし、まつりを一層盛り上げる。

 続きを読む…

山陽小野田市、20日に食と健康祭

ねたろう食育とSOS健康フェスタのPRチラシ 元気いっぱいねたろう食育フェスティバルと第2回SOS健康フェスタは、20日午前10時から市民館で開かれる。かたつむりで行こう会(SOS健康づくり計画運営委員会)、山陽小野田市主催。

 続きを読む…

2011年11月 1日

宇部市制施行90周年記念式典、出席者1,000人が「市民の歌」大合唱

siseikinennbi.jpg 宇部市制施行90周年記念式典は、1日午前10時から記念会館で開かれ、県、経済界、姉妹都市の豪州ニューカッスル市、友好都市の中国威海市などから来賓を迎え、古里の大きな節目を祝った。招待者、市民も含め、出席者約1000人が「市民の歌」などを大合唱し、伸びゆく郷土の発展を誓った。

 続きを読む…

UBEビエンナーレ、市民特別賞は津村さん(兵庫県)

choukokusiminnshou.jpg 宇部市は31日、第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の実物制作作品のうち、市民が選ぶ特別賞「緑と花と彫刻の博物館賞」に、津村良さん(兵庫県)の「みんなの楽しみ」が決まったと発表した。

 続きを読む…

山陽小野田市民病院が新市民病院の市民向け説明会

onodasimnnbyouinn.jpg 山陽小野田市民病院が現在の病院の敷地内に建設を予定している新しい市民病院の市民説明会が31日、市保健センターで約20人が出席してあり、病院側が新病院の基本計画や災害対策について紹介した。市民からは将来の経営収支のめどや、海抜ゼロメートル地帯での浸水対策についての質問が出た。1日午後6時半からは市役所3階の会議室で説明会がある。

 続きを読む…