2011年9月30日

スポーツの祭典あす開幕、宇部の会場も準備万端

多くのテントが並ぶ中央コート 山口国体が、いよいよ10月1日に開幕する。初日は山口市の維新公園陸上競技場で天皇、皇后両陛下をお迎えして総合開会式を実施。2日から県選手団942人(選手・監督は912人)が悲願の天皇杯獲得に向け、10日間の熱戦に挑み、多くのボランティアがおもてなしの心で来県者を迎える。宇部市内の競技会場ではプレハブの本部やテントが設置され、着々と準備が進んでいる。

 続きを読む…

科学作品展、小学校は川上が3賞

 宇部市小・中学校科学作品展の市内審査は29日、福祉会館で開かれ、3賞など両部門の特選が決まった。最優秀賞の市教育長賞には、小学校の部は川上4年の山本夏凜さんの「ひまわりのひみつをさぐる4年目だ!」、中学校の部は楠1年の角野直輝君の「自動水やり機」が選ばれた。審査に進んだ全175点は、30日から10月3日まで同会館に展示されている。

 続きを読む…

山陽小野田市自治連、美祢線利用促進で初の民間交流

壇上で交流促進を誓う岡本会長(美祢市民館で) 山陽小野田市自治会連合会(岡本志俊会長)など市内4団体の100人が29日、運行を再開したばかりのJR美祢線を利用して、美祢市と長門市で民間交流を繰り広げた。3市の関係団体は美祢線の利用促進と地域振興に向けてスクラムを組むことを確認した。

 続きを読む…

2011年9月29日

秋の花壇コン 初の"殿堂入り"誕生 花園自治会と國司さん

 宇部市緑化運動推進委員会(会長・久保田后子市長)による秋の花壇コンクールは28日午後、各賞が決定した。花づくりの達人部門からは、東岐波花園自治会と同自治会の國司久良さんがそれぞれ、通算3度目となる最高賞の市長賞を獲得。初の〝殿堂入り〟を果たすことが決まった。

 続きを読む…

花壇コン、市長賞に國司さん

 来訪者にシーズンごとに違った印象を与え、色鮮やかな絵本を手に取るような楽しさを味わわせてくれるのが、東岐波花園の國司久良さん(68)と千登世さん(64)夫妻が手掛けている花壇。洋風の庭園で約100平方㍍の広さがある。

 続きを読む…

花壇コン、市長賞に花園自治会

 国道190号の沿線を彩る花壇の中でも、ひときわ美しく咲き誇り、通行する市民の目を奪っているのが東岐波花園自治会の花壇。松田輝夫さんを代表に、有志20人が3カ所約200平方㍍を管理している。

 続きを読む…

500円の買い物、"魅力"体験ワンコイン・パスポートdeスタンプラリー

ワンコイン・パスポートdeスタンプラリーの冊子 宇部市内の中小商業の活力創出に向けた宇部商工会議所(千葉泰久会頭)の事業「ワンコイン・パスポートdeスタンプラリー」は、10月1日からスタートする。ワンコイン(税込み500円)で商品、サービスを提供できる店舗をフルカラーの冊子にまとめて紹介。消費者は、スタンプ4個を集め冊子に付いたはがきで応募すれば、抽選で賞品が当たる仕組みで、同会議所では「これを機に、魅力的な店舗がたくさんあることを市民に知ってもらい、市内での消費拡大につながれば」としている。

 続きを読む…

「おんかつホールコンサート」美しい音色で聴衆魅了

3人の演奏に聴き入る聴衆(きららガラス未来館で) 山陽小野田市教育委員会主催の「おんかつホールコンサート」は28日、焼野海岸のきららガラス未来館で開かれた。来場した聴衆50人は、海野幹雄さん(チェロ)、野尻小矢佳さん(パーカッション)、海野春絵さん(ピアノ)の3人が奏でる美しい音色を楽しんだ。

 続きを読む…

2011年9月28日

あすからコミュニティータクシー、西宇部校区で実証運行

出発を前にテープカットする関係者(28日午前10時半、西宇部ふれあいセンターで) 西宇部校区の交通空白地域解消に向けたコミュニティータクシーの実証運行が29日から始まる。出発式は28日午前10時から西宇部ふれあいセンターで行われ、地域住民や関係者ら50人が地元主導によるコミュニティー交通の誕生を祝った。路線バスが入れない住宅団地内を乗り合いタクシーが巡回し、JR宇部駅、近くの商業施設を結び、買い物や通院などで困っている高齢者らの利便性を高める。

 続きを読む…

JR宇部新川駅、バスシェルター完成

完成したシェルター(JR宇部新川駅前で)のサムネール画像 JR宇部新川駅とバス停留所を結ぶ通路にバスシェルター(屋根)が完成した。快適な歩行空間を確保することで、主要な交通結束点としての機能、中心市街地に位置するまちの玄関口の利便性が高まった。

 続きを読む…

「SOSおきよう体操」広がる

「SOSおきよう体操」を練習する市民(市保健センターで) 市民の元気に一役買おうと、市民健康体操がより身近な「SOSおきよう体操」とネーミングされ、講習会や幼・保育園を通して広まりつつある。11月20日に市民館で開かれる第2回SOS健康フェスタでもPRのためのデモンストレーションが行われる。

 続きを読む…

2011年9月27日

市中学校科学研究発表会、教育長賞に古谷君(厚南2年)

 2011年度宇部市中学校科学研究発表会は26日、神原中で開かれ、各校の代表生徒13人が夏休みに取り組んだ実験や調べ学習の成果を発表した。

 続きを読む…

JR東新川駅に"国体"改札口

除幕で新しい改札口の完成を祝う出席者(テニスコート口で) 宇部市がJR宇部線東新川駅の東側に整備していた改札口「テニスコート口」が完成し、26日には関係者50人を集めて記念式典が開かれた。利用開始は10月1日の始発以降で、山口国体・山口大会でソフトテニスの会場となる宇部市中央コート「宇部マテ〝フレッセラ〟テニスコート」に直接出入りでき、周辺住民や通学する生徒らの利便性、安全性が高まる。

 続きを読む…

「けんちょうコロッケ」商品化

完成した「けんちょうコロッケ」を手にする田中会頭(中央)ら(山陽商工会館で) 地元農産物を使った「はなえるコロッケ」を手掛ける美祢市大嶺町の「なかしん」(中島真哉社長)は26日、山陽商工会館で山口国体に向けて商品化した「けんちょうコロッケ」を披露した。山口県の郷土料理「けんちょう」とジャガイモを混ぜ合わせた新感覚のコロッケに仕上がっている。

 続きを読む…

2011年9月26日

日報旗少年野球、A級は西岐波

A級で優勝した西岐波(常盤公園スポーツ広場で) 第36回宇部日報旗少年野球大会は24日、常盤公園スポーツ広場でA級の決勝が行われ、西岐波が8─0で黒石を下した。西岐波の優勝は5年ぶりで、最多となる7度目の優勝旗を手にした。宇部日報社主催、宇部市少年野球協議会主管。

 続きを読む…

400人集い障害者の祭典

壇上で意気込みを語る山口大会の出場選手たち(文化会館で) 「Happy Together 2011-障害者の祭典」は24日、宇部市文化会館であり、参加者約400人が、第11回全国障害者スポーツ大会(山口大会)の成功に向けて、士気を高めた。

 続きを読む…

JR美祢線運転再開、児童ら沿道から祝福

記念列車に向かって手を振り、列車を見送る厚狭小の児童(26日午前9時8分ごろ、鴨庄で) JR美祢線が運転再開した26日、厚狭駅の美祢線が発着する1番線ホームは、朝の1番列車から多くの高校生らが乗降した。記念列車を写真に収めようという鉄道ファンも多く訪れ、1年2カ月ぶりに人波が戻った。

 続きを読む…

2011年9月24日

彫刻新時代へ、ビエンナーレ開幕

大賞作品とイストラーテさん(24日午前10時半) 宇部市制施行90周年、野外彫刻展50周年を記念した第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)は24日、常盤公園の野外彫刻展示場で開幕し、新しい時代への変化を予見させる実物制作指定作品20点が来場者を楽しませている。前日の選考委員会で、ルーマニアのジョージ・ダン・イストラーテさん(36)の「UNITY OF OPPOSITES(ユニティ オブ オポジッツ)」が大賞(宇部市賞)に輝いた。海外作家の最高賞は22回大会以降3回連続。会期は11月13日まで。

 続きを読む…

日報旗少年野球、B級は藤山 C級は常盤

仲間とハイタッチして優勝を喜ぶB級藤山の選手たち(東岐波体育広場で) 第36回宇部日報旗少年野球大会の2日目は23日、常盤公園スポーツ広場と東岐波体育広場で行われた。準々決勝と準決勝があったA級では西岐波と黒石が決勝に進出。B、C級は準決勝と決勝があり、決勝ではB級は藤山、C級は常盤がともに1─0の接戦を制した。A級の決勝は24日午後2時から同スポーツ広場で行われる。

 続きを読む…

山陽小野田市交通安全対策協議会、フェスタで無事故呼び掛け

交通安全を願って演奏する須恵小金管バンド(おのだサンパークで) 山陽小野田市交通安全対策協議会(会長・白井博文市長)の交通安全フェスタは23日、おのだサンパークであり、交通安全功労者らの表彰や買い物客に無事故を呼び掛けるキャンペーンなどが行われた。

 続きを読む…

2011年9月22日

船木の茶屋交差点、国道事務所 改良工事へ地元説明会

 国道2号茶屋交差点の改良工事に向けて、国土交通省山口河川国道事務所は21日、地元の宇部市船木で、地権者や住民を対象に事業概要を説明した。今月中にも用地買収に関わる仮幅くいの設置に掛かりたいとしている。

 続きを読む…

国体宇部市壮行式

選手を代表して決意を述べる松﨑選手(ときわ湖水ホールで) 間近に迫った山口国体と山口大会に出場する宇部市関係の監督と選手の壮行式が21日、ときわ湖水ホールで開かれた。地元開催となる今年は例年の倍以上となる122人。うち95人が出席し、山口国体市実行委員会の会長を務める久保田后子市長ら関係者から激励を受けた。

 続きを読む…

山陽小野田市、息子名乗りオレオレ詐欺 行員の説得で未遂に

 山陽小野田市内で21日、オレオレ詐欺未遂事件が発生し、山陽小野田署では注意を呼び掛けている。

 続きを読む…

2011年9月21日

市が「防災、エコ改修助成金制度」創設へ

 宇部市は、昨年度実施して好評だった住宅リフォーム助成制度に代わり「住まいの防災、エコ改修助成金制度」を創設し、住環境の防災対策や環境負荷の軽減を図る。開会中の9月定例市議会に一般会計補正予算案を上程しており、可決されれば、募集を開始する。国が住宅エコポイント制度の復活を、第3次補正予算の要求項目に盛り込んでおり、相乗効果による住環境の省エネ化が進みそうだ。

 続きを読む…

宇部の地価 住宅地4.7%、商業地7.5%減

 県は20日、土地取引価格の指標に役立てられる2011年の地価調査結果を公表した。7月1日付で県内19市町全域の408地点について実施。上昇地点は無く、全体の変動率は住宅地が前年比5・0%減、商業地が同6・2%減。住宅地は13年連続、商業地は18年連続の下落となった。市町別の変動率で宇部は、住宅地が4・7%減、商業地が7・5%減、山陽小野田は住宅地が5・6%減、商業地が6・3%減。宇部の商業地はワースト4位で、防府、長門、阿武に続いて下落が目立った。

 続きを読む…

山陽小野田市、モ市派遣中学生が帰国報告

発表する厚陽中2年の土井山ミサトさん(市役所で) 山陽小野田市中学生海外派遣事業の帰国報告会は20日、市役所で開かれた。8月17日から11日間、オーストラリア・モートンベイ市を訪問した中学生6人と引率の長谷川敬子さん(須恵小教諭)が、モートンベイでの体験を発表した。

 続きを読む…

2011年9月20日

24日からビエンナーレ、常盤公園の彫刻大掃除

脚立を使用して彫刻の清掃をする人たち(野外彫刻展示場で) うべ彫刻ファン倶楽部(作村良一会長)主催の第8回彫刻清掃は19日、市民180人が参加して常盤公園の野外彫刻展示場周辺で行われた。24日から第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)、来月1日からは山口国体が開幕し、市外からの来場者に宇部の財産である彫刻に親しんでもらうため、歴代の受賞作品などの汚れを丁寧にふき取った。

 続きを読む…

宇部興産グループチャリティーコンサート、日本フィルで名曲を堪能

アンコールで演奏する団員たち(記念会館で) 日本フィルハーモニー交響楽団を招いての第4回宇部興産グループチャリティーコンサートは19日、記念会館であり、満員の聴衆が来場。世界的にも著名なマエストロ、小林研一郎さん(日本フィル桂冠指揮者)の指揮の下、団員たちが奏でるベートーベンとチャイコフスキーの名曲に聴き入った。公演前には、同楽団の協力を得て、ゲネプロ(総リハーサル)が公開され、小・中学生とその保護者500人が無料招待された。宇部興産(竹下道夫社長)主催、渡辺翁記念文化協会、宇部好楽協会共催。

 続きを読む…

小野田地区社協、10会場で敬老会

米寿の記念品を受け取る渡辺さんと本康さん(左から、市文化会館で=写真上) 「敬老の日」の19日、山陽小野田市内の10会場で地区社会福祉協議会主催の敬老会があり、アトラクションや会食を通して互いの長寿を祝った。出席者は、経験を生かして元気な明るい古里づくりに貢献することを誓い合った。

 続きを読む…

2011年9月17日

市が試験運用 常盤公園、彫刻"ナビ"

スマートフォンを使った楽しいナビ(常盤公園で) 宇部市は、スマートフォン(多機能型携帯電話)やタブレット型端末を活用し、第24回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の作品や常盤公園の施設に関する情報を提供する「うべ観光ナビゲーター」のサービスを試験的に行う。ビエンナーレの会期中(24日~11月13日)、専用のアプリケーションソフトが入った携帯端末を無料で貸し出し、彫刻巡りや意見、感想の書き込みなど、双方向のナビゲーションを楽しんでもらう。

 続きを読む…

11月13日「くすのき元気フェスタ」

 くすのき芸文フェスタに代わる楠地区の新しいイベント「第1回くすのき元気フェスタ」が、11月13日に宇部市楠総合センター周辺で開催されることが決まった。各界の著名人を迎えた文化講演会やライブをメーンにしていた旧芸文フェスタとは一線を画し、市民参加型の「K1(くすのき1番)グランプリ」がスタートする。

 続きを読む…

中国地区測量競技大会、山陽小野田市職員チームが優勝

中国大会で初優勝した山陽小野田市測量チーム(広島県庄原市で、提供写真)  第45回中国地区測量競技大会は14、15日に広島県庄原市で開かれ、県代表として出場した山陽小野田市測量チームが初優勝を果たした。国土交通省中国地方整備局主催。

 続きを読む…

2011年9月16日

彫刻3市、連携深める 10月27日 湖水ホールで「サミット」

 宇部市と北海道旭川市、長野市による「彫刻サミット」は、10月27日午前9時半から午後0時半まで宇部市のときわ湖水ホールで開かれる。野外彫刻展50周年記念・第24回「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」の開催に当たり、彫刻によるまちづくりに意欲的に取り組む3市の市長が意見交換し、今後の連携や事業展開について共同宣言を行う。

 続きを読む…

13歳の金子君率いる「ひろとバンド」がライブ

金子君を囲むバンドのメンバー(ひろ君の家で) 脳性まひのため重度肢体不自由となった13歳の少年、金子大登(ひろと)君=宇部総合支援学校中学部2年=が率いるバンド「1610(ひろと)バンド」の初ライブが、19日午後1時半から旧宇部銀行館(ヒストリア宇部)で行われる。バンドのボーカル・ギター・ドラムのほか、司会の大役も果たす金子君は「胸に抱いているメッセージを届けたい。僕が頑張っている姿を見て、同じ境遇の人を元気づけられたら、うれしい」とやる気満々だ。

 続きを読む…

サビエル高、小野田駅周辺と通学路清掃

側溝のグレーチングまで外して掃除するサビエル高生(小野田駅駐輪場で) サビエル高(栗田陽二郎校長、197人)の全校生徒と教職員は15日、JR小野田駅から学校までの通学路や市役所周辺で空き缶やごみを拾うクリーンアップ作戦を繰り広げた。残暑厳しい中、生徒は額から汗を流しながら黙々とごみを拾い集めた。

 続きを読む…

2011年9月15日

文化によるまちづくり 4プロジェクトを提案

提案プロジェクトを発表するグループの代表者(男女共同参画センターで) 宇部市の第3回文化によるまちづくり市民ワークショップは14日、市男女共同参画センターで開かれた。20~80歳代の男女13人が「彫刻によるまちづくり」と「文化財、歴史遺産を生かしたまちづくり」をテーマに意見を交換し、ジュニアオーケストラの育成や彫刻設置のグランドデザインなど、四つの提案プロジェクトをまとめた。

 続きを読む…

山口国体 水球少年男子は6位

必死にシュートをブロックする山口の選手たち(15日午前10時20分ごろ、山口きらら博記念公園水泳プールで) 山口国体会期前開催競技は15日、水泳の水球、体操の新体操、クレー射撃の3競技が行われた。山口きらら博記念公園水泳プールでの水球は準決勝リーグAブロックで3位(1勝2敗)だった山口がBブロック3位の三重と5・6位決定戦を行い、7─9で敗れた。

 続きを読む…

厚陽小がスポーツ選手活用ラグビー教室

パスを回すゲームをする児童(厚陽中で) 山陽小野田市教育委員会主催のスポーツ選手活用ラグビー教室は14日、厚陽小と厚陽中で開かれた。厚陽小の4~6年生45人が、ラグビー・トップリーグで活躍した石川安彦さん(35)から、講話やタグラグビーを通じて、夢を持つことの大切さとスポーツの楽しさを学んだ。

 続きを読む…

2011年9月14日

8カ月で96回運行、ドクターヘリ順調な滑り出し

 今年1月に運航開始したドクターヘリが、8月までに96回出動したことが、県のまとめで分かった。救急現場に急行し、救急医療に当たる「現場出動」が増加傾向にあり、県は「順調な滑り出しと言える。出動を要請する各消防本部が的確な要請判断を行い、消防と医療機関が連携を深められるよう働き掛けたい」と話す。

 続きを読む…

10月16日、高専ロボコン中国大会

最終調整に余念がない学生たち(宇部高専で) 「アイデア対決・全国高専ロボットコンテスト2011」(高専連合会など主催)の中国地区大会が、10月16日午後0時半から宇部市の俵田体育館で開かれる。中国地区の8高専16チームが出場し、熱戦を繰り広げる。宇部高専の引き受けで宇部での開催は8年ぶり。

 続きを読む…

山陽地区公共施設再編へ庁内プロジェクト発足

Is値は低かったもののコンクリートの強度が高く、使用できている山陽総合事務所 山陽地区の老朽化した公共施設を効率的に再編しようと、山陽地区公共施設再編庁内プロジェクトチーム(委員長・山縣始副市長、10人)がこのほど発足した。コンサルタントを交え、来年3月末までに再編の基本構想をまとめる。

 続きを読む…

2011年9月13日

宇部市健康づくり計画 10月を〝動こう月間〟に

 宇部市健康づくり計画アクティブライフ宇部Ⅱの推進団体の一つ「動くグループ」が、10月を〝動こう月間〟と提唱。登録した市民の運動・活動結果をランキング方式で発表するイベント「動いて目指せナンバー1」に初めて取り組む。ウオーキング、自転車、体操など全5部門を設け、1週間ごとに順位を公開。各部門とも、最終結果の上位3人を表彰する。

 続きを読む…

厚南小6年生が福島県の子供たちに激励の色紙

KOUNANNSHOU.jpg 厚南小(伊藤瑞生校長、587人)の6年生は、東日本大震災の被災地である福島県の子供たちに宛てた色紙を完成させた。「出口のないトンネルはありません」「一日も早い復興を望んでいます」など、100人の児童がそれぞれに考えた激励のメッセージを書き込んでおり、近日中に発送する。

 続きを読む…

山陽小野田市教委、「学校給食のあり方」検討会議立ち上げ

 山陽小野田市教育委員会は、市の学校給食を取り巻く環境を改善し、より望ましい学校給食を提供することを目的に、「学校給食のあり方」検討会議を立ち上げる。第1回検討会議を22日午後7時から、市保健センターで開く。

 続きを読む…

2011年9月12日

国体デモ「トライアスロン」、子供たち力泳 力走

スイムが終わり、陸に上がってくるAクラスの出場者たち(山口きらら博記念公園で) 山口国体の関連行事の一つ、トライアスロンは11日、山口市阿知須の山口きらら博記念公園で開かれ、小学生から高校生までの75人が、鉄人レースの異名をとる過酷な競技に挑戦した。

 続きを読む…

市内トップ切り岬校区敬老会

参加した高齢者を前にあいさつする西川会長(岬ふれあいセンターで) 宇部市内校区・地区のトップを切って、岬校区の敬老会が11日、岬ふれあいセンターであり、75歳以上の高齢者136人が出席し、地域住民からお祝いを受けた。

 続きを読む…

有帆川で清掃とコイの放流

コイを放流する子供たち(千歳橋付近で) 有帆ふるさとづくり協議会(坂野啓治会長)による有帆川の清掃とコイの放流は11日、同地域一帯で行われ、住民550人が参加し、美しい住み良い地域づくりに奉仕の汗を流した。

 続きを読む…

2011年9月10日

フラガール華やかに、山口宇部空港 感謝のダンスで魅了

感謝を込めて踊るフラガール(10日午前10時すぎ、山口宇部空港イベント広場で) 東日本大震災で大きな被害を受けた福島県いわき市の復興の象徴として、全国を巡回しているスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム「フラガール」が10日、山口宇部空港のイベント広場で公演した。震災復興の願い、被災地への激励や支援に対する感謝を込めた華やかなパフォーマンスに訪れた人たちが盛んな拍手を送った。

 続きを読む…

あすまで、きらら物産・交流フェア 東北応援 国体も応援

にぎわいを見せる東北応援コーナー(10日午前10時すぎ、多目的ドームで) 県内の農水産物や加工品を一堂に集めた「きらら物産・交流フェア2011」は10日、山口市阿知須の山口きらら博記念公園で始まり、初日は二井関成県知事が出席してのオープニングイベントなどがあった。

 続きを読む…

山口国体デモサッカー

シュートを放つ選手(10日午前10時ごろ、県立おのだサッカー交流公園で) 山口国体・山口大会のデモンストレーションとしてのスポーツ行事の一つ、少年少女スポーツ「少年サッカー」は10日、県立おのだサッカー交流公園で開かれた。県内の16チームが出場。選手は日ごろの練習の成果を披露し、プレーを通じて互いに交流を深めた。

 続きを読む…

2011年9月 9日

山口国体 精いっぱい誓い、競泳や体操

400㍍自由形に挑む成年女子の選手(9日午前9時ごろ、山口きらら博記念公園水泳プールで) 山口国体会期前開催競技で、水泳の競泳と飛び込み、体操が9日から始まった。山口きらら博記念公園水泳プールでは水泳の開会行事に続いて競泳があり、53種目中18種目で予選と決勝が行われた。競泳と広島市での飛び込みは11日まで、体操は県スポーツ文化センターで15日まで行われる。

 続きを読む…

「長州侍」を全国ブランドに

二木顧問の発声で乾杯する参加者(宇部全日空ホテルで) 宇部ブランド芋焼酎「長州侍」を楽しむ会(光井一彦会長)は8日、宇部全日空ホテルであり、各界の関係者約150人が愛飲の輪を広げた。

 続きを読む…

10月1日から功山寺で林さん「功山寺展」

最後の追い込みにかかる林さん(浜のアトリエで) 山陽小野田市浜の書道家、林泰石さん(64)の個展「功山寺展」は、10月1~3日、下関市長府川端1丁目の功山寺本堂で開かれる。開場時間は午前9時~午後5時(最終日は午後4時半まで)。

 続きを読む…

2011年9月 8日

岡村さん開発の「復興支援ハウス」国際見本市に出品へ

国際見本市で紹介される復興支援ハウスと岡村さん(大須恵で) アジア最大級のCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の国際見本市に、早期設置型組み立て式「復興支援ハウス」が特別出展されることになった。世界各地で大規模な自然災害が頻発している中、宇部市で誕生した技術が海外にどう評価されるのか、関係者の熱い視線を集めている。

 続きを読む…

協和発酵キリン、製剤工場建設に着手

くわ入れをする松田社長(協和発酵キリン宇部工場で) 協和発酵キリン(松田譲社長、本社東京)の新しい製剤工場の起工式は7日、藤曲にある宇部工場内の建設予定地であり、同社と建設業者の関係者約40人が、工事の安全を願った。完成は2012年12月、操業開始は14年12月ごろの予定。

 続きを読む…

竜王山にサンショウクイが飛来

サンショウクイを狙う愛好家(8日午前7時20分ごろ、竜王山で) 竜王山に、毎年9月上旬の1週間程度しか現れない渡り鳥・サンショウクイが、今週初めから飛来している。その姿をカメラに収めようとする愛好家たちで、頂上周辺は早朝からにぎわっている。

 続きを読む…

2011年9月 7日

山口国体、華やかに"開幕"トップ飾りシンクロ

演技を披露する笠木選手(左、7日午前10時50分ごろ、山口きらら博記念公園水泳プールで) 山口国体の会期前開催競技となる水泳のシンクロナイズドスイミングが7日、山口市阿知須の山口きらら博記念公園水泳プールで行われた。正式競技、公開競技、スポーツ行事を合わせた全57競技のトップを飾る競技で、選手たちは大観衆に見守られ、華麗な演技を披露した。

 続きを読む…

JR常盤駅に落書き

落書きされた待合室(常盤駅で) 6日午前8時ごろ、JR宇部線常盤駅の待合室内が落書きされているのを、列車の運転手が見つけ、連絡を受けた山口地域鉄道部が110番通報した。

 続きを読む…

JR美祢線26日から運行開始、年間10万人の乗客増目指す

通常は山口線を走っているSL「やまぐち」号の明治風客車 JR美祢線利用促進協議会(会長・村田弘司美祢市長)の第3回総会は6日、美祢市民会館で関係者約30人が出席して開かれ、26日から運行を再開する美祢線の新規利用者を2013年度までに1日300人、年間10万人増やす需要創出目標を確認した。そのために、再開に合わせて沿線公共施設の利用料減免や、ノーマイカーデーの実施などのマイレール運動を繰り広げる。

 続きを読む…

2011年9月 6日

山口宇部空港とJR新山口駅に国体総合案内書開設

総合案内所で来県者を待つボランティアたち(山口宇部空港で) 10月1日に開幕する山口国体の会期前開催競技として、7日に山口きらら博記念公園水泳プールである水泳のシンクロナイズドスイミングを皮切りに、15日まで3競技が行われる。5日には山口宇部空港とJR新山口駅に総合案内所が設置されるなど、いよいよ国体ムードが高まってきた。

 続きを読む…

青空広がり熱く パフォーマンス、宇部高体育大会

パフォーマンスを披露する3年生(6日午前10時半すぎ、宇部高で) 爽やかに晴れ渡った6日、宇部高(時光善朗校長、833人)で体育大会が開かれた。3年生はクラスごとにパフォーマンスを披露した。人気歌手をまねるなど、旬を取り入れた演技やダンスで、見学する保護者や他学年を楽しませた。

 続きを読む…

小野田駅前商店街振興組合が看板で国体カウントダウン

山口国体開幕をカウントダウンするPR看板(JR小野田駅前で) 山口国体開幕まであと25日となり、市内のあちこちで国体ムードが高まってきた。〝鉄道の玄関口〟JR小野田駅前にも「応援しよう!山口国体」のPR看板が設置されており、乗降客が「あと○○日」を確かめている。

 続きを読む…

2011年9月 5日

小野湖の歴史 後世へ、厚東川ダム築造60周年祝福

感謝状を受ける環境保全団体(アクトビレッジおの) 厚東川ダム築造60周年記念式典が4日、関係者約200人が参加してアクトビレッジおので開催された。感謝状の贈呈、講演、記念植樹、ダム施設の見学などを実施。60年の歩みを振り返り、水資源の小野湖が地域発展に不可欠な財産であることを再認識した。

 続きを読む…

花壇コン予備審査始まる

予備審査が行われる花壇(5日午前9時すぎ、上宇部小で) 今回で100回目の節目を迎える宇部市花壇コンクール(市、市緑化運動推進委員会主催)の予備審査が5日から始まった。市公園緑地課の職員4人が、9日までに地域や職場、学校など176カ所を回り、本審査に進む花壇を選ぶ。

 続きを読む…

山陽小野田市、国体盛り上げイベントに1600人

全国に「おいでませ!」と呼び掛けようと風船を大空に放つ参加者(市民館前広場で) 山口国体・山口大会盛り上げイベントin山陽小野田は3日、市民館で開かれ、市民ら約1600人がスポーツや音楽を楽しみ、開幕まで1カ月を切った山口国体の機運を高めた。「盛り上げイベントin山陽小野田」と書かれた紙が添えられた風船1000個が大空に放たれた。山口国体盛り上げ隊in山陽小野田(長谷川真幸隊長)主催。

 続きを読む…

2011年9月 3日

藤山小、芝生化に成功

芝生の優しい肌触りに喜ぶ子供たち(藤山小で) 芝生化に取り組んでいる藤山小(松村與志弘校長、730人)の運動場が、夏休みを経て全面緑に覆われた。2日は、運動会に向けて全校児童が校内の清掃に取り組み、芝生に隠れた小石などを拾って歩いた。

 続きを読む…

宇部工高、熱中症対策にミスト装置

ミストを体に浴び、気持ち良さそうにする生徒たち(宇部工高で) 宇部工高(山口和也校長、514人)は、山口国体のために開催が1カ月早まった体育祭の熱中対策として、生徒の待機場所のそばに噴霧(ミスト)装置を取り付ける。8月30日から行っている体育祭の練習で既に効果を発揮。熱中症を訴える生徒も先生も出ていない。

 続きを読む…

山陽小野田市10年度予算、健全基準をクリア

 山陽小野田市の2010年度決算に基づく実質公債費比率は、前年度より0・9ポイント下がって16・5%まで改善した。財政規模に占める借金返済の割合を示す指標で、18%を超えると、地方債発行に県の許可が必要な「許可団体」と判定されるが、2年連続で下回った。これを含めた財政健全化に関する5指標はいずれも早期健全化基準を下回った。

 続きを読む…

2011年9月 2日

10月から市にパスポート窓口

 宇部市は10月から、本庁舎1階の市民課に旅券(パスポート)の窓口を開設し、申請・交付の取り扱いを始める。毎月2回の県旅券センターの出張窓口は今月末で廃止し、予約なしで開庁日にはいつでも手続きができるようになる。交付までの期間が短くなるなど、利便性が向上する。

 続きを読む…

台風12号 山口県最接近はあす早朝

 大型で強い台風12号は2日、四国の南海上を北北西に進んだ。山口県への最接近は3日午前6時ごろで、予想進路の最も西寄りの場合は広島県との県境付近に上陸する。下関地方気象台は3日朝にかけて暴風に警戒を呼び掛けている。

 続きを読む…

出合小で大地震想定し市総合防災訓練

消防団員の指示に従い土のうを積み上げる訓練をする住民(2日午前9時55分ごろ、出合小グラウンドで) 東南海・南海地震を想定した山陽小野田市総合防災訓練は、2日午前9時半から出合小で行われた。市役所、自衛隊、警察、消防、出合校区の自主防災組織など400人が参加。避難誘導、救助演習、二次災害防止のための土のうの作製、設置訓練を行い、万一に備え、関係組織の連携を確認した。市防災会(会長・白井博文市長)主催。

 続きを読む…

2011年9月 1日

両手に夏の成果、2学期スタート

由井校長の出迎えを受け、元気よく登校する子供たち(1日午前7時45分ごろ、西岐波小正門で) 宇部市内の公立小・中学校で1日、始業式が行われ、2学期がスタートした。42日間の夏休みを終えた子供たちは、工作や宿題などを両脇に抱え、元気な姿で登校。久しぶりに、教室ににぎやかな声が戻った。

 続きを読む…

久保田市長ら100歳の長寿者訪問

久保田市長から記念品を受け取る東さん(1日午前10時半、藤山の東さん方で) 敬老月間(9月)に合わせ、久保田后子宇部市長が1日、今年度中に100歳を迎える長寿者44人のうち、藤山校区の東キミヱさん方を訪ね、祝い状と記念品を贈った。

 続きを読む…

山口労災病院、片岡さん県内3人の技術認定医

内視鏡手術の様子。左端の執刀医が片岡さん(片岡さん提供) 山口労災病院(坂部武史院長)の整形外科医、片岡秀雄さん(47)は、日本整形外科学会認定の脊椎内視鏡下手術・技術認定医。2011年4月現在、認定医は全国に94人、県内には3人しかいない。この手術法は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症の治療法で、2000年代に入ってから使われ、同病院では09年7月から始めた。県内で脊椎内視鏡手術を実施でき、認定医が常勤しているのは同病院を含め3病院で、片岡医師は今年7月までに86例の内視鏡手術を行っている。

 続きを読む…